保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室 » 保育士が知っておきたいプリスクールとは?
保育園や幼稚園との違いを紹介

保育士が知っておきたいプリスクールとは?
保育園や幼稚園との違いを紹介

公開日: |最終更新日時:

ここでは、プリスクールが気になっている保育士さんに向けて、プリスクールと、保育園・幼稚園の違いを紹介します。また、プリスクールで働く条件についても解説しているので、気になる保育士さんは必見です。

プリスクール

プリスクールとは?

プリスクールとは、子ども達と英語で会話をしながら、教育や保育を行うスクールのことです。認可を受けて運営している施設もありますが、多くは認可外の施設となっています。早期教育を受けさせたい家庭に人気があります。

プリスクールとインターナショナルスクールの違い

プリスクールとインターナショナルスクールには、海外で育った人向けか、日本で育った人向けかという違いがあります。インターナショナルは海外で育った子どもがたくさん利用していて、日本に馴染むために利用しているケースが多いでしょう。

それに対し、プリスクールは英語を学ぶために通っている子どもが多い傾向にあります。どちらにしても英語力が求められるので、ちゃんと英語を話せる人でないと働くのは難しいでしょう。

インターナショナルスクールに通う層が変わってきている

従来では、プリスクールは日本で育った子どもが通う施設、インターナショナルスクールは海外で育った子どもが通う施設と棲み分けされていました。しかし、最近では日本育ちでもインターナショナルスクールに通う子どもが増えているので、区別が難しくなってきています。

プリスクールと保育園・幼稚園の違い

プリスクールと保育園・幼稚園の違いは、必ずしも保育に関する免許が必要ではないという点にあります。プリスクールは、日常会話を英語で話すことに注力しているので、施設によっては無資格でも好条件で募集しているところがあります。

プリスクールで働くには?

プリスクールで働くには、下記の条件を満たす必要があります。目指している人は、下記の点を踏まえて、英語力やその他のスキルを磨いてみてくださいね。

1. ネイティブ並みの英語力を身につける

プリスクールでは、就学前の子どもと英語で接する必要があります。日常会話と幼児教育に支障がないレベルの英語力が必須となります。日常の全ての事象や動作を英語で表現しなければならないので、相当なレベルの英語力がないと、働くのは難しいといえるでしょう。

2. 幼児教育に対する熱意があること

プリスクールで働くには英語力のほかに、アピールできる材料を持っておくと良いでしょう。実は、プリスクールはどちらかというと外国人採用に積極的で、日本人の採用には消極的だといえます。保護者は子どもを英語教育のために預けているので、流暢な英語を話せる外国人スタッフを好む傾向にあるためです。

日本人でも採用したいと思わせるには、英語力はもちろんのこと、幼児教育に対する熱意をみせる必要があるでしょう。幼児教育に真剣に取り組む姿勢をみせると、転職活動でも有利に働きます。

3. コミュニケーション能力が高いこと

プリスクールでは、子どもの早期教育に熱心な保護者が多く、適切な回答をするためにもコミュニケーション能力の高さが求められます。寄り添う保育も大切ですが、コミュニケーション能力が高くないと、保護者に安心して預けてもらうのが難しくなります。面接では英語力だけでなく、ユーモアセンスやトーク力も見られているため、積極的に会話を楽しむようにしましょう。

プリスクールで働くメリット

ここからは、プリスクールで働くメリットについて紹介していきます。プリスクールで働くことを考えている保育士さんは、ぜひスキルアップして、下記のメリットを受けられないか検討してみましょう。

1. 給与が高い

プリスクールは、保育に加えて英語力が必要となるため、給与が高い傾向にあります。施設によって給与形態は異なりますが、高いところだと30万円くらい支給されるケースもあるでしょう。保育士と比べても給与額が高いので、英語力を身につけて給与アップを図るのも一つの手です。

2. 労働時間が短い

プリスクールの労働時間は施設によってバラバラですが、保育園よりは勤務時間が短い施設が多いといえます。時間が短いところだと9~15時頃まで、時間が長いところだと9~17時頃まで子どもを預かっているようです。

保育士と同じように、子ども達が帰ってからも事務作業はありますが、終わる時間が短いので残業は少なくなっています。プライベートを充実させられずに困っている保育士さんは、退勤時間が早いプリスクールを転職先の候補に入れてみても良いかもしれません。

英語に力を入れている保育園に転職するという選択も

プリスクールは、ネイティブ並みの英語力を必要とするので、全く英語ができない人は転職するのがかなり難しいといえるでしょう。ただ、給与などの労働条件に惹かれているなら、英語に力を入れている保育園に転職するという手もあります。

プリスクールでなくとも、英語など何か特別なスキルが必要な場合は、給与が高めに設定されている傾向があります。英語力に自信がない人は、英語に力を入れている保育園で働き、腕を磨いていくのもおすすめです。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
【続ける?辞めたい?】
保育士を続けるかどうか
保育士の定年はいつ?長く働くコツを紹介
産後に職場に復帰せず、
転職するメリットとデメリットとは?
保育士の転職、誰に相談したらよい?
保育士のレベルアップを目指す「園内研修」とは
 
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
3サイトをチェック

当サイトでは、たくさんある各社公式の転職サイト(エージェント)の中から「保育士 転職」とGoogleで検索した際に表示された上位30社を調査。
転職エージェントを利用するときに気になる口コミ数、求人数、知名度それぞれのNo.1企業3社をピックアップして紹介します(※)。

関東で自分にピッタリの
職場が見つけられる

保育士に聞いた、
口コミ数No,1!

しんぷる保育
Google口コミ数:81件/4.9点

とにかくたくさんの職場を
紹介してくれる

保育士に聞いた、
求人数No,1!

保育士バンク
公開求人数:47,873件

全国的に有名で
安心して任せられる

保育士に聞いた、
知名度No,1!

マイナビ保育士

認知度調査4年連続No.1

(※)2022年9月時点で「保育士 転職」とGoogleで検索した際に表示された上位30社を当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…Googleビジネスプロフィールの口コミ数
保育士バンク…公式サイトの公開求人数。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/
マイナビ保育士…保育士転職サイト4年連続認知度No.1 ※GMOリサーチの調査結果。参照元URL:https://hoiku.mynavi.jp/