保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » 小規模保育園のメリットとは?どんな保育士が向いている?

小規模保育園のメリットとは?どんな保育士が向いている?

公開日: |最終更新日時:

小規模保育園と聞くと、アットホームな雰囲気で保育が行われているイメージがあり、「転職する機会があったら働いてみたいな」と思う人も多いのではないでしょうか。今回は、小規模保育園の種類やメリット、小規模保育園勤務に向いている保育士さんを紹介します。

小規模保育園のイメージ

小規模保育園とは?

小規模保育園とは、0歳~3歳未満の子どもを対象に定員6名以上19名以下の少人数で保育を行う施設を指します。形態としては、「地域型保育事業」のうちの1つです。

地域型保育事業はほかにも3つの形態があり、計4つのタイプが存在します。
【地域型保育事業4タイプ】
  • 小規模保育事業
  • 家庭的保育事業(保育ママ)
  • 事業内保育事業
  • 居宅訪問型保育事業

さらに小規模保育事業には、A型・B型・C型の3種類があります。

  • A型…定員6~19名以下・保育所分園やミニ保育園に近い形態の保育
  • B型…定員6~19名以下・A型とC型の中間の形態の保育
  • C型…定員6~10名以下・より家庭的な保育
3つの形態それぞれで、配置基準や保育士資格の有無などの認可基準が異なります。小規模保育園は、待機児童問題や多様化するニーズに応えるために設けられました。そのため、職員の配置人数+1名を追加配置することになっているのが特徴。手厚い保育が行えるのが魅力です。

小規模保育園のメリット

小規模保育には、次のようなメリットが挙げられます。

     
  • 子ども一人ひとりに向き合える
  • 行事の負担が少ない
  • 専門性を高められる

子ども一人ひとりに向き合える

子どもの人数が少ないので、一人ひとりに目が行き届き、じっくりかかわることができます。大規模保育園の場合、子どもの人数が多くどうしても目立つ子どもや月齢の低い子どもに手を取られてしまいます。その結果、埋もれてしまう子どもが出やすくなってしまうケースも少なくありません。 全員を気にかけてはいるものの、やはり保育士も人間なので、目が届く範囲に限界があるのです。一方、小規模保育園は子どもの人数に対して必要な職員数にプラス1人追加して保育にあたることになっているので、手厚い保育が行えます。子ども一人ひとりにしっかり向き合いながら成長をサポートできる点は大きなメリットといえますね。

行事の負担が少ない

行事の負担が少ないこともメリットです。大規模な行事があると保育士の負担は大きくなりますよね。小規模の場合、行事がない・または、あっても準備が少なくて済みます。準備が少ないということは、残業が少なくて済むことにもつながり、保育士の負担は軽減します。

専門性を高められる

小規模保育園で預かる子どもは、0~3歳未満の子どもたちです。そのため乳児期の子どもの発達について専門性を高めることができます。たとえば、以下のようなスキルが身につくでしょう。

  • 食事の援助の仕方
  • 言葉でうまくやりとりができない子どもへの接し方
  • 乳児期の生活リズムの重要さを知る
乳児期は「人格形成の基盤」といわれるほど重要な時期です。乳児とかかわることで自分の保育士スキルアップにもなりますね。

小規模保育園の保育士に向いている人とは?

以下のような人は、小規模保育園に向いているでしょう。

  • 子どもとじっくり向き合いたい人
  • 保育以外の仕事も積極的に取り組める人

子どもとじっくり向き合いたい人

子どもとじっくり向き合いたい・子どもと深くかかわりながら成長をサポートしたい人は、小規模保育園に向いています。たとえば、1日の中で「着脱」をするシーンは多いですよね。ズボンを脱ぐ、おむつを履く、シャツを着る、帽子をかぶる…。大人にとっては無意識にできることでも、小さい子どもにとっては練習が必要です。こうした生活面の練習において、じっくりかかわるかどうかで、子どものやる気や成功体験は変わってきます。自分でしたい子もいれば、やる気が見られない子もいたりと、子どもの性格によっても声かけが変わってきますよね。「時間がないから!」と保育士がササっとしてしまうのではなく、「じっくり待って子どもが自分でできるようにかかわる」保育を望む人には、子どもとゆったりかかわれる環境が整っている小規模保育園が向いています。

保育以外の仕事も積極的に取り組める人

保育以外の仕事も積極的に取り組める人も小規模保育園に向いています。なぜなら子どもの人数と同様に保育士も少人数だからです。 「子どもの人数に対して必要な保育士数+1人」といっても、20人・30人いるわけではありませんよね。事務仕事や製作、環境整備なども、少ない人数でしなければなりません。「めんどくさいからしたくない」「〇〇さんがしてくれるから大丈夫」と他力本願でいるのではなく、積極的に取り組める人が向いており重宝されるでしょう。

まとめ

「小規模保育園ってよさそうだな」と感じる人も多くいますが、「楽そうだから」といった理由で転職を考えているなら、大変な思いをする可能性があります。 たしかに「行事などのイベントの規模が小さい」といった事由は挙げられますが、小さい子どもならではの大変さがあります。「赤ちゃん=かわいい」だけではありません。とくに以上児を経験してからの未満児とのかかわりは、言葉でやりとりができず苦労する場面も多いです。小規模保育園の特徴や子どもの年齢を考慮したうえで検討しましょう。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士が転職するまでの流れを解説
保育士のキャリアアップ研修とは?制度についてわかりやすく解説
保育士が虐待を発見!どこに相談すればいいの?
【年中クラス】保育士が4歳児を持つときのポイント!特徴や遊びの例
保育士へ転職するときの面接対策とは?
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク