保育園で梅雨から夏に流行しやすい「手足口病」ってどんな病気?

公開日: |最終更新日時:

乳幼児期の子どもが集団生活を送る保育園では、時期などにより感染症が流行してしまうことがあります。そんな感染症の中でもよく聞くのが、「手足口病」ではないでしょうか。ここでは、保育園で「手足口病」が発症した時に役立てていただけるよう、保育士として知っておきたい手足口病についての情報をまとめてみました。

梅雨や夏の時期に流行しやすい「手足口病」とは

保育園で流行しやすい感染症の一つに挙げられる「手足口病」は、主に5歳以下の乳幼児に発生しやすい感染症で、夏風邪の一種です。基本的には重症化しにくい病気ではありますが、感染力が強く稀に重症化することもあるため、注意が必要となります。

手足口病の原因と主な症状

手足口病はウイルス性の発疹症で、主に「エンテロウイルス」「コクサッキーウイルス」が原因ウイルスとされています。感染症の中には、一度かかると免疫ができるため発症しづらくなるものもありますが、「エンテロウイルス」や「コクサッキーウイルス」には多くの種類があるため、繰り返し発症してしまう可能性が高いのだそうです。手足口病を発症すると、口の中や手のひらや手の甲、足の裏、足の甲などに小さな水泡がいくつもでき、場合によってはお尻やひざ・ひじなどに水泡が現れる場合もあります。体にできる水泡が痛むことは殆どありませんが、口の中にできる水泡はつぶれて口内炎になりやすく、そうなると痛みを伴うため、食事を嫌がったり機嫌が悪くなったりすることもあります。また発疹の他にも、咳・鼻水・発熱を伴うこともありますが、子どもによってはそうした症状がほとんど出ず、口内炎くらいで済んでしまい手足口病と気付かないうちに治ってしまう、というケースも少なくないそうです。

手足口病の潜伏期間と感染期間

一般的に、手足口病の症状が出ない潜伏期間は3日~5日とされており、発疹が出るなど症状が現れる感染期間は1週間程度と言われています。手足口病の感染経路は「くしゃみや咳による飛沫感染」「ウイルスに触れることによる接触感染」「排泄物からの糞口感染」の3つが挙げられています。感染した子どもと他の子が接触することを避けるようにし、おむつ替えの時も注意をするようにしましょう。安静にしていれば1週間ほどで発熱も治まり、水泡も乾いてかさぶたになりきれいになり、感染のリスクも低くなります。ただし、咽頭からは2週間、排泄物からは1ヶ月ほどウイルスの排出が続くとされているので、目安の感染期間を過ぎたとしても注意が必要となります。

保育士として行うべき手足口病の対処法

多くの子どもが通う保育園で、感染症を完全にシャットアウトするということは不可能です。そのため、保育園では感染症が拡大してしまうことを少しでも抑えるため、普段からの感染症予防と、感染した子どもへの対応が大切になってきます。

保育園で行う予防法

手足口病自体はそれほど怖い感染症ではありませんが、感染力が強く子どもたちの間であっという間に流行してしまうのが特徴です。そのため保育園では、普段から以下のような感染予防を実行していくことがおすすめとなります。

  • 手洗いとうがいを徹底する
  • 保育施設内の消毒を徹底する
  • タオルや食器の共有はしない

乳幼児期の子どもはものに触れたり、手やおもちゃを口に入れたりしやすいので、感染症予防のために保育士には、園内を清潔に管理することが求められます。施設内やおもちゃなどの設備を清潔に保つことはもちろん、おむつ替えや子どもの様子にも注意を払っていきましょう。また、手足口病は子どもだけでなく、大人に感染することもあります。その場合症状が重症化しやすいため、保育士自身の感染予防対策というのも、しっかりと行っていく必要があります。

手足口病を発症した子どもへの対応

手足の発疹など、手足口病の可能性がある子どもを見つけた場合、保育士は速やかにその子どもを別の部屋に移し、他の子との接触を極力なくすようにする必要があります。そうしてから保護者に連絡をし、手足口病の疑いがあるということで病院への受診を促しましょう。その時同時に、感染症治癒証明書の提出など、園で定めている登園基準についてもきちんと説明し、守っていただくようお願いするのがベストです。ただ、基本的に手足口病には公的な登園停止期間はないため、3日~5日程度経って症状が回復していれば登園、となるケースが多いようです。また事情により、症状のある子どもを預かる場合は、個別で安静にしてもらいながら保育に当たるようにし、口内炎の痛みで食欲のない子どもには、口当たりの良い柔らかい食べ物や飲み物で、水分補給がしっかり行えるように工夫していきましょう。手足口病の感染者が出た場合、該当者以外の保護者の方にもその旨を連絡し、家庭でもお子さんの様子に注意してもらうよう促すのも、保育士として大切な対応となりますので、しっかりと行うようにしましょう。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士が知っておきたいパネルシアターとは?
保育で使えるアイデアを紹介
企業の保育参入が増えた理由とは?
企業主導型保育園について徹底調査
異年齢保育ってどんなもの?そのメリットとデメリットについて
保育園栄養士の平均年収は?やりがいや仕事内容も紹介
保育士転職には新規開園予定の園がおすすめ?特徴と注意点
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク