乳幼児教育の基礎「保育の5領域」とは?

公開日: |最終更新日時:

子どもを保育することの目的の一つが、子どもの成長と発達を促し、社会で生きていくのに必要な能力を育むことです。「保育の5領域」とは、厚生労働省の「保育所保育指針」で定められた乳幼児教育の基礎となるもので、保育の現場で活躍する保育士にとって必須の知識とされています。それでは、具体的に保育の5領域とはどのようなものなのか、ご紹介しましょう。

乳幼児教育の基礎「保育の5領域」とは

保育の5領域とは、2018年に改訂された厚生労働省の「保育所保育指針」で定めた保育のねらいを、「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5つに分類したものです。乳幼児が「生きる力の基盤」を身に付けるのに欠かせない学びで、そのため保育の現場では、この5領域を基に保育指導を行っています。

「健康」~心身の健康に関する領域~

「健康」領域のねらい

  • 明るくのびのびと生活し、自分から体を動かすことを楽しむ
  • 自分の体を十分に動かし、様々な動きを使用とする
  • 健康・安全な生活に必要な習慣に気付き、自分でしてみようとする気持ちが育つ

「健康」領域の内容

  • 保育士等の愛情豊かな受容の下で、安定感を持って生活をする
  • 食事や午睡、遊びと休息など、保育所における生活リズムが形成される
  • 走る・跳ぶ・登る・押す・引っ張るなど、全身を使う遊びを楽しむ
  • 様々な食品や調理形態に慣れ、ゆったりとした雰囲気の中で食事や間食を楽しむ
  • 身の回りを清潔に保つ心地よさを感じ、その習慣が少しずつ身につく
  • 保育士等の助けを借りながら、衣類の着脱を自分でしようとする
  • 便器での排泄に慣れ、自分で排泄ができるようになる

「人間関係」~人との関りに関する領域~

「人間関係」領域のねらい

  • 保育所での生活を楽しみ、身近な人と関わる心地よさを感じる
  • 周囲の子ども等への興味や関心が高まり、関りを持とうとする
  • 保育所の生活の仕方に慣れ、決まりの大切さに気付く

「人間関係」領域の内容

  • 保育士等の周囲の子ども等との安定した関係の中で、共に過ごす心地よさを感じる
  • 保育士等の需要的・応答的な関りの中で、欲求を適切に満たし、安定感を持って過ごす
  • 身の回りの様々な人がいることに気付き、徐々に他の子どもと関りを持って遊ぶ
  • 保育士等の仲立ちにより、他の子どもとの関わり方を少しずつ身に付ける
  • 保育所の生活の仕方に慣れ、決まりがあることや、その大切さに気付く
  • 生活や遊びの中で、年長児や保育士等の真似をしたり、ごっこ遊びを楽しんだりする

「環境」~身近な環境との関りに関する領域~

「環境」領域のねらい

  • 身近な環境に親しみ、触れ合う中で、様々なものに興味や関心を持つ
  • 様々なものに関わる中で、発見を楽しんだり、考えたりしようとする
  • 見る・聞く・触るなどの経験を通して、感覚の動きを豊かにする

「環境」領域の内容

  • 安全で活動しやすい環境での探索活動を通して、見る・聞く・触れる・嗅ぐ・味わうなどの感覚の動きを豊かにする
  • 玩具・絵本・遊具などに興味を持ち、それらを使った遊びを楽しむ
  • 身の回りのものに触れる中で、形・色・大きさ・量などの物の性質や仕組みに気付く
  • 自分の物と人の物の区別や、場所的感覚など、環境を整える感覚が育つ
  • 身近な生き物に気付き、親しみを持つ
  • 近隣の生活や季節の行事などに興味や関心を持つ

「言葉」~言葉の獲得に関する領域~

「言葉」領域のねらい

  • 言葉遊びや言葉で表現する楽しさを感じる
  • 人の言葉や話などを聞き、自分でも思ったことを伝えようとする
  • 絵本や物語等に親しむとともに、言葉のやり取りを通じて身近な人と気持ちを通わせる

「言葉」領域の内容

  • 保育士等の応答的な関りや話しかけにより、自ら言葉を使おうとする
  • 生活に必要な簡単な言葉に気付き、聞き分ける
  • 親しみを持って日常の挨拶に応じる
  • 絵本や紙芝居を楽しみ、簡単な言葉を繰り返したり、模倣をしたりして遊ぶ
  • 保育士等とごっこ遊びをする中で、言葉のやり取りを楽しむ
  • 保育士等を仲立ちとして、生活や遊びの中で友達との言葉のやり取りを楽しむ
  • 保育士等の友達の言葉や話に興味や関心を持って、聞いたり、話したりする

「表現」~感性と表現に関する領域~

「表現」領域のねらい

  • 身体の諸感覚の経験を豊かにし、様々な感覚を味わう
  • 感じたことや考えたことなどを自分なりに表現しようとする
  • 生活や遊びの様々な体験を通して、イメージや感性が豊かになる

「表現」領域の内容

  • 水・砂・土・紙・粘土など様々な素材に触れて楽しむ
  • 音楽・リズムやそれに合わせた体の動きを楽しむ
  • 生活の中で様々な音・形・色・手触り・動き・味・香りなどに気付いたり、感じたりして楽しむ
  • 歌を歌ったり、簡単な手遊びや全身を使う遊びを楽しんだりする
  • 保育士等からの話や、生活や遊びの中での出来事を通して、イメージを豊かにする
  • 生活や遊びの中で、興味のあることや経験したことなどを自分なりに表現する

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
ちびっこ怪獣発動!イヤイヤ期の子供との向き合い方
保育士が知っておきたい
乳幼児の噛みつきの原因や対処法とは?
「企業主導型保育園」と「企業内保育園」はどう違う?
子育て支援センターとは?特徴と保育士の役割
パラバルーンとは?遊び方を解説
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク