保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室

公開日:|最終更新日時:

解決したい!ケース別保育士さんの悩み

あこがれて保育士になったけれど、わからないことや人に相談しにくいこともありますよね。ここでは、保育士の仕事や転職に関する疑問・質問にお答えします。
何か悩みがある場合は一人で抱え込まず、まずは誰かに相談を。転職を考えることも解決法のひとつですよ。

【保育士あるある】人間関係の悩み

保育士さんの一番の悩みは「人間関係」です。先輩・上司に同僚、保護者、園長・理事長など、女性が圧倒的に多い職場ならではの悩みがつきもの。その対応策を考えました。でも、それでも解決できない時には転職という手を考えましょう。転職には、その悩み相談から転職までサポートしてくれる転職エージェントとうものがあります。

【保育士あるある】人間関係の悩み

【続ける?辞めたい?】保育士を続けるかどうか

せっかく保育士になったのに、ストレスがたまって耐えられない。自分は保育士に向いてないのかな、とか考えてしまいますよね。でも、あこがれてなった保育士だし…。どうしたらいいの?そんなふうに切羽詰まった時の、問題の整理の仕方と、解決策を考えてみました。

【続ける?辞めたい?】保育士を続けるかどうか

保育士必見!スムーズな退職手続き術

保育士転職を考えた時には、すぐに辞めてしまう前に、退職にはどんな手続きが必要なのかを知っておきたいものです。なんだかんだ言っても、お世話になった職場です。できれば周りにあまり迷惑をかけずに退職したいもの。そして、いざとなった時に、バタバタしなくて済むように。スムーズに退職するための手続きを参考にして下さい。

保育士必見!スムーズな退職手続き術

20代に有利な転職方法

キャリアが短くて、転職経験もない20代保育士さん。初めての転職に、不安がいっぱいなことでしょう。転職って、何をどうしたらいいの?そのやり方と、20代保育士さんに頼りになる保育士専門転職エージェントをご紹介します。

20代に有利な転職方法

保育士が転職するときの雇用形態の選び方

保育士として転職を考えるとき、次の雇用形態をどうしようか悩みますよね。正社員や契約社員、派遣社員やパート…。保育士業界は人手不足を解消するために、働き方の多様化が進んでいます!そのため、自分のライフスタイルに合わせて雇用形態を選ぶことができるんです。とはいえ、転職に慣れていない保育士は、どんな基準で雇用形態を選べばいいか分からないのではないでしょうか?そこで今回は、雇用形態別の働き方の特徴を解説します!

保育士が転職するときの雇用形態の選び方

保育士資格があれば転職先は多数!スキルアップに有利な資格もご紹介

「保育士資格を持っているけど…保育園の他にも転職先はあるのかな?」と、これからの働き方に悩んでいませんか?転職を考えたとき、保育士資格はとっても役に立ちます!そこで今回は、保育園以外で働いてみたいという人に「保育士の知識と経験を活かせる転職先」をご紹介します。また、保育士としてのスキルアップを叶えたい人向けに、現場で役立つ資格も合わせてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

保育士資格があれば転職先は多数!スキルアップに有利な資格もご紹介

保育士と子育ての両立は大変!?転職時に確認したい育児しやすい環境とは?

保育士不足が深刻になっている理由のひとつに、子育てとの両立の難しさが挙げられていることを知っていますか?女性は、結婚や出産といったライフスタイルの変化が激しいため「仕事と子育ての両立」に悩みを抱えやすいようです。今回は、保育士の仕事と子育ての両立の難しさや、両立するための環境選びについて解説します。

保育士と子育ての両立は大変!?転職時に確認したい育児しやすい環境とは?

保育士が転職するなら賞与の確認を!求人でチェックするべきポイントを解説

給料の水準が低い保育士にとって、賞与はとても重要です。仕事量や子どもの命を預かる責任の重さと報酬が見合っていないことから、転職を考える人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、保育士の平均的な賞与や、転職時にチェックするべきポイントについて解説します!

保育士が転職するなら賞与の確認を!求人でチェックするべきポイントを解説

保育士と幼稚園教諭の違いは?特徴を知って自分に合った転職先を選ぼう!

保育士と幼稚園教諭ってどう違うの?どちらも、就学前の子どもを預かるお仕事なので似ているように感じますが、その目的や必要な資格、仕事内容などは大きく異なります。そこで今回は、保育士と幼稚園教諭の違いについて解説します!

保育士と幼稚園教諭の違いは?特徴を知って自分に合った転職先を選ぼう!

保育士も年度途中で転職できる!退職しにくい背景と考えておきたいこと

「年度途中で転職したいけど、無理なのかな…」と悩んでいませんか?ハードな仕事量や多数のイベント、職場の人間関係や保護者対応など、保育士の仕事は子どもとの関わり以外にも多岐に渡り、決して楽ではありません。 心身のストレスから、今の保育園を辞めて転職したいと考える保育士も多いのではないでしょうか。 この記事では、保育士が年度途中で退職しにくい背景や、転職する際に考えておきたいことを紹介します。

保育士も年度途中で転職できる!退職しにくい背景と考えておきたいこと

保育士の転職に簿記資格は役に立つ?幅が広がる資格を紹介!

「保育士から転職したい。保育士+αで役立つ資格はないかな」「転職の際には簿記資格が役に立つと聞くから取得してみようかな」と考えていませんか? 転職を有利に進めるためや自分のスキルアップのために、資格取得を検討する人も多いのではないでしょうか。 転職しても子育て関連に携わる場合は、スキルアップできる資格を取得すると、活躍の場を広げられるでしょう。 一方、異業種の転職を考えている際は、保育士資格は有利にならないことも…。一般的に有利とされている代表的な資格の取得を検討してもいいかもしれませんね。 今回は、保育士を活かしたスキルアップ資格と、転職に有利とされる資格を紹介します。

保育士の転職に簿記資格は役に立つ?幅が広がる資格を紹介!

保育士が転職する際に必要な書類を紹介!保険の手続きも忘れずしよう

職場を退職・転職する際には、必ず必要になる書類があります。退職の際に職場に返却する書類から、転職先に提出しなければならない書類までさまざまです。今回は、退職時に保育園に返却する書類や受け取る書類、転職の際に必要な書類について紹介していきます。

保育士が転職する際に必要な書類を紹介!保険の手続きも忘れずしよう

保育士が転職するメリット!目標を整理して自分に合った保育を!

「園の保育方針が合わない」「職場の人間関係が良くない」「忙しすぎる」といった悩みを抱えている保育士は大勢います。「他の園へ転職したいな…」と考えることもあるのではないでしょうか。転職したいものの、転職先が自分に合うかわからず、一歩が踏み出せない人もいるかもしれませんね。今回は、保育士によくある転職理由と転職することで得られるメリットについて紹介します。

保育士が転職するメリット!目標を整理して自分に合った保育を!

保育士が転職するデメリットとは?転職する前に考えをよく整理しよう

「憧れて入った保育士業だけど、こんなはずじゃなかった」と転職を考える人もいるのではないでしょうか。保育士は大変なことも多く、退職・転職をする人が後を断ちません。また保育士資格はあるものの、復帰する予定のない潜在保育士が多いことからも、いかに保育士の環境が過酷なのかが見てとれますね。転職にはもちろんメリットも多くありますが、同時にデメリットも存在します。今回は、保育士が転職するデメリットに焦点を当てて紹介します。

保育士が転職するデメリットとは?転職する前に考えをよく整理しよう

保育士のスキルが活かせる業種

保育士が今の職場から転職を考える時、やはり一番の問題となるのが転職先についてだと思います。もちろん転職先として幼稚園や保育園への就職が一番に挙げられると思いますが、実はその他にも保育士の実績が活かせる業種が複数あることをご存知でしょうか?そこでここでは、これまでの保育士としての経験やスキルが活かせる業種について調べてみました。

保育士のスキルが活かせる業種

保育士の転職にベストなタイミングとは

今の職場から転職しようと考えた時、実際に行動を起こすにはベストなタイミングというものが存在するそうです。「転職にタイミング?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外とこのタイミングを外してしまうと、転職がなかなかスムーズにいかない、という傾向があるようなのです。では、保育士の転職にとってベストなタイミングとは、どのようなものになるのでしょうか?

保育士の転職にベストなタイミングとは

保育士転職サイトの「祝い金」ってどういうもの?

保育士の転職を手助けをする「保育士転職サイト」の中には、転職に成功した場合「お祝い金」を支払うとしているところがあります。「転職したらお金がもらえるなんてラッキー★」と思われるかもしれませんが、そこにあるのは本当にメリットだけでしょうか?そこで、保育士転職サイトのお祝い金について、どういったものかを調べてみました。

保育士転職サイトの「祝い金」ってどういうもの?

保育士の転職先選びに便利な「転職イベント」

より納得できる転職先を選ぶには、できるだけ色々見て比較検討していきたいものですよね。でもそれを個人でやろうとすると、時間も労力もかかりとても大変です。そんな労力を軽減し、複数の候補を比較して検討するのに便利なのが、「転職イベント・転職フェア」です。

保育士の転職先選びに便利な「転職イベント」

気になる転職先の「園見学」をしてみよう

今の職場から転職するのであれば、これまでよりもより良い環境で働きたい、と思うのは当然のことですよね。そんな職場に出会うのにおススメとなるのが、「園見学」です。「園見学」とは、文字通り気になった保育施設に応募前に赴き、直接その園の雰囲気などをチェックする方法です。気に入れば園見学の当日に面接の日程を組むこともできますが、「園見学」をしたら必ず応募しなければならない、ということではないのがポイントです。実際に訪問することで、HPや資料だけではわからないことも確認することができますので、転職先として気になった園があったら、ぜひトライしてみましょう。

気になる転職先の「園見学」をしてみよう

転職を繰り返すのは最後にしたい!と悩む保育士さん必見。良い職場の選び方とは?

「何度も転職を繰り返したので、良い転職先が見つかる不安」、と転職活動を始めるか悩んではいませんか。ここでは、転職回数が多い保育士さんに向けて、次の転職先が最後になるように、良い職場の選び方をアドバイスしていきます。

転職を繰り返すのは最後にしたい!と悩む保育士さん必見。良い職場の選び方とは?

保育士が転職するまでの流れを解説

保育士が転職するときは、どういう流れで進めていくと良いのか、転職の流れについて解説していきます。あらかじめ雰囲気を掴んでおくと、転職活動するときに慌てずに済みます。

保育士が転職するまでの流れを解説

保育士に転職したい!仕事を探す方法とは?

保育士の求人情報は、保育園のホームページ・転職エージェント・求人サイト・ハローワークに掲載されている可能性があります。それぞれどのような特徴があるのか、サービスを利用するメリットを紹介していきます。

保育士に転職したい!仕事を探す方法とは?

転職でスキルアップするには?保育士が収入を増やすために取り組みたいこと

保育士としてスキルアップを図りたい、収入を増やすためにどうしたら良いのか分からないという人のために、スキルアップをする方法をいくつか紹介していきます。転職してスキルを伸ばしたい人は、下記の資格を取ると待遇面で改善がみられるでしょう。保育に関する力をアップさせて、給与・労働環境が良い職場に転職しませんか。

転職でスキルアップするには?保育士が収入を増やすために取り組みたいこと

産後に職場に復帰せず転職するメリットとデメリットとは?

保育士として働き続けたいけれど、産後に職場復帰しづらいと悩む人は少なくありません。もし、元の職場に復帰せずに転職する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのか解説していきます。産休・育休を取得したいけれど、職場復帰しづらいと考えている人は必見です。

産後に職場に復帰せず転職するメリットとデメリットとは?

保育士を辞めて後悔している?保育士の転職事情とは

保育士を辞めるか悩んでいる人は、退職する前にもう一度保育士の仕事について考えてみましょう。ここでは、保育士を辞めて後悔した人の事例を紹介していきます。保育士の転職事情を知ったうえで、異業種・同業種に転職するか決めてみてくださいね。

保育士を辞めて後悔している?保育士の転職事情とは

高収入の転職先を見つけたい!保育士が注目すべきポイントとは?

保育士として身につけた技術を、給与に反映して欲しいと望む保育士は少なくありません。保育士のスキルを給与に反映する仕組みを導入している企業だと、より高い給与額が期待できます。ここでは、転職で高収入を目指したい保育士に向けて、給与額を増やすコツをアドバイスしていきます。

高収入の転職先を見つけたい!保育士が注目すべきポイントとは?

保育士へ転職する際に健康診断は必要なのか?

保育士に転職する際は、入社前に健康診断の結果を取得するよう指示されるか、あるいは入社直後に健康診断を受けるよう促されます。ここでは、なぜ転職の時に健康診断が必要なのかを解説していきます。健康診断が面倒だと思っている人も、下記を参考に必ず受けにいきましょう。

保育士へ転職する際に健康診断は必要なのか?

保育士が転職する時に活かせる能力ってなに?同業種・他業種それぞれで活かせるスキルとは

保育士をしていて、「職場が合わない」、「給与が低すぎる」と転職を考えている人は多いのではないでしょうか。ここでは、転職を考えている人向けに、保育士が転職時に活かせるスキルを紹介していきます。同業種・他業種で活かせる能力についてそれぞれ解説していくので、転職を考えている人は自分の強みを活かせる職場を探してみてくださいね。

保育士が転職する時に活かせる能力ってなに?同業種・他業種それぞれで活かせるスキルとは

保育士の転職先のひとつ、企業内保育という仕事について

企業内保育を知っていますか。企業内保育とは、事業所内にある保育施設、もしくは事業所で働く社員の子どもを預けるために近隣に設置された保育施設を指しています。ここでは、企業内保育所で働くメリット・デメリットを紹介していきます。

保育士の転職先のひとつ、企業内保育という仕事について

転職先が決まらないのはなぜ?保育士が転職に成功するコツとは

「保育士は人手不足の業界と言われているけれど、転職ができない」、と悩んでいる人は少なくありません。なぜ転職先が決まらないのか、ここでは採用が見送られるケースを紹介していきます。対策方法を併せてアドバイスしていくので、ぜひ転職活動に役立てくださいね。

転職先が決まらないのはなぜ?保育士が転職に成功するコツとは

保育士の給料・年収事情ってどうなの?もらえる給与額を深掘り解説

保育士の給与や年収は低いと言われているけれど本当なの?、と悩んではいませんか。ここでは、保育士を続けるかどうか悩んでいる人、保育士に転職するか思いとどまっている人に、保育士の給与・年収事情を案内していきます。

保育士の給料・年収事情ってどうなの?もらえる給与額を深掘り解説

保育士への転職!失敗?成功どうなった?転職した人の感想を紹介

いざ保育士へ転職しようと考えても、給与・労働時間・待遇が気になりますよね。ここでは、保育士へ転職しようと活動した人がその後どうなったのか、転職後の感想を詳しく紹介していきます。転職に成功したのか、失敗したのか、下記のケースを参考にして転職活動をしてみてくださいね。

保育士への転職!失敗?成功どうなった?転職した人の感想を紹介

転職回数が多いのは不利になる?保育士が転職するときの疑問を解消

「パートナーの転勤で何度も保育士の職を離れている」、「今まで良い条件の保育園にめぐりあえなかった」、と転職を繰り返す人は少なくありません。転職を繰り返すうちに、そろそろ転職が出来なくなるかもと不安になる人もいるでしょう。ここでは、何度も転職を繰り返すと転職活動に不利になってしまうのか、転職エージェント目線で真相を解説していきます。

転職回数が多いのは不利になる?保育士が転職するときの疑問を解消

保育士にとって良い職場の選び方を紹介!ストレスのない転職先を見つけよう!

保育士へ転職する時に、確認しておきたいポイントが2つあります。条件をチェックしておかないと、「こんなはずじゃなかった」、「やりがいを感じられない」と転職を後悔するかもしれません。ここでは、保育士に転職する時に重要なポイントを紹介するので、ぜひ押さえたうえで転職活動にのぞみましょう。

保育士にとって良い職場の選び方を紹介!ストレスのない転職先を見つけよう!

保育士は何歳児が大変?年齢別に大変と感じるポイントをご紹介します!

保育士の仕事内容は、何歳児を担当するかによって大きく異なります。「何歳児の担当が一番大変なのかな?」「自分には何歳児が向いているんだろう」と、考えたことはありませんか?そこで今回は、保育士が大変だと感じるポイントを年齢別にご紹介します。

保育士は何歳児が大変?年齢別に大変と感じるポイントをご紹介します!

【保育士】何歳児が向いている?クラスごとに必要なスキルをご紹介します!

【保育士】何歳児が向いている?クラスごとに必要なスキルをご紹介します! ひとことで保育士といっても、担当するクラスによってその業務は異なります。「自分は何歳児に向いているのかな」と、考えたことはありませんか?そこで今回は、クラスごとの特徴や、求められるスキルをご紹介します!

【保育士】何歳児が向いている?クラスごとに必要なスキルをご紹介します!

フリー保育士ってどんな仕事?クラスを持たないメリットとデメリットを解説します!

保育士のなかには、特定のクラスで担任をもたない「フリー保育士」という役割があります。担任保育士をサポートしたり、保育士の手が足りていないクラスに入ったりと、その役割は多岐に渡ります。そこで今回は、フリー保育士の仕事内容や、フリー保育士に配属されるメリット・デメリットを解説します。

フリー保育士ってどんな仕事?クラスを持たないメリットとデメリットを解説します!

保育士が保護者に嫌われる原因!信頼関係を築くための5つの方法

「なんだかあの保護者に避けられているような…」「もしかして私嫌われている?」と、感じたことはありませんか?本来、保育士と保護者は「子どもを一緒に育てる仲間」として、信頼関係を築いておかなければなりません。しかし「人と人」ですから、うまくいかないこともありますよね。そこで今回は、保育士が保護者に嫌われる原因と、信頼関係を築くためのポイントをご紹介します!

保育士が保護者に嫌われる原因!信頼関係を築くための5つの方法

保育士なのに子どもがかわいくない!子ども嫌いの保育士なんて失格?

「子どもが大好きで保育士になったのに、子どもをかわいいと思えない」そんな悩みを持つ保育士も少なくないのではないでしょうか?保育士も人間ですから、子どもにイライラしたり、感情的になったりすることもあります。しかし、子どもをかわいいと思えないからといって、保育士失格ではありません!今回は、子どもをかわいいと思えない保育士をテーマにして解説します。

保育士なのに子どもがかわいくない!子ども嫌いの保育士なんて失格?

モンスターペアレントに悩む保育士必見!驚きの事例と正しい対処法をご紹介します

保育園や学校に対し、身勝手で理不尽な要求を繰り返す「モンスターペアレント」。保育士のなかには、モンスターペアレントの対応を経験したことがある人も多いのではないでしょうか?この記事では、モンスターペアレントの事例や対処法をご紹介します。

モンスターペアレントに悩む保育士必見!驚きの事例と正しい対処法をご紹介します

保育士はやりがいの宝庫!大変なだけじゃない!最高の魅力をご紹介します

「低賃金なのに激務」といった印象を持たれやすい保育士。子ども達の命を預かる、責任のある仕事であることは間違いありません。さらに、保護者対応や事務仕事など「大変なポイント」を挙げたらキリがないですよね。しかし、そんな大変さを超えるほど、やりがいと魅力があります。やりがいを感じる瞬間がたまらなく嬉しく「保育士はやめられない」と感じる人も多いのではないでしょうか?そこで今回は保育士がどんなときに、やりがいや魅力を感じるのか詳しく解説します!

保育士はやりがいの宝庫!大変なだけじゃない!最高の魅力をご紹介します

保育士転職には新規開園予定の園がおすすめ?特徴と注意点

保育士の転職活動中「新規オープン」や「新規開園」といった求人を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。オープニングスタッフと聞くと、魅力的な気がして応募したくなりますよね。今回はオープニング園の特徴や注意点を紹介します。

保育士転職には新規開園予定の園がおすすめ?特徴と注意点

保育士から園長になるには?必要な条件と仕事内容

「キャリアアップして園長を目指したいな」「園長になって職員がもっと働きやすくなるようにしたい」「園長になるには、どうしたらいい?」 日々保育士として働きつつ、いつかは保育園の園長になりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。 今回は、保育士から園長になるために必要な条件や仕事内容について紹介します。

保育士から園長になるには?必要な条件と仕事内容

保育士の勤務時間は長い?休憩時間はある?実態を紹介

「今の職場から転職したい。短い勤務時間で働けるところはない?」と頭を抱える人が多い保育士業。勤務時間が長いうえにサービス残業も当たり前の暗黙のルールは、現場の保育士にとって大きなストレスですよね。 今回は、保育士の勤務時間や休憩時間、サービス残業について実態を紹介します。

保育士の勤務時間は長い?休憩時間はある?実態を紹介

保育士の休みは少ない?年間休日や有給休暇の実態

「もっと休みがほしいな」「有給休暇が取りにくいんだけど、どこの園もそうなのかな?」保育士の休日について不満を感じている人もいるのではないでしょうか。有給休暇についても、自分の好きな日に休めるわけではなく、取りにくいと感じている人も多いでしょう。 今回は保育士の年間休日や有給休暇について紹介します。

保育士の休みは少ない?年間休日や有給休暇の実態

保育士が転職する際の職務経歴書の書き方とポイント

転職先に提出する書類として、履歴書のほかに「職務経歴書」があることをご存じでしょうか?新卒の際には必要のない書類のため、転職先に提出を求められて始めて知る人もいるかもしれませんね。 「履歴書となにが違うの?」「書き方を知りたい」と思う人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、履歴書との違いや職務経歴書の書き方、ポイントを紹介します。

保育士が転職する際の職務経歴書の書き方とポイント

保育士が転職する際の履歴書の書き方!好印象のポイントも解説

「履歴書ってどういう風に書いたらいい?」「学歴はどこからどこまで書くべき?」「転職成功できるような履歴書の書き方が知りたい」 履歴書は、転職する際に欠かせない書類ですが、実際書き方がよくわからない人も多いのではないでしょうか。 今回は、履歴書の書き方や好印象のポイントを解説します。

保育士が転職する際の履歴書の書き方!好印象のポイントも解説

保育士転職成功のカギは志望動機!書く際のポイントや例文をご紹介

「志望動機ってどんなことを書けばいいんだろう」 「退職理由をもとに正直に書いてもいいのかな?」 「書き方の例を見たい」 履歴書の項目の中で「志望動機」の欄に悩む人も少なくありません。退職理由と志望動機はつながりがある場合が多いため、書きづらく頭を抱えてしまいますよね。しかし、志望動機で転職の合否がわかれると言っても過言ではありません。 今回は、志望動機を書く際のポイントと例文を紹介します。

保育士転職成功のカギは志望動機!書く際のポイントや例文をご紹介

保育士の結婚~現実として考えるべきポイント

「結婚」は人生において大きな節目となる出来事ですが、仕事を持つ女性にとってはキャリアといった面で、ことのほか大きな選択を迫られる「ターニングポイント」になります。もちろんそれは、保育士の方であっても例外ではありません。むしろ保育士は仕事量が多いお仕事なので、結婚後の事など不安に思っている方は多いのではないでしょうか。そこでここでは、保育士が結婚を考えた時、考えておくべきいくつかのポイントについてご紹介していこうと思います。

保育士の結婚~現実として考えるべきポイント

転職した保育士の経験談から学ぶ

転職について考え始めても、実際にはわからないことが多くて迷ってしまい、行動には移せないでいる方も多いのではないでしょうか。まして初めての転職であれば、転職に対する不安はとても大きいものでしょう。そこでここでは、そんな方の転職に対する参考にしていただけるよう、実際に転職を体験した先輩保育士さんの経験談を集めてみました。保育士の転職とはどのようなものか、経験者である先輩保育士さんの話しから学んでいきましょう。

転職した保育士の経験談から学ぶ

より良い条件の転職先を選択するポイント

今の職場から転職するなら、これまでの所よりも良い環境で働きたいですよね。そこで転職希望の方の多くが調べるのが、保育施設などの「求人情報」です。近年は待機児童の解消という政府の方針もあり、新設される保育施設の増加や、園児の受け入れ人数を増やすために保育士を増員する施設も増えたことから、保育士の求人数は増えているそうです。そんな多くの求人の中から、自分の希望に沿った転職先と出会うために抑えておきたいのが、求人情報の中にある「条件・待遇」をチェックすることです。これから働く職場の環境を示すポイントでもありますから、ここのチェックをおろそかにすると、転職を失敗してしまう可能性も…!そんな事態を避けて希望通りの転職をするためにも、求人情報を見る時にチェックしたいポイントをいくつか挙げてみました。

より良い条件の転職先を選択するポイント

転職時にチェックしたい!保育士の家賃補助

1ヶ月にかかる生活費の中でも大きなウェイトを占めるのが、家賃などの「居住費」ではないでしょうか。これは一般的な会社員の方だけでなく、保育士の方も同じことです。これから保育士として働くために、新たに一人暮らしを始める方など、お給料と居住費のやりくりで頭を痛めている人も少なくないと思います。そんな保育士さんたちの助けになるのが、手当として支給される「家賃補助」です。それでは、保育士が受け取れる「家賃補助」とはどのようなものか、ご紹介していきましょう。

転職時にチェックしたい!保育士の家賃補助

注目の転職先★海外で保育士の仕事をする

保育士の転職先として意外にも人気が高いのが、海外で保育士として働くという選択肢です。「これまでの環境を大きく変えて心機一転頑張りたい!」「もっと国際的に視野を広げた保育がしたい!」と思う人には、とても魅力的ではありますが、「海外勤務」には言葉の問題や生活面、治安面での不安など、心配なことや分からないことが多いのも事実です。しかし、語学力必須という求人は意外にも少ないこともあり、思い切って海外での転職を選ぶ方が増えているのだそうです。

注目の転職先★海外で保育士の仕事をする

保育士として働くときに、仕事の持ち帰りはどのくらいあるの?

保育士は残業が多い、と耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。ここでは、どのくらい残業があるのかを解説しています。保育士として就職・転職を考えているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

保育士として働くときに、仕事の持ち帰りはどのくらいあるの?

保育士として働いていて、子どもの顔と名前が覚えられない時の対策

せっかく仲良くなっても、いざ久しぶりに会うと名前が分からなくなるケースは少なくありません。子どもと保護者を合わせたら、数十人の顔と名前を覚えなくてはいけない保育園もあるでしょう。もしも、保育士として働いていて、顔と名前が一致しないと困っているなら、下記の方法を試してみてくださいね。

保育士として働いていて、子どもの顔と名前が覚えられない時の対策

保育士の服装はどうしたら良い?仕事に支障が出ない服装とは

保育士は子どもの面倒を見る仕事なので、「子どもに危険がない服装」を選ばなければなりません。ここでは、保育士におすすめの服装を紹介します。服装選びに迷ったら、下記を参考にして用意しましょう。

保育士の服装はどうしたら良い?仕事に支障が出ない服装とは

保育士の同僚 呼び方はどうすればいい?

保育園の方針によって、保育士同士の呼び方が異なります。保育士を先生と呼ぶことを禁止している園もあれば、先生と呼ぶことを推奨している園もあります。ここでは、保育士の同僚の呼び方を紹介していきます。

保育士の同僚 呼び方はどうすればいい?

産後復帰する保育士へのアドバイス

保育士に限らず、産後復帰するかどうか悩んでいる人は少なくありません。ここでは、産休や育休の取得期間・産前産後に申請できる保険料免除・出産手当金の額・利用できる預け先について解説しています。保育士だからこそ利用できる預け先も紹介しているので、ぜひ産後復帰する際の参考にしてくださいね。

産後復帰する保育士へのアドバイス

保育士の仕事を楽にする「子どもが寝てくれない時の対象法」とは?

眠らない子どもがいて頭を抱えている、という保育士は意外と少なくありません。ここでは、寝てくれない子どもへの対処法・注意点を紹介していきます。

保育士の仕事を楽にする「子どもが寝てくれない時の対象法」とは?

保育士ってピアノはどれくらい弾けるのが理想なの?

保育士への転職を考えている人、パートから正社員を目指している人は、ピアノをどれくらい習得するのが理想なのか悩む人も多いのではないでしょうか。ここでは、保育士に求められるピアノの習得度について解説しています。

保育士ってピアノはどれくらい弾けるのが理想なの?

保育士の靴選びのポイントは?部屋履き・外履きのアドバイスと注意点

子どもに何かあっても直ぐに対応できるように、部屋履き・外履きはちゃんとしたものを選びましょう。ここでは、部屋履き・外履きを選ぶときの注意点をアドバイスしていきます。

保育士の靴選びのポイントは?部屋履き・外履きのアドバイスと注意点

【東京】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!

「転職したい」「復職を考えている」「自分にあう保育園を探したい」と考えている保育士さんも多いのではないでしょうか。 東京で開催予定の転職フェア・合同説明会を転職エージェント別に紹介します。

【東京】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!

【大阪】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!

「転職したい」「復職を考えている」「自分にあう保育園を探したい」と考えている保育士さんも多いのではないでしょうか。 大阪で開催予定の転職フェア・合同説明会を転職エージェント別に紹介します。

【大阪】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!

【愛知】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!

「転職したい」「復職を考えている」「自分にあう保育園を探したい」と考えている保育士さんも多いのではないでしょうか。 今回は、愛知で開催予定の転職フェア・合同説明会を転職エージェント別に紹介します。

【愛知】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!

【神奈川】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!

「転職したい」「復職を考えている」「自分にあう保育園を探したい」と考えている保育士さんも多いのではないでしょうか。 今回は、神奈川で開催予定の転職フェア・合同説明会を転職エージェント別に紹介します。

【神奈川】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!

【福岡】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!

「転職したい」「復職を考えている」「自分にあう保育園を探したい」と考えている保育士さんも多いのではないでしょうか。 今回は、福岡で開催予定の転職フェア・合同説明会を転職エージェント別に紹介します。

【福岡】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!

【北海道】保育士の転職フェア情報やメリットをご紹介!

「転職したい」「復職を考えている」「自分にあう保育園を探したい」と考えている保育士さんも多いのではないでしょうか。 今回は、北海道で開催予定の転職フェアや、転職フェアに参加するメリットについて紹介します。

【北海道】保育士の転職フェア情報やメリットをご紹介!

保育士あるある!保育中から転職編まで集めました

膝が黒くなる、人間関係が面倒、給与が安いなど、保育士同士だからこそわかる「あるある!」ネタ。思わず共感する人も多いのではないでしょうか。この記事では、保育中から転職までの保育士あるあるをシーン別に紹介します。

保育士あるある!保育中から転職編まで集めました

男性保育士の転職~スキルアップのポイントとは

保育園の先生といえば、「保母さん」という言葉があるくらい昔から女性が携わる仕事、というイメージがありますよね。そのためか、保育の現場では今も圧倒的に女性保育士の方が多く、男性保育士の数は少ないのが現状です。もちろん、男性保育士の数が増えない要因は、こうしたイメージだけの問題ではありません。現実的なことで言うと、他業種で働く同年代の男性に比べ、年収が少ないということが一番に挙げられるでしょう。その他にも、女性社会である職場の人間関係や、男性であることへの偏見、といったものもあるそうです。しかし現在、保育士の人材不足が叫ばれる中、男性保育士の需要も増えつつあるそうです。そのため、職場環境の改善や収入面での見直しも進んできて、男性が保育士という仕事を選択し、また続けていきやすくなってきているとも言えるかと思います。

男性保育士の転職~スキルアップのポイントとは

保育士の種類★「公務員保育士」について

保育士として働くことを目指す人の中で、特に人気が高いのが「公務員保育士」として働くという選択肢です。でもどうして、そんなに「公務員保育士」に人気が集まるのでしょうか?そこでここでは、「公務員保育士」とはどのようなものなのかをご紹介するために、私立保育士との違いや、公務員保育士のメリット・デメリットなどをピックアップしてみました。

保育士の種類★「公務員保育士」について

転職に向けて~保育士採用試験の作文対策

希望する保育園に就職するためには、その園が実施する保育士採用試験に合格しなければなりません。採用試験は主に面接や実技試験・筆記試験がありますが、中でも受験者の苦手意識が高いのが「作文・小論文」となっているそうです。そこで、「どう書いていったらいいんだろう?」という方に向けて、試験での作文で事前に抑えておきたい対策ポイントをご紹介していこうと思います。

転職に向けて~保育士採用試験の作文対策

転職するなら絶対チェック!保育士の産休事情

仕事を持って働いている女性にとって大きな悩みとなっているのが、子供を出産しても働き続けることができるかどうか、ということです。こうした働く女性が安心して子供を産んでも安心して働き続けることができるよう設けられているのが、「産休・育休」といった制度です。ですが、いくら男女平等が叫ばれていても、今だ子育てと仕事の両立が難しい日本社会では、その取得に難色を示す企業は少なくないのが実情のようです。そして、女性が多く働いている保育業界においても、この問題は例外ではないそうです。ですので転職を考えるなら、産休制度がどう実施されている保育園なのかをチェックすることは、とても大切なポイントとなるといえるのです。そこでここでは、「産休・育休」という制度がどういったものなのかなど、保育士の産休・育休事情についてまとめてみました。

転職するなら絶対チェック!保育士の産休事情

保育士の採用試験で行われる筆記試験

公立の保育園や一部の私立保育園では、保育士の採用試験で実技試験の他に筆記試験を実施しています。試験の内容は公立保育園と私立保育園とで異なりますし、また私立保育園ではそれぞれの園の方針によっても、実施の有無や出題内容に違いが出てくるそうです。そこでここでは、保育士の採用試験ではどのような筆記試験が行われているのかについて、公立と私立に分けてご紹介していきます。

保育士の採用試験で行われる筆記試験

保育士の転職 添え状は必要?

履歴書を郵送するときに添え状は必要なのか、悩んでいる保育士さんは多いのではないでしょうか。ここでは、保育士が転職する際の「添え状の書き方」を紹介していきます。書き方のコツや添付する理由についても解説しているので、履歴書を郵送する時の参考にしてくださいね。

保育士の転職 添え状は必要?

保育の腰痛の原因&予防方法を解説!

保育士として働くなかで腰に負担をかけすぎて、腰痛に悩まされていませんか。ここでは、保育士が腰痛になる原因と、予防方法を解説していきます。腰痛が酷い人は、下記を参考にして痛みを緩和させてみてくださいね。

保育の腰痛の原因&予防方法を解説!

コロナ禍で保育士の仕事はどう変わったの?仕事内容とトラブルについて紹介

コロナ禍で保育士の仕事はどう変わったのか、仕事内容の変更点について解説していきます。保育士として働くのが不安になっている人は、下記を参考して転職するかどうかを検討してみてくださいね。

コロナ禍で保育士の仕事はどう変わったの? 仕事内容とトラブルについて紹介

保育士の退職理由とは?何が原因で辞めてしまうの?

保育士の仕事を辞めたい、と考える理由として多いものを紹介していきます。今まさに保育士を辞めたいと考えている人は、下記を参考して退職するか、転職するかを決めてみてくださいね。

保育士の退職理由とは?何が原因で辞めてしまうの?

保育士へ転職するときの面接対策とは?

保育士へ転職したいけれど、面接でどう受け答えしてよいか分からないと悩んでいませんか。ここでは、保育士の転職における面接の傾向と、対策について解説していきます。

保育士へ転職するときの面接対策とは?

保育士の転職 面接時の服装は何を着ていく?

保育園での面接、何を着ていくか服装に悩みますよね。転職時の面接に来ていく服装が分からず困っている人は少なくありません。そこで、保育士が転職の時に着ていく服装についてアドバイスをしていきます。面接当日の服装をどうしようか迷っている人は、下記を参考にして選んでみてくださいね。

保育士の転職 面接時の服装は何を着ていく?

保育士の転職理由に多い人間関係のトラブルとは?解決法を紹介

憧れの保育士になったけれど、職場の人間関係が酷すぎて退職してしまう人は少なくありません。ここでは、転職理由として多い人間関係のトラブルは何か、問題点と解決法を紹介していきます。

保育士の転職理由に多い人間関係のトラブルとは?解決法を紹介

保育士の転職理由で多い「鬱」について、原因や解決方法を解説

保育士で人間関係のトラブルに悩み、鬱(ウツ)を患ってしまう人は少なくありません。ここでは、ウツの症状が起こる原因と、対処法を解説していきます。何もかも嫌だ、と思ったときは、全てを投げ出してしまう前に下記を見てみてくださいね。

保育士の転職理由で多い「鬱」について、原因や解決方法を解説

保育士には体力が必要?子どもの相手で苦労しないための3つのポイント

保育士は人気の職業ですが、たくさんの力を身につけておかなければなりません。子どもへの指導力や観察力はもちろん、保護者とのコミュニケーション能力など、必要な力は多岐に渡ります。しかし、そのなかで離職にも繋がりかねないのが体力です。今回は、保育士に体力が必要不可欠な理由と、体力不足で苦労しないためのポイントを3つご紹介します。

保育士には体力が必要?子どもの相手で苦労しないための3つのポイント

【保育士】効果的な叱り方って?叱る回数を減らすために意識するべきポイント

日々の保育のなかで、子どもを叱る場面は避けては通れません。その叱り方は保育士によってさまざまです。新米保育士は「誰を参考にしていいか分からない」という悩みを抱えることもあるのではないでしょうか?そこで今回は、保育士が叱るときの効果的な方法や、叱る回数を減らすたっめに意識するべきポイントをご紹介します。

【保育士】効果的な叱り方って?叱る回数を減らすために意識するべきポイント

【年少クラス】保育士が3歳児の担任を持つときのポイント!特徴や遊びの例

保育園の年少クラスとは、3歳児が集まるクラスです。赤ちゃんっぽさが抜け、幼児の仲間入りを果たした年少さん。担任になったらどのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか?今回は、年少クラスを持つときのポイントや子ども達の特徴、遊びの例をご紹介します。

【年少クラス】保育士が3歳児の担任を持つときのポイント!特徴や遊びの例

【年中クラス】保育士が4歳児を持つときのポイント!特徴や遊びの例

保育園での年中クラスには、4歳になったばかりの子や5歳になる子が混在しています。体が大きくなり、すっかり幼児らしくなった年中さん。さまざまな知識を吸収する、スポンジのような時期です。そこで今回は、年中クラスの特徴や、担任を持つうえでのポイント、 おすすめの遊びについて解説します。

【年中クラス】保育士が4歳児を持つときのポイント!特徴や遊びの例

【年長クラス】保育士が5歳児を持つときのポイント!特徴や遊びの例

年長クラスは、保育園生活最後のクラスです。そんな年長クラスの担任に抜擢され、重圧を感じる保育士も少なくないのではないでしょうか?そこで今回は、年長クラスを持つときのポイントや、子ども達の特徴、設定したい遊びの例をご紹介します。

【年長クラス】保育士が5歳児を持つときのポイント!特徴や遊びの例

男性保育士が抱える悩みとは?「正直大変…」リアルな声や不安解消法をご紹介します!

「保育士は女性」といった根強いイメージのなか、少しずつ男性保育士の数は増加傾向にあります。しかし、まだまだ女性保育士だけしか在籍していな保育園や、男性保育士が1人しかいないような保育園が多いのが現状です。そのため、保育園で働く男性保育士にはたくさんの悩みがあります。今回は、そんな男性保育士の悩みに注目したいと思います。

男性保育士が抱える悩みとは?「正直大変…」リアルな声や不安解消法をご紹介します!

男性保育士として働くメリットは?特徴を活かして人気者になろう!

男性保育士は増加傾向にあるものの、まだ少ないのが現状です。そのため認知度が低く男性保育士特有の大変さに悩まされる人も多いのではないでしょうか? しかし、大変なことばかりではなく、男性保育士にしかないメリットもたくさんあります。そこで今回は、男性保育士として働くメリットについて解説します。

男性保育士として働くメリットは?特徴を活かして人気者になろう!

「〇〇先生?」「〇〇ちゃん?」保育士や子どもの呼び方と言葉遣い

保育園では、子どもや保育者のことをどのように呼んでいるでしょうか?「〇〇先生」「〇〇さん」「〇〇ちゃん」などさまざまありますが、最近は人権問題などの観点から「先生」や「くん」ではなく「さん」で統一する保育園も増えてきました。今回は、保育士や子どもの呼び方や言葉遣いについて紹介します。

「〇〇先生?」「〇〇ちゃん?」保育士や子どもの呼び方と言葉遣い

保育士の「退職交渉がうまくいかない」を解決!コツを紹介

「保育園を退職したいけど、辞めさせてもらえるかな?」「引き止められてうまくいかない気がする…」と、退職について思い悩んでいませんか? 「他の人に迷惑がかかるから」「代わりの保育士がいないから」と、交渉まで踏み切れない人もいるかもしれません。 円満退職できるかは、退職の意向を伝えるタイミングや時期、施設によっても変わってきますが可能です。できれば気持ちよく退職したいと思いますよね。 今回は退職交渉をうまく進めるコツを紹介していきます。

保育士の「退職交渉がうまくいかない」を解決!コツを紹介

保育士の平均給料は低い?平均年収や給与を上げる方法を紹介

「保育士に多い退職理由」によくランクインしている給与問題。「保育士ってやっぱり給料が低いよね…」と実感している人も多いのではないでしょうか。保育士不足が叫ばれるようになり問題視されてはいるものの、未だ保育士の給料や平均年収は低い傾向にあります。今回は、保育士の平均給料や年収について紹介します。

保育士の平均給料は低い?平均年収や給与を上げる方法を紹介

栄養士が保育園で働くメリットとは?必要なスキルも紹介

施設の形態に関係なく、ほとんどの保育園で給食が出されていますよね。そこで活躍しているのが、栄養士や調理師です。子どもたちが健康的に過ごすために、バランスのよい食事は欠かせません。今回は、栄養士が保育園で働くメリットや、保育園で働くために必要なスキルを紹介します。

栄養士が保育園で働くメリットとは?必要なスキルも紹介

転職成功の動き方!理由や目的を明確にして活動しよう

「会社つまらないな」「辞めたいな」「転職しようかな」働いているほとんどの人が、1度は考えたことがあるのではないでしょうか。やりがいが感じられなくなった時や会社に対する不満・ストレスが溜まった時には、退職・転職もよぎってしまうものです。しかし、転職活動を行って成功する場合としない場合があるのもまた事実。転職するからには成功させたいですよね。今回は、転職活動の流れや転職を成功させるポイントを紹介します。

転職成功の動き方!理由や目的を明確にして活動しよう

成功しやすい保育士の転職活動期間とは

今の職場よりも良い環境へ行きたい!そんな思いで転職を希望するわけですから、失敗はしたくないですよね。ですから転職活動には慎重に、じっくり時間をかけたほうが良いのでは…とお考えになるかもしれません。でも実は、あまり転職活動が長期間になってしまうと、帰って失敗する可能性が高まってしまうことをご存知でしょうか?

成功しやすい保育士の転職活動期間とは

認定こども園って保育園や幼稚園とどこが違うの?

保育士の転職先の一つとして近年注目されているのが「認定こども園」です。認定こども園とは、都道府県から認可を受けた幼稚園・保育園両方の機能を兼ね備えた保育施設です。「保育」と「教育」の両方を目的としていて、保護者の勤労の有無に関係なく0歳~5歳の子供を預けることができるのが特徴となっています。近年では待機児童問題の解消にもつながることを期待されることから施設数が増加しており、その分保育士の求人数も増えているそうです。

認定こども園って保育園や幼稚園とどこが違うの?

3年は続けるべき?保育士が転職を考えるのに良い勤続年数の目安

「石の上にも三年」といったようなことわざもあるように、私たちは日頃から「3年」という期間を、無意識に「節目」として考えています。そのためか、保育士の転職希望者数も勤続3年目に増える傾向があるようです。

3年は続けるべき?保育士が転職を考えるのに良い勤続年数の目安

辞めたいけれど辞められない?就業規則と保育士の退職

転職を希望する保育士が抱える悩みの中でも、最も困難ではないかと思われるのが「保育園を退職する」ことです。退職をしたい旨を申し出たとしても、なかなか雇用主である保育園側に合意してもらえず、苦しい状況から抜け出せずにいる方も少なくないそうです。しかし、仕事を退職することは、法律が労働者に認めた権利です。それでは、「辞められない」を「辞められる」に変えるために知っておきたい事を、ご紹介していきましょう。

辞めたいけれど辞められない?就業規則と保育士の退職

保育園栄養士のお仕事スケジュール

多くの保育園では、子供たちに給食やおやつを提供するために、調理を担当する職員として、免許を持った栄養士が勤務しています。そんな保育園に通う子供たちを食でサポートする栄養士の仕事とは、どのようなものなのでしょうか。

保育園栄養士のお仕事スケジュール

保育園の食育どんなことするの??

「食育ってどんなことをするの?」、と悩んではいませんか。保育士の仕事の一つとして、食育があります。ここでは、保育園で行う食育はどんなことをするのか、実際に取り組んでいる内容を紹介していきますね。

保育園の食育どんなことするの??

保育士の求人 出やすい時期はいつ頃?

「求人情報って出やすい時期があるのかな」、「求人を探しているけれど見当たらない」、と困ってはいませんか。ここでは、保育士の求人がいつ頃出やすいのか解説していきます。

保育士の求人 出やすい時期はいつ頃?

保育園の給食 直営・委託でどう違うの?栄養士の仕事内容で異なる点をピックアップ

保育園では給食が出ますが、直営している園と委託している園に分かれています。昔と違い、今は「給食の質が確保される場合には委託することは差支えない」と認められているため、導入する保育園は増えつつあります。ここでは、給食を直営しているケースと、給食を委託しているケースの違いについて解説していきます。

保育園の給食 直営・委託でどう違うの?栄養士の仕事内容で異なる点をピックアップ

【株式・社福】保育園の違いとは?

最近、首都圏で増えている「株式会社が運営する保育園」は、社会福祉法人が運営する保育園とは何が異なるのでしょうか。ここでは、株式会社と社会福祉法人の保育園のどちらで働こうか悩んでいる人のために、運営主体の違いによるメリット・デメリットを紹介していきますね。

【株式・社福】保育園の違いとは?

保育士の通勤時間はどのくらい?

「通勤距離が長いと、残業が多い時に通うのが大変そう」、「通勤距離が短いと、保護者と鉢合わせしそうで嫌」、と近い職場・遠い職場のどちらに転職するか困っていませんか。どちらも一長一短なので、通勤距離は短いほうが良いのか、長いほうが良いのか悩みますよね。ここでは、保育士の平均的な通勤時間と、通勤距離が短い保育園・通勤距離が長い保育園のメリットとデメリットについて解説していきます。

保育士の通勤時間はどのくらい?

保育園の栄養士になりたい!その理由は?

栄養士の資格を取得して「保育園で子ども達のために栄養満点の給食を作りたい!」と考える人も多いのではないでしょうか?また、ほかの飲食店で勤務していたけど、転職先に保育園を考えているという人も少なくないでしょう。今回は、保育園の栄養士になるための面接対策として、志望動機について解説します。また、保育園で働く栄養士に求められる要素についても解説するので、参考にしてみてください。

保育園の栄養士になりたい!その理由は?

保育園栄養士は面接試験でどんなことを聞かれる?気を付けるべきポイントを解説

栄養士のなかでも、人気の高い保育園勤務。転職先に保育園を考えている人も多いのではないでしょうか?しかし、一般の食品会社などとは異なり、志望動機や質問の答えに戸惑うことがあるかもしれません。そこで今回は、保育園栄養士の面接試験で聞かれる項目や、面接時に気を付けるべきポイントを解説します。ポイントをしっかりおさえて、採用を勝ち取りましょう!

保育園栄養士は面接試験でどんなことを聞かれる?気を付けるべきポイントを解説

保育園で働く栄養士としてのキャリアアップ!求められるスキルや資格は?

保育園で働く栄養士の業務は多岐に渡ります。献立を考え給食を調理するだけではなく、子ども達の食事に付き添ったり、食育の指導やアレルギーを持つ保護者の対応をおこなったりします。そんななか、栄養士としてもっとキャリアアップを図りたいと考える人も少なくないのではないでしょうか?そこで今回は、栄養士のキャリアアップに求められるスキルや資格について解説します。

保育園で働く栄養士としてのキャリアアップ!求められるスキルや資格は?

保育園で働く栄養士は残業アリ!?転職時はしっかり待遇を確認しよう!

さまざまな就職先がある栄養士ですが、保育園栄養士への転職は大変人気があります。子ども達の元気な声に囲まれながら、食育に関われるのはとてもやりがいのある仕事です。しかし、保育園といえばサービス残業や過酷な労働というイメージがあるのではないでしょうか?保育園で働く栄養士に、残業があるのか気になりますよね。そこで今回は、保育園で働く栄養士に関する待遇について解説します。

保育園で働く栄養士は残業アリ!?転職時はしっかり待遇を確認しよう!

【保育園転職】保育士の採用単価って?せっかく転職するなら好待遇を目指そう!

みなさんは、保育士の「採用単価」という言葉を聞いたことはありますか?採用単価とは、保育園が支払う「保育士を確保するためにかかるお金」のことです。保育士が不足している近年、保育士確保に向けてさまざまな保育園や人材会社が試行錯誤しています。そこで今回は、保育士の転職における採用単価について詳しく解説します。

【保育園転職】保育士の採用単価って?せっかく転職するなら好待遇を目指そう!

保育園栄養士の実技試験って?採用試験の内容を徹底解説!

保育園で栄養士として働こうと考えたとき、どのような採用試験が行われるか心配になる人も多いのではないでしょうか?保育園栄養士の採用試験ででは、面接試験のほかに実技試験をおこなっている園も少なくないようです。そこで今回は、保育園栄養士の実技試験について解説します。

保育園栄養士の実技試験って?採用試験の内容を徹底解説!

保育士の配置基準はギリギリ?!計算方法についても解説

「0歳児3人に対して保育士は1人」と、なんとなく知っている人も多いのではないでしょうか。このように、クラス担任の人数は子どもの年齢や人数によって決められています。人数配置の基準となっているものが「配置基準」です。 今回は、保育士の配置基準について、基準や計算方法を解説します。

保育士の配置基準はギリギリ?!計算方法についても解説

保育士の有効求人倍率とは?捉え方と倍率が高い理由

保育園を転職しようと思ったとき、求人の倍率が気になる人も多いいのではないでしょうか。受験などと同じように倍率は気になるものの「有効求人倍率とは?」と実はよくわからない保育士もいるかもしれませんね。今回は、保育士の有効求人倍率について、捉え方や倍率が高い理由を紹介します。

保育士の有効求人倍率とは?捉え方と倍率が高い理由

保育士転職の応募数の平均は?求人が多くなる時期も紹介

転職したいと思いながらも、時間が取れずに今の職場で働き続けている人も多いのではないでしょうか。保育士をしながら転職活動を行うのは難しいですよね。「何社も受けられない」と不安になる人や「他の人はどれくらい応募している?」と気になる人もいるかもしれません。そこで今回は、保育士の転職活動における平均応募数や求人が多くなる時期を紹介します。

保育士転職の応募数の平均は?求人が多くなる時期も紹介

保育士転職エージェントで紹介してもらうと内定率が上がる?秘訣を紹介

「転職したいけど、仕事と両立させるのはつらい」と思っている保育士も多いのではないでしょうか。保育士の仕事は多岐に渡り、残業も多いですよね。そんななか転職活動を両立させようとすると、「時間も体力も限界!」なんてことも…。短期間で自分に合った保育園を選ぶには、保育に特化した人材紹介や転職エージェントを活用するのが近道です。今回は、転職エージェント活用で内定率が上がる秘訣や、転職エージェント利用におすすめの人を紹介します。

保育士転職エージェントで紹介してもらうと内定率が上がる?秘訣を紹介

気をつけて!ブラック保育園の特徴と見分け方

「残業が多くてつらいな…」など、職場に対して「つらい」と感じることはありませんか?「家に持ち帰る仕事が多すぎる」と思いながら耐えている人もいるのではないでしょうか。一般企業に「ブラック企業」があるように、保育園にも「ブラック保育園」があります。 今回はブラック保育園に多い特徴と見分け方を紹介します。

気をつけて!ブラック保育園の特徴と見分け方

良い保育士求人の見分け方★求人票チェックポイント

転職を考えている保育士の方がまず始めることといえば、次の就職先である保育施設を探すことでしょう。そこでまず目にするのが、各保育施設から出されている「求人票」です。求人票にはその施設の募集内容や待遇、業務内容、その施設についてなどの情報が記されています。そこで、より良い求人を見つけるために知っておきたい、「求人票」のチェックポイントについてご紹介していきましょう。

良い保育士求人の見分け方★求人票チェックポイント

保育士という仕事が向いている人の特徴とは

基本的に保育士を目指している人の多くは、子供が好きで子供と関わる仕事がしたい!という想いを持っていらっしゃいます。ですが「保育」とは、文字通り「子供を保護して育てる」ことが仕事の本質です。「子供が好き!」という情熱は大切ですが、それだけでは「保育士」としての仕事に向いている人、とは言えないようです。

保育士という仕事が向いている人の特徴とは

保育園を辞めたい…保育園栄養士の転職先候補

子供たちの成長にとって、食事はとても大切な役割を果たします。もちろん、子供たちに食事やおやつを提供する保育園でも、食事の果たす役割はとても大きなものです。栄養面やアレルギーに配慮した食事作りはもちろん、食を通して情操教育をする「食育」も、保育園で子供たちが受けられる成長に良い影響だと思います。ただその分、食事を担当する保育園栄養士には大きなプレッシャーになりやすく、色々と悩みを抱えてしまう方も少なくないそうです。

保育園を辞めたい…保育園栄養士の転職先候補

保育士の転職、誰に相談したらよい?

保育士が初めての転職を考えた時、まず困ってしまうのが「誰に相談したらいいの?」という点かもしれません。初めてのことですから、わからないことや不安なことが多いのは当然です。でも、誰かに相談したいと思っても誰にしていいのかわからない、そんな悩みを抱えている人は大勢いらっしゃるそうです。

保育士の転職、誰に相談したらよい?

好感を持ってもらえる男性保育士の服装とは

保育士といえば、まだどうしても女性というイメージが強いと思いますが、近年では男性保育士の数も徐々に増えてきているそうです。ですので、男性保育士の存在も決して珍しいものではなくなってきた、といえるのですが、保護者の中にはまだ「男性」ということに、不安を感じる方も少なくないそうです。そんな不安を持たれないようにするためには、まず肝心となるのが「身だしなみ」が大切になります。

好感を持ってもらえる男性保育士の服装とは

男性保育士が働きやすい保育園の条件とは?注意すべきポイントを紹介

「男性保育士を目指したい」、「男女差別が酷くて今の保育園を辞めたい」、と困っている男性の保育士は必見です。ここでは、男性保育士が働きやすい保育園の条件をまとめています。注意すべきポイントも併せて紹介しているので、転職活動の際に参考にしてください。

男性保育士が働きやすい保育園の条件とは? 注意すべきポイントを紹介

男性保育士として働くときのクレームとは?保護者からどんな苦情があるの!?

男性保育士として働くなら、保護者からどのようなクレームが寄せられるのか気になりますよね。ここでは、男性保育士に寄せられるクレーム内容と対処方法を紹介していきます。

男性保育士として働くときのクレームとは?保護者からどんな苦情があるの!?

【保育士の働き方のQ&A】複数担任による問題点とは?

保育士の働き方として増えているのが、何人かの保育士で一つのクラスを受け持つ複数担任制です。2021年度から増えている複数担任制は何が問題なのか、起こりうるトラブルについて紹介していきます。

【保育士の働き方のQ&A】複数担任による問題点とは?

保育士のスキルを伸ばす!複数担任制のメリットとは?

複数担任なら一人で受け持つより楽なのではないか、経験が浅いから誰かと一緒にクラス担任をしたい、と複数担任制に興味を持つ人は多いのではないでしょうか。ここでは、複数担任制を取り入れている保育園のメリットについて解説していきます。

保育士のスキルを伸ばす!複数担任制のメリットとは?

保育園の園長の年収を知りたい!将来的に稼げる金額とは?

保育士として働き続けて園長まで上り詰めた場合、一体いくら稼げるのでしょうか。ここでは、保育園の園長がもらえる年収について解説していきます。キャリアアップを考えている保育士は、下記を参考に目指すかどうかを決めてみてくださいね。

保育園の園長の年収を知りたい!将来的に稼げる金額とは?

【保育士】一時保育とは?注意するべきポイントや働くメリットをご紹介します

一時保育は「その保育園に通っていなくても単発で預けられる」ことが特徴です。忙しい保護者にとって、とても便利なサービスですが、一時保育を担当する保育士にはさまざまな注意点が挙げられます。そこで今回は、一時保育の概要や保育士が注意すべきポイントを解説します。また、一時保育で働く保育士のメリットもご紹介しますので、転職時の参考にしてみてくださいね。

【保育士】一時保育とは?注意するべきポイントや働くメリットをご紹介します

保育士必見!子どもの正しい褒め方とは?具体例を解説

子どもは褒められることが大好きです。「できたよ!」「頑張ったよ!」「泣かなかったよ!」と、子どもはいつも得意な表情で保育士を見つめています。そのため保育士は、子どもの自己肯定感ややる気を伸ばすために、正しい褒め方を心掛ける必要があります。今回は、そんな子どもへの具体的な褒め方について解説します。

保育士必見!子どもの正しい褒め方とは?具体例を解説

保育園のお泊り保育とは?ねらいやスケジュールを解説

お泊り保育とは、いつも通っている保育園に、子ども達だけでおとまりする行事です。お家の人と離れて、クラスのお友達と過ごす1泊2日は、子ども達にとって一大イベントとなります。そこで今回は、お泊り保育のねらいやスケジュールについて解説します。

保育園のお泊り保育とは?ねらいやスケジュールを解説

保育園のお泊り保育にはどんなメリットがある?子ども達の姿を紹介!

保育園で行われるお泊り保育は、子ども達にとって一大イベントです。楽しみな気持ちや不安な気持ちを持ち合わせながら参加し、それぞれの子どもが成長した姿を見せてくれます。参加する保育士としても、普段は見られない子ども達の姿が見られる貴重な体験となることでしょう。今回は、そんなお泊り保育から得られるメリットについて解説します。

保育園のお泊り保育にはどんなメリットがある?子ども達の姿を紹介!

【お泊り保育】保育士の注意点は?トラブルなく過ごす準備を解説

いつも一緒に過ごしているクラスのお友達と、慣れ親しんだ保育園に1泊する「お泊り保育」。子どもたちのなかには、不安や期待で体調を崩す子もいます。楽しい思い出になるよう、保育士はさまざまな配慮をしながら準備しなければなりません。そこで今回は、お泊り保育で保育士が注意すべきポイントを解説します。

【お泊り保育】保育士の注意点は?トラブルなく過ごす準備を解説

【保育士必見】保育園での折り紙の教え方!導入から声掛けのポイントまで解説

保育園では、2~3歳児になると折り紙に興味を持ち始めます。4~5歳児になれば、手先が器用になり簡単な折り紙の製作が可能になります。しかし、始めたばかりの頃はなかなかうまくいかない子が多く、保育士はどのように声をかけていいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、折り紙の教え方のポイントをご紹介します。

【保育士必見】保育園での折り紙の教え方!導入から声掛けのポイントまで解説

小規模保育園のメリットとは?どんな保育士が向いている?

小規模保育園と聞くと、アットホームな雰囲気で保育が行われているイメージがあり、「転職する機会があったら働いてみたいな」と思う人も多いのではないでしょうか。今回は、小規模保育園の種類やメリット、小規模保育園勤務に向いている保育士さんを紹介します。

小規模保育園のメリットとは?どんな保育士が向いている?

【体験談】元保育士が感じた中規模保育園のメリットを紹介

転職を検討する際「大規模保育園は人数が多すぎて大変」「小規模保育園は物足りないかな…」と迷う人も多いのではないでしょうか。小規模保育園や大規模保育園のほか、中規模保育園があることもご存じでしょうか?大きすぎず、小さすぎず、ちょうどいい。そんな中規模保育園のメリットについて、元保育士が感じたことを紹介します。

【体験談】元保育士が感じた中規模保育園のメリットを紹介

大規模保育園で働くメリット・デメリットと園選びのポイント

転職を考えたとき「大規模保育園と小規模保育園、どっちがいいの?」と悩む人も多いのではないでしょうか。結論からいうと、どちらも一長一短です。「どちらがいい」というより、「自分に合っているか」がカギ。この記事では大規模保育園のメリット・デメリットや園選びのポイントを紹介します。

大規模保育園で働くメリット・デメリットと園選びのポイント

保育園栄養士の平均年収は?やりがいや仕事内容も紹介

栄養士の資格を活かして保育園へ転職してみようと思っていますか?保育園栄養士は子どもが健康に過ごすために欠かせない存在です。とはいえ、年収も気になるところですよね。今回は保育園栄養士の平均年収や保育園栄養士として働くやりがい、仕事内容を紹介します。

保育園栄養士の平均年収は?やりがいや仕事内容も紹介

保育士のキャリアアップ研修とは?制度についてわかりやすく解説

保育士のキャリアアップ研修は、昇進や処遇改善がしやすくなる目的で設けられた制度です。しかし実際どの部分に反映されているのか、よくわからない人も多いのではないでしょうか。今回はキャリアアップ制度についての解説と、給与に反映しているかなどの実態も紹介します。

保育士のキャリアアップ研修とは?制度についてわかりやすく解説

保育士としての第一歩★新人研修で学ぶこと

保育士として内定をもらったら、保育士として本格的に働き始める前に、採用が決まった保育施設などが主催する「新人研修」に参加することになります。「新人研修って、いったいどんなことをするんだろう?」と不安に思う人も、中にはいらっしゃるかもしれません。そこで、新人保育士さんたちが不安なく意欲を持って新人研修に臨めるよう、新人研修で行われる内容や準備しておきたい事などを、ご紹介していこうと思います。

保育士としての第一歩★新人研修で学ぶこと

保育士が知っておきたい発達障害の子供の接し方

発達障害を持つ子供は、全国の小・中学生全体で6.5%に上るという統計上のデータが出ています。こうしたデータから見て、未就学児である保育園や幼稚園に通う児童たちにも、一定数の割合で発達障害を持つ子供がいると指摘されています。そのため、保育士として働いていく中で、発達障害の子供をお世話する可能性は全くないわけではありません。いざ、そうした子供と関わることになった時、保育士としてどんな接し方をしていけばよいのでしょうか。

保育士が知っておきたい発達障害の子供の接し方

自閉症の子供に適した保育士の接し方とは

自閉症スペクトラム(ASD)は、発達障害の一つです。コミュニケーションが苦手でこだわりが強いなど多様な問題を抱える子供に対し、どう接してあげたらよいのか悩んでしまう保育士の方も多いかと思います。そこでここでは、自閉症スペクトラムとはどんな特徴のある発達障害なのか、また、保育士としてどんな接し方をすれよいかについてご紹介します。

自閉症の子供に適した保育士の接し方とは

子供がケガをしてしまった時、保育士がとるべき対処法とは

子供は全力で走り回って遊びますから、どれだけ注意していてもケガをしてしまうことを避けるのは困難です。保育士の仕事をしていれば、誰しも一度は子供のケガには間違いなく直面するほど、子供にケガは付き物です。そうはいっても、保育士は子供を安全に保護して育むことが仕事です。万が一子供がケガをしてしまった場合は、正しい対処を行うことがが求められます。

子供がケガをしてしまった時、保育士がとるべき対処法とは

保育士が知っておきたい「乳幼児がかかりやすい病気」

保育園でお預かりするお子さんは、0歳から小学校入学までの「乳幼児期」にあたります。その頃のお子さんは、まだ自分の状態を正確に伝えることができませんし、急に体調を崩してしまうこともあります。保育士として、そうした子供の変化に気付き、慌てずに対処していくとともに、病気の予防や早期発見につなげられるよう、ここでは「乳幼児期にかかりやすい病気」を一覧にしてご紹介していきたいと思います。

保育士が知っておきたい「乳幼児がかかりやすい病気」

保育士がかかりやすい病気とは?注意したい病気と対策方法

保育士は、子どもと接することが多い分、病気にかかりやすいので、予防対策を徹底することが大事です。ここからは、保育士がかかりやすい病気と対策方法を紹介していきます。風邪をもらいやすい人や、体力に自信がない人は、下記の病気にかからないように十分気をつけてくださいね。

保育士がかかりやすい病気とは?注意したい病気と対策方法

保育士が困る室内遊び!どんな遊びをしたらよいの?

雨が続くと、室内遊びのネタがなくなって困るという保育士さんは少なくありません。ここでは、今日から試せる室内遊びを紹介していきます。

保育士が困る室内遊び!どんな遊びをしたらよいの?

保育士が知っておきたい外遊びとは?年齢別の遊び方を紹介

保育士が知っておくと便利な「外遊びの方法」を紹介していきます。年齢別にトライしたい遊び方をピックアップしてまとめています。

保育士が知っておきたい外遊びとは?年齢別の遊び方を紹介

子持ちの保育士が正社員で働くには?知っておきたいポイント

子持ちの保育士は働くのが難しそう、と正社員で働くのを断念している方も多いのではないでしょうか。実は、保育園によって働きやすさは大きく異なります。ここでは、子持ちの保育士が正社員で働く時のポイントを紹介していきます。

子持ちの保育士が正社員で働くには?知っておきたいポイント

子持ちの保育士がパートで働く時のポイント

子どもが産まれてからも保育士として働きたい、と考えている人は少なくありません。ここでは、子持ちの保育士がパートで働く時に気をつけたいポイントを紹介していきます。

子持ちの保育士がパートで働く時のポイント

保育士のヘアケアは重要?紫外線対策と清潔感のある髪型に注意しよう!

保育士のみなさんは、しっかりヘアケアしていますか?仕事上、髪をまとめることが多く、ゴムで縛っていればOKと思っている人も多いはず。しかし、保育士は紫外線を受けやすく髪が傷みやすいのです。また、保護者に好印象を与えるためにも、ヘアケアは大変重要です。そこで今回は、保育士のヘアケア事情を解説します。

保育士のヘアケアは重要?紫外線対策と清潔感のある髪型に注意しよう!

保育士はスキンケアが必須!紫外線からお肌を守ろう!

子どもと全力で遊び、激務を極める保育士。外に出る機会も多く、紫外線を浴びて「気付いたらシミが増えていた」という経験をした人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、保育士のスキンケアの重要性について解説します。おすすめのスキンケア方法もご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

保育士はスキンケアが必須!紫外線からお肌を守ろう!

保育士による虐待事例って本当にあるの?保育士が気を付けたいこと

子どもの可愛い笑顔や楽しい日常を守るべき保育園。そんな保育園で、保育士による虐待がおこなわれているという信じられないニュースが後を絶ちません。「まさか自分が虐待するわけない」「まさかあの保育士に限って」と思っていても、実はどの保育園でも虐待は起こりうるのです。そこで今回は、保育士による虐待の事例を解説します。

保育士による虐待事例って本当にあるの?保育士が気を付けたいこと

保育士が虐待を発見!どこに相談すればいいの?

保育をしているなかで「これってもしかして虐待?」と感じたことはありませんか?保護者から虐待を受けているかもしれないと思っても、確信がないとどう動いていいか分からないですよね。そこで今回は、保育士が虐待を発見したときの相談方法について解説します。

保育士が虐待を発見!どこに相談すればいいの?

保育士の補助金って?保育士不足を解消するための施策

保育士は「子どものなりたい職業ランキング」の上位に上がるほど人気の職業です。しかし近年、待機児童の増加により保育士不足が深刻化しています。そのため、保育士を確保するための補助金を交付するなど、さまざまな施策がなされています。そこで今回は、保育士の補助金について詳しく解説します。

保育士の補助金って?保育士不足を解消するための施策

保育士の働き方を見直そう!派遣で働く大きなメリットとは?

保育士は、ライフステージに合わせてさまざまな働き方を選択できます。「結婚後は家庭を大切にしたい」「子どもがいるから固定の時間で働きたい」「体調や趣味の時間を大切にしたい」といった希望に合わせて、働き方を見直している人も多いのではないでしょうか? そんな自分に合った働き方を実現できるのが「派遣」保育士なのです。そこで今回は、保育士が派遣というスタイルで働くメリットを解説します。

保育士の働き方を見直そう!派遣で働く大きなメリットとは?

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

  • 保育士の転職エージェント徹底比較!
  • 保育士専門求人サイト比較
  • その他 保育士の求人掲載がある求人サイト
  • 【プロが解説】保育士転職で失敗しないポイントまとめ
  • 転職を考えています…保育士なんでも相談室
  • みんなから選ばれてる♪
    保育士転職の
    2サイトをチェック

    当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

    (※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
    しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
    「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

    わたしにピッタリの
    職場を見つけてほしい!

    保育士に聞いた、
    関東の保育士転職に強い No,1

    しんぷる保育

    とにかくたくさんの職場を
    紹介してほしい。

    保育士に聞いた、
    認知度No,1

    保育士バンク