保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 保育士の転職エージェント(紹介会社)徹底比較! » 保育士が認可保育園で働くメリットとは?
人気の理由を徹底解説

保育士が認可保育園で働くメリットとは?
人気の理由を徹底解説

公開日: |最終更新日時:

ここでは、認可保育園が人気の理由を紹介します。また、併せて、保育士が認可保育園で働くメリットを解説していきます。認可・認可外どちらの保育園に転職するか迷っている保育士さんは、ぜひ下記を参考に検討してみてくださいね。

認可保育園

認可保育園とは?

認可保育園とは、国から認可された児童福祉法の基準をクリアしている保育園のことです。私立と公立保育園の2種類があり、私立保育園を運営している法人としては社会福祉法人・株式会社などが挙げられます。認可にあたっては、保育士の配置人数・施設の広さ・設備といった厳しい条件が設けられています。認可されると自治体からの補助金・助成金が支給されるため、経営を安定化しやすいのが特長です。

認可外保育園との違い

認可外保育園は、国から認定を受けていない保育園となります。設立には一定の基準を満たす必要があるものの、認可保育園よりは設置しやすくなっています。自治体にもよりますが、認定を受けていない保育園では補助金・助成金の多くが対象外です。保育料で運営費を賄わないといけないため、無償化が対象になるまでの間は、認定保育園に比べて保育料が高い傾向にあります。

認可・認可外は保育の無償化になる上限額が異なる

認可保育園も認可外保育園も、無償化の対象は3~5歳の子どもで、0~2歳の間は住民非課税世帯のみ対象となります。ただし、無償になる金額は、認可保育園・認可外保育園で異なるので注意が必要です。認可保育園に関しては、通園費と給食費以外の利用料が無償化の対象です。対して、認可外保育園は、月額3.7万円までの利用料が無償化の対象となるため、差額は利用者が負担する必要があります。

待機児童数の多いエリアでは、認可保育園に入る競争率が高いので、認可外保育園の需要が高い状況です。しかし、待機児童数が少ないエリアでは認可保育園に園児が流れるため、認可外保育園の数は少ない状況となっています。転職するエリアによって認可外保育施設数は異なるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

参照元:厚生労働省(https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/musyouka/about/index.html)

認可保育園で働くメリット5選

1. 保育環境が整っている

認可保育園は、国が定めた厳しい条件をクリアしないと運営できません。基準を満たすために、保育士の数・施設の広さが十分に保たれています。十分な保育環境が整っていると、できる保育の幅が広がるので、自分の思い描いた通りの保育を実践しやすいといえます。

2. 経営状態が安定している

認可外保育園は、運営費の大半を保育料から捻出しているので、園児の実員数に経営状態が左右されます。対して、認可保育園は運営費の大部分を補助金や助成金で賄っているため、認可外保育園と比べると経営状態が安定しているのが特長です。経営状態が安定していると、急な廃園に追い込まれにくいでしょう。特に、認可保育園の中でも公立保育園に関しては、廃園する際は3カ月前に申請が必要なため、急に整理解雇される心配はありません。

3. 公立保育園の場合は廃園しても異動あり

認可保育園の中でも公立保育園は、民営化する動きが広まっているため、民営化に伴い異動が行われる可能性があります。最悪の場合、廃園になる恐れがありますが、他の職種で公務員を続けるか、他の公立保育園に異動するか選択できるでしょう。私立保育園でも系列保育園がある場合は、系列園へと異動になる可能性が高いため、整理解雇されるリスクは低いといえます。

4. イベントや行事が沢山ある

認可保育園は助成金・補助金が出る分、認可外に比べると保育にかかる費用を安定的に捻出しやすいのが特長です。予算を確保しやすいため、子ども達が楽しめるイベントや行事を開催しやすくなっています。イベントの準備には時間や手間がかかりますが、その分子ども達が喜ぶ笑顔を見られるので、保育士としてのやりがいもひとしおでしょう。

5. 食育や安全管理が行われていて安心できる

認可保育園は、食育や安全管理に力を入れている園が多い傾向があります。食育に関しては畑で作物を育てたり、調理を行ったりと、園によって様々な取り組みが行われています。食育や安全対策がしっかりと行われている園で、保育に関する知識を様々な角度から身につけられるでしょう。

働きやすさや給与面で認可保育園を選ぶ保育士も多い!

認可保育園は、安定した給与が得られたり、充実した保育が実践できたりと、給与や保育環境が整っている園もたくさんあります。働く環境は園によってピンキリなので一概には言えませんが、一定の基準が設けられている分、ある程度の働きやすさは確保されているようです。もちろん、認可外保育園でも、給与や保育内容が充実している園はたくさんあります。転職先を選ぶ際は、給与や保育方針などをトータル的に判断して決めるのがおすすめです。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士の転職エージェント(紹介会社)徹底比較!
しんぷる保育
はじめての学童指導員
ミラクス保育
キッズジョブズ
保育ココ
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク