音痴でも保育士になれる?対処法も紹介

公開日: |最終更新日時:

保育士は、おゆうぎ会(生活発表会)や保育参観、リトミックなどで音楽と触れ合う機会が多くあります。そのため、ピアノが弾けない人、歌が苦手な人は「保育士になれるのかな?」「向いてないかも」と不安に感じることもあるかもしれません。しかし、ピアノが弾けなくても、歌が苦手でも、保育士として働くことはできます。今回は、音痴だと感じる原因と対処法を紹介します。

ピアノ練習のイメージ

音痴でも保育士になれる

結論からいうと、音痴でも保育士になれます。音程の正確さや歌のうまさより、「楽しく歌っているか」を重視している保育園も多いものです。あまりにも大幅に音程がズレてしまう場合は練習が必要になる可能性もありますが、「音痴は保育士になれない」なんてことはありません。

音痴だと感じる原因

歌に苦手意識を感じる人は、次のような原因から自分が音痴だと感じているようです。

  • 音程がわからない
  • リズムがとれない
  • 高い声がでない
  • 大きな声がでない

歌は、さまざまな音程の組み合わせで作られています。音の高さが変わるとズレてしまう、地声より高い音・低い音がでない、どうしてもテンポが速くなってしまうなどの「うまくいかない」ことが積み重なると、「歌が苦手だ」「音痴だ…」と感じ、苦手意識につながっているのではないでしょうか。

音痴の対処法

「音痴だから歌うのが恥ずかしい」と感じる人もいるのではないでしょうか。音痴を直したい人や困っている人、苦手意識を克服したい人へ、対処法を紹介します。

ピアノで音を確認する

ピアノで音を確認してみましょう。両手で伴奏をするわけではありません。弾き語りをするわけでもなく、1音ずつ確認します。音を確認したら、その音を弾きながら声を出し、音に合わせていきます。ピアノの音と実際に自分が出した声が一致すればOK。他の音でも確認していきましょう。発声の際は、ピアノで弾いている音階を声に出すといいですね。「ド」の音なら「ドー」、「ファ」の音なら「ファー」と歌う、といった具合です。自宅にピアノがない場合は、スマホアプリなどを利用してみるのもひとつの手です。

ハミングで歌う

ハミングは、「鼻歌」ととらえるといいかもしれません。ハミングで歌ってみましょう。歌詞をうたわないことで、リズムや音程に集中することができます。「意味がないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、結構重要です。鼻歌で音程がズレずに歌えると、歌詞をつけて歌ってもズレなくなります。また、「ラララ~」「ルルル~」と歌ってみるのもいいでしょう。

手や足を使ってリズムをとる

リズムがうまくとれない人は、手や足を使ってテンポを身体で感じましょう。手拍子をする、足踏みをする、指揮者になったつもりで指先を振るのもありです。自分のやりやすい方法を見つけましょう。一定のテンポを刻む「メトロノーム」を使用して練習するのもいいですね。コツは、速度の遅い曲から始めることです。最初から速いテンポの曲をしようと思うと、リズムがとれないだけでなく、ますます音程がズレたりする原因になります。ゆっくりから始め、徐々に速くしていきましょう。

歌をよく聞く

何回も繰り返し、よく聞きましょう。CDや動画に合わせて一緒に歌ってみると、自分がズレた場所を確認できます。ズレたところは巻き戻し、再度確認します。「正確な音を聞く」ことが重要なので、何度でも聞きましょう。

大きな声で歌うのが「正解」ではない

「大きな声で歌って」と主任などから指示されている園もあるようですが、保育士が声を張り上げて歌う必要はありません。考えてみてほしいのですが、「大きな声で歌をうたう=素敵な曲・キレイな歌声」だと感じるでしょうか?歌はそもそも、「誰が1番大きな声でうたえるか」を競うものではありません。ボソボソと小さすぎるのはよくありませんが、話している時くらいの大きさで十分。大きな声で歌えるかどうかよりも、「子どもと一緒に楽しく歌えるか、リズムに合わせて身体を動かすことを楽しめるか」の方が大事です。しかも保育園の主体は子どもたちです。保育士が大きな声で歌って、子どもの歌声を消してしまわないようにしましょう。

まとめ

音痴と感じる原因は人それぞれですが、保育士にはなれますし、実際に保育士として働いている保育士さんもいます。保育士はチームプレーで動く仕事なので、得意な人がカバーしてくれます。人それぞれ、得意・不得意はあるものです。カバーし合ってクラスを運営できる保育園が、素敵な保育園なのではないでしょうか。とはいえ「気になる」「恥ずかしいから直したい」人もいるでしょう。気になる人は、上記の対処法を試してみてください。まずは正確な音をよく聞くことです。「ドレミファソラシド」の音階を正確に当てられるようになると、きっと自信がつくのではないでしょうか。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士が知っておきたい
遊び食べの対処方法を解説!
保育士としてもう一度働きたい!復職するためのポイントとは
コロナ禍で保育士の仕事はどう変わったの?
仕事内容とトラブルについて紹介
注目の幼児教育法★モンテッソーリ保育はどういったもの?
保育士が知っておくと便利な
手帳の活用方法を紹介
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク