こんな会社には注意!
保育士の転職エージェントの評判

公開日: |最終更新日時:

この記事の監修

Simple株式会社
Simple株式会社は、求職者と事業所の双方がHappyになる転職をモットーに「しんぷる保育に相談して良かった…!」と思われる転職体験を全力でサポートします!

監修者写真

佐藤代表
取締役

保育士転職を考えるときに利用したい、保育士転職エージェント。でも、どれを選んだらいいのでしょうか?特徴と気を付けたいポイントについて解説しました。

転職エージェント選びで気を付けたいポイント

「転職サイト」と「転職エージェント」の違い

求人を集めて載せているサイトには、「転職サイト」と「転職エージェント」があります。
「転職サイト」は、数ある求人の中から、自分で選んで自分で応募していく自己就職型です。転職経験のある人や、比較的時間に余裕のある人などが向いています。

「転職エージェント」は、転職をサポートしてくれるアドバイザーやキャリアコンサルタントがつくものです。あなたの希望を聞き取って、合いそうな求人を提案。履歴書・職務経歴書の書き方や、面接のアドバイスもしてくれます。

初めて転職する人や、時間がない人、交渉などが苦手な人などが向いています。

「全職種対応型」と「職業特化型」

「全職種対応型」は、マイナビのように全ての職業・職種に対応しているものです。たくさんの選択項目の中から絞って探していきます。適性や希望条件から絞っていくこともできます。
どんな職業につきたいのか決まっていない人や、広くたくさんの求人を見たい人に向いています。

「職業特化型」は保育士や医者など、特定の職業に専門家したものです。保育士専門は保育士の求人のみを集めています。さらにサイト上に、保育関連の情報を載せている場合も多いので、勉強になることもたくさんあります。

「全国対応型」と「地域限定型」

日本全国の求人を集めているものと、関東圏や関西圏、あるいは愛知県、高知県など特定の地域に限った求人を載せているものがあります。
「全国対応型」には、比較的大企業、有名企業がたくさん集まります。全国の支社支店などの情報も知りたい人には、こちらがいいでしょう。

地域にはその地域特別の雰囲気や人間関係があります。「全国対応型」が集めにくい各地域の細かな情報を、実際に現場に行ってとってくる場合もあるので、就職したい地域が決まっている人には、「地域限定型」をおすすめします。特に、他の地域から移り住みたいという人には、初めての地域での面接場所までの交通やかかる時間が分かりにくいもの。そうしたことも教えてくれるし、その地域の暮らしやすい町や地域の情報などまで伝えてくれるところもあります。

転職エージェントを利用する際の注意点

保育士として転職活動を行う場合にも、転職エージェントを利用することで思い描いた通りの転職活動ができることがあります。しかし、転職エージェントを利用する場合にはいくつか注意すべき点も。どのような点に注意したら良いのかを見ていくことにしましょう。

必ず質の良い担当者に当たるとは限らない

転職エージェントを利用する場合、担当者がついて一緒に転職活動を進めていくことになります。しっかりと転職希望者の話を聞いて、親身になってくれるのであれば良いですが、中にはそうではない場合もあります。転職希望者を「商品」のように見て、転職できればどこでも良いと考えている担当者もいるかもしれません。

このような担当者に当たってしまい、満足のいく転職活動ができないと感じた場合には、担当者を変えてもらうことを検討しましょう。また、別の転職エージェントを利用するのもひとつの手です。

手厚いサポートを受けられない可能性もある

転職エージェントでは、ひとりの担当者が複数名の転職希望者を担当しています。担当している人数が少なければ、その分手厚いサポートが受けられることが期待できますが、もしも、あまりサポートが手厚くないと感じた場合には、担当者が抱えている人数が多すぎて手が回っていない、という可能性もあります。

担当者と連絡がつきにくい、どうしても自分の希望がうまく伝わらないなど、あまりにも見逃せない状況が見られる場合には、別の転職エージェントを利用することを検討しましょう。

都合のいい情報しか言わない担当者もいる

良くない転職エージェントの中には、できるだけ早く転職を決めさせようとして都合の良いことしか言わない、というケースがあります。これは、転職エージェントは採用が決まるほど収益も上がるという仕組みになっているためです。

しっかりと自分に向き合ってくれず、とにかく転職先を決めようとしてくる担当者には注意が必要。全て担当者の言う通りにする必要はありませんので、納得がいかない場合には自分の意見を伝えましょう。

望んだ条件と異なる求人を紹介されることもある

転職活動を行う上では、すべての条件が希望通りに進むとは限りません。転職エージェントから紹介される求人が、自分が望んでいる条件と異なる部分がある場合も。そのため、自分の中で「譲れない条件」を決めておくことはとても大切です。すべての条件を満たそうと考えると、なかなか転職活動が進まない場合もあります。

ただし、あまりにも条件が合わないと感じた場合には、無理に話を進める必要はないでしょう。自分の中で、希望条件の優先順位をあらかじめ決めておくことをおすすめします。

決め手は保育士専門の転職サービス

保育士転職には、保育士専門転職エージェントをおすすめします。

保育士という仕事は、保護者と幼い子どもを相手にする繊細な仕事であり、アクシデントも日常茶飯事です。保育士ならではの、不安や心配もあることでしょう。保育業界をよく知っている保育士専門アドバイザーだったら、あなたの気持ちをしっかりと聴き取ってくれて、あなたに合った職場を紹介してくれます。

フォローは各社によって差あり

転職アドバイザーのフォロー範囲は様々です。求人紹介は当然してくれます。履歴書や面接のアドバイス、面接日の調整も多くの所がやってくれます。でも、面接同行や条件交渉は、やってくれる所とそうでない所があります。さらに気を付けたいのが、入職後のフォローがあるかないかです。

「働いてみたら、思っていたのと違った」ということもあります。そんな場合にも、入職後のフォローがあれば安心。入職後も一定期間、連絡をいれて状況確認をしてくれるエージェントがおすすめです。

引越しなどの転居が伴う場合の注意点

地方から上京する人向けの、援助がある場合も。地方から上京を希望する場合、転職先だけでなく、住む場所や生活も気になることでしょう。「上京保育士支援」特集をしているエージェントもあります。様々な支援の他に、地域の情報を転職アドバイザーが教えてくれるので、検討してみましょう。

保育士専門の転職サービスを賢く利用する方法

満足のいく転職活動を行うために、どのようにしたら保育士専門の転職サービスを賢く利用できるか、という点を知っておきましょう。4つのポイントに絞ってご紹介しますので、転職サービスを利用する場合にはチェックしておくことをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録

どこか1社だけに登録するのではなく、複数の転職エージェントに登録しておきましょう。その分自分と相性の良い担当者に出会える可能性も高くなりますし、何人かの話を聞いてみることで、より良い転職活動を行えるようになります。加えて、さまざまな求人情報を紹介してもらえますので、保育士の求人に対して目が肥えるというメリットもあります。

1点注意したいのが、あまりにも登録しすぎるとエージェントからの連絡に対応しきれなくなってしまう、ということです。2〜3社登録しておくのがおすすめです。

転職エージェントには定期的な連絡を

転職エージェントには、定期的に連絡を入れることも大切です。これは、転職エージェント側に新しい求人情報が入った場合には、最後に連絡をとった日が近い求職者から順に連絡を入れていくためです。より良い情報を紹介してもらうためにも、1〜2週間に1回を目安として、連絡を入れるようにすることがおすすめです。

また定期的に連絡を入れることで、積極的に転職活動を行っている印象を持ってもらえるため、声をかけてもらいやすくなるというメリットにもなります。

転職サイトでも求人情報を探してみる

転職エージェントに登録した場合、どうしても求人情報を「待つ」という姿勢になりがちです。しかし、受け身になってばかりではなく自分で情報を探してみることも大切です。もし転職サイトを使って自分で良い求人を見つけられた場合には、そのまま応募しても全く問題ありません。待っているだけではなく、自分に合いそうな求人情報を探してみましょう。

場合によっては担当者(キャリアアドバイザー)を変更する

転職エージェントの担当者(キャリアアドバイザー)は、転職活動を行う上で大きなカギとなってくる存在です。相性がよく、親身になって転職活動を一緒に進めてくれる担当者が理想的ですが、必ずしもそうとは限りません。

例えば、自分の話をあまりしっかりと聞いてくれない、あまりにも条件とかけ離れた求人ばかり紹介する、無理に急いで就職させようとしてくる、といった場合には担当者を変更してもらうことも検討してみましょう。特に、自社の利益のために急かすようなことを言ってくる担当者には注意が必要です。

担当の変更を申し出るのは勇気がいることですが、満足できる転職活動を行うためにも大切なポイントといえます。

監修:Simple株式会社からワンポイントアドバイス

佐藤さん

しんぷる
保育
佐藤代表
取締役

comment

見るべき点は「会社として注意すべき会社」と「担当のキャリアアドバイザー」の2点かと思われます。

会社の部分で言えば、個人情報の取扱いが不十分な会社もあれば、強引な営業をかけてくる会社もあります。弊社も、「そういった会社で痛い目を見た」という人を少しでも少なくできればと思っています。ただ、大手だから安心、小さいから安心、とは一概に言いにくく、簡単な見分け方はありません。

担当のキャリアアドバイザーでいえば、例えば「保育士さんの中にもいろんな保育士さんがいる」のと同じように、アドバイザーさんにもいろんな方がいます。しかし、「雰囲気の良い保育園には雰囲気の良い保育士さんが集まって」いるように、エージェントにも、よいアドバイザーが多い会社があって、その中でも個性がいろいろある、と言えます。
可能であれば、保育士仲間や信頼できる方に「すてきなアドバイザーさんを紹介してもらう」ということができれば一番よいかと思います。

弊社でも、保育士さんの相談に乗っていると、よく「友人も一緒にお願いできませんか?」という話しが来ます。アドバイザーにとってもうれしいことですので、気兼ねなくご相談してみてください。
「相性が合わないな。。」という場合や、「ちょっと対応が遅い」といった場合には、会社側に担当変更の依頼をしてみるのもよいかもしれません。

こちらの記事も人気です!

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

【プロが解説】保育士転職で失敗しないポイントまとめ
保育士転職の面接のコツ
保育士転職の職務経歴書のポイント
キャリアアドバイザー面談の注意点
保育士の転職エージェント活用術
保育士転職、わがまま条件はどこまでOK?
保育士転職の履歴書の書き方
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク