保育士におすすめのストレッチ法を紹介

公開日: |最終更新日時:

保育士におすすめのストレッチ法を紹介していきます。園児を抱っこしたり、園児と一緒に走ったりと、仕事上保育士は体に負担がかかりやすいものです。ストレッチをして、少しでも体への負担を軽減させましょう。

ストレッチ

腰のストレッチ法を紹介

腰のストレッチ法を紹介していきます。職場や家で時間があるときに実践してみてください。腰回りの筋肉をほぐしておくと、子どもを抱っこした際にぎっくり腰になるリスクを軽減できます。

1. 仰向けに寝ながら股関節を開くストレッチ

仰向けに寝ながらできるストレッチなので、帰宅してテレビを見ている際などに挑戦してみてください。数分でできるため毎日続けやすく、股関節周りや腰のコリをほぐせるでしょう。

  1. 仰向けに寝た状態で、片足を腕を使って引き寄せる
  2. もう片方の足は延ばした状態で、股関節を開くことを意識する
  3. 逆側の足も抱えて引き寄せ、片足を伸ばして股関節を開く
  4.  最後に両ひざを抱えて、鼻から深呼吸して状態を30秒以上キープする

2. あぐらで股関節をほぐすストレッチ

あぐらをかいた状態でできるストレッチです。腰痛を感じた際に、職場や家などで直ぐに実践できるので、定期的に行いましょう。

  1. あぐらをかいた状態で、両方の足裏を合わせる
  2. 膝がうくので、膝部分を上から押して足を上下させる
  3.  股関節を意識ながら、30回ほどを目安にして行う

肩のストレッチ法を紹介

保育士は、肩回りも酷使しやすいので、肩の筋肉をほぐすストレッチを行いましょう。肩のストレッチ法を紹介していきます。

1. デスクを使って肩回りをほぐすストレッチ

仕事中に肩のコリが気になる場合は、デスクを使ったストレッチ法がおすすめです。定期的に肩の筋肉を伸ばす癖をつけると、肩がガチガチになるのを防ぐことができます。

  1. デスクに肘をつける
  2.  肘をつけた方の手で肩を触る
  3.  肩から腕にかけてピンと伸びるように、少し後ろに椅子を下げる
  4.  ピンと張るところで、状態を30秒キープ
  5.  もう片方も同じ手順で繰り返し行う

2. 肩を回すストレッチ

寝転がって行う方法なので、帰宅後に行うのがおすすめです。血流を改善して、少しでもコリをほぐした状態にしておくと、ケガを防ぐのに役立ちます。効果を実感しにくい場合は、クッションを持つなど、軽い負荷をかけながら行うと、コリをほぐせるでしょう。

  1. 横向きに寝転がった状態で、上になった足だけを軽く曲げておく
  2. 床についている腕を、垂直に顔前にくるように伸ばす
  3. 反対側の腕を時計回りにぐるぐると回す
  4. もう片方も同じように回して筋肉をほぐす

首のストレッチ法を紹介

保育士は事務作業が多いので、首がガチガチになる方も多いのではないでしょうか。首のコリが気になる場合は、下記の方法を試してみてください。

1. デスクでできる簡単な首のストレッチ法

デスクで簡単にできる首のストレッチ法なので、時間があるときに実践してみてくださいね。首コリは肉体的な疲労だけでなく、精神的なストレスで引き起こされる場合もあります。たかが首コリと放置せずに、辛いときはこまめにストレッチを行いましょう。

  1.  片手で、反対側の鎖骨をおさえる
  2. おさえている肩の逆側に向かって、首をゆっくりひねる
  3. ひねりながら、斜め上方向を見上げる
  4. 首の筋肉が張る状態をキープし、逆側も同じようにほぐす

2. 首に負荷をかけたストレッチ

首を伸ばすときは、少し負荷をかけて行うと、しっかりと伸ばせてコリをほぐすことができます。短時間でできるので、休憩時間に実施してみましょう。無理に力を加え過ぎると、首を傷める原因になるため気をつけてください。

  1. 右側に頭を倒す
  2.  右手で頭の上から軽く押さえる
  3. 左側に頭を倒す
  4. 左手で頭をの上から軽く押さえる
  5. 頭を後ろに倒し、両手で軽く頭を押さえる
  6. 頭を前に倒し、両手で軽く頭を押さえる

ストレッチをするメリット

ストレッチをすると、筋肉をほぐせるため、筋肉を傷めるリスクを低減できます。関節の可動域は加齢とともに狭くなり、筋肉の柔軟性も失われていきます。怪我をする恐れが高まるため、ストレッチをして柔軟性を取り戻すようにしましょう。柔軟性がキープできれば、腰痛・肩コリなどの予防にもなります。さらに、体を動かすとストレスを発散できるので、仕事のストレスを抱えている人にもおすすめです。

ストレッチをして保育に必要な筋肉の柔軟性を取り戻そう!

運動不足の人や、腰や肩の痛みがある人は、こまめにストレッチをするのがおすすめです。ストレッチは関節周りの筋肉をほぐし、柔軟性を取り戻すのに役立ちます。少しでもしなやかな体をつくり、ケガの予防に努めましょう。急に激しいストレッチをすると体を傷める心配があるので、毎日少しずつ挑戦するのがおすすめです。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士の転職★参考にしたい成功事例一覧
保育中の子供のケガ・保育士ができる応急処置について
保育士が虐待を発見!どこに相談すればいいの?
保育に役立つ★わらべうたがもたらすメリットとは
保育士が知っておきたい
遊び食べの対処方法を解説!
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク