【保育士転職】履歴書の趣味や特技の書き方

公開日: |最終更新日時:

転職活動をする際に必要不可欠なのが履歴書です。学歴や職歴など、さまざまな記入項目があるなかで、「趣味・特技欄にはなにを書いたらいいの?」と悩む人も多いのではないでしょうか。思い浮かばない人もいるかもしれません。「特になし」と書こうと思っている人もいるかもしれませんが、趣味や特技欄の無記入は、採用に不利になるケースも少なくありません。今回は、履歴書の趣味・特技欄の書き方や、思い浮かばないときの対処法を紹介します。

履歴書のイメージ

履歴書の趣味・特技の書き方

履歴書の趣味・特技欄の基本的な書き方を紹介します。

  • 箇条書きでまとめる
  • 空欄または「特になし」は避ける
  • ウソは書かない

箇条書きでまとめる

趣味や特技は、箇条書きでまとめるようにしましょう。箇条書きにすることで、パッと見やすく・伝わりやすくなります。以下を見比べてみてください。

    【A】
  • 「趣味は読書です。文学・ビジネス・恋愛小説など、幅広いジャンルを読んでいますが、なかでもミステリー小説を読むのが好きで、よく読んでいます。また、休日にはマラソンを楽しんでいます。
    【B】
  • 読書(さまざまなジャンルを読みますが、なかでもミステリー小説が好きです)
  • マラソン(2年前から週末に走っています)

どちらも同じ内容ですが、見やすさや伝わりやすさが違いますね。採用者側は、1日に何枚もの履歴書に目をとおすことも珍しくありません。じっくり読める時間がない中で、パッと読んでもらえるよう、箇条書きで書きましょう。

空欄または「特になし」は避ける

空欄または「特になし」は、避けましょう。空欄や「特になし」と記載することで、園や企業によっては「意欲が低い」と思われてしまう可能性があります。本人にそんなつもりはなかったとしても、意欲がないと思われてしまっては受かるものも受かりません。好きなことや、小さい頃からしているものなど、なにかひとつでも記入するようにしましょう。

趣味は人柄が伝わるものがおすすめ

趣味と特技は、似ているようで異なります。特技は「保育と結びつきそうなもの」がおすすめです。たとえばピアノや楽器演奏、描画や工作、パソコンなど。一方、趣味では、人柄が伝わるようなものを書くようにしましょう。

    【好印象の趣味一例】
  • 楽器
  • スポーツ
  • 読書
  • 絵を描く
  • 工作
  • 裁縫
  • 料理
  • 旅行 など

スケートやパラグライダーなど、珍しい・インパクトのある趣味があると、面接の際に話しのネタになり盛り上がるかもしれません。印象にも残りやすくなります。反対に、以下のような趣味の記載は控えましょう。

    【書かない方がいい趣味一例】
  • ギャンブル系(競馬やパチンコなど)
  • 犯罪を連想させるもの(サバイバルゲームなど)
  • 思想や政治・宗教系

また最近は、動画をみて楽しむ人も多いですが、「休日はYouTubeをみて楽しんでいます」といった趣味も避けるのが無難です。保育士の仕事は、「ほかの職員との連携」が必須。そのため、コミュニケーション能力に疑問を持たれてしまう可能性があると、採用にひびいてしまうかもしれません。

ウソは書かない

なにかひとつでも記入した方がいいと述べましたが、ウソを書くのはNGです。たとえば、保育士の転職を考えている際に、趣味や特技欄に「ピアノ」と書いたら好印象を与えられると考える人がいるかもしれませんが、それウソだった場合、深く追求されたらすぐにボロが出てしまうでしょう。仮に面接まではバレずにやり過ごせたとしても、採用後に園の行事でピアノ演奏をお願いされたら、その園にいづらくなってしまうかもしれません。趣味や特技は、ウソ偽りなく自分が本当に趣味にしているものを記載しましょう。

趣味が思い浮かばないときの対処法

中には「趣味が思い浮かばない」という人もいるでしょう。そんなときは、習慣にしている行動や、友人・家族との会話を思い出してみましょう。たとえば、スイーツを食べることが好きで、よくカフェに行くのであれば、「カフェ巡り」とするのもいいでしょう。気分転換をするのが上手なイメージにつながるかもしれません。また、他の人に聞いてみるのも手です。自分は無意識でも、相手から見ると「すごい」と思われているものも案外あるものです。「歴史に詳しいよね」「地理に詳しいよね」「英語を話すのが上手だよね」など、相手から評価されているものは、自分がこだわるをもって取り組んでいる可能性が高いといえます。

まとめ

履歴書に記載する趣味・特技欄の内容は、自分をアピールする材料のひとつです。特技には、「保育に活かせそうなもの」、趣味には「人柄が伝わるようなもの」を記載するのがおすすめです。採用担当者は面接をしながら、「園の雰囲気と合うか」「職場の人とうまくやっていけそうか」などを見て判断しているといわれています。趣味や特技は人それぞれであり、間違いはありませんが、与える印象が変わってくるのも事実です。ウソを書くのはNGですが、できるだけ採用担当者に好印象をもってもらえるような内容を考えてみましょう。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士も年度途中で転職できる!退職しにくい背景と考えておきたいこと
保育士の転職事情についてアンケート
転職中の悩みと転職先満足度について調査(2021年4月)
転職でスキルアップするには?
保育士が収入を増やすために取り組みたいこと
保育園が台風で休園にならない理由
保育学生におすすめのアルバイトと
重視すべきポイント
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク