保育士になるには大学と短大どちらがいい?違いを解説

公開日: |最終更新日時:

「保育士になりたい」と考えたとき、保育士資格の取れる学校への進学を検討する人がほとんどではないでしょうか。中には通信教育を利用するなどして独学で保育士を目指す人もいるかもしれませんが、卒業と同時に資格が取得できる学校は保育士を目指す一番の近道と言えます。とはいえ、大学・短大・専門学校…どこに行けばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。今回は、それぞれの施設の違いやメリットを紹介します。

大学のイメージ

4年制大学で保育士を目指す

4年生大学で保育士資格を取得する人もいます。4年制大学では保育士だけでなく、外国語や数学などの「一般教養」の授業も必修であることが多いため、保育士以外の内容を学ぶこともできます。さまざまな学部がある総合大学では、学校によって必修科目の内容が異なるので、事前に調べておくと良いでしょう。

メリット

4年制大学のメリットは、幅広い知識を身につけられる点です。4年間かけて保育士についての知識を深め、保育以外の知識を得ることもできるので、短大に比べて余裕のあるキャンパスライフを送れます。幅広く学ぶことで、卒業後の進路選択の道も広がりますね。仮に保育士以外の道を志すことになっても、就職しやすいのが4年制大学のメリットです。

デメリット

デメリットは金銭面での負担です。短大の学費も決して安いとはいえませんが、大学は修学年数が長い分、学費も多くかかります。また、「保育士を志す」と目的がハッキリしている場合、就職が遅れる点もデメリットといえます。保育の現場では即戦力になる人材が必要とされており、実務経験が重要視されます。保育士を目指して進学する場合、短大を卒業した場合よりも、大学に進学した場合の方が保育士デビューが2年遅れることになります。同じ年齢でも大学卒業者は短大卒業者の後輩になり、2年間の実務経験の差が生まれてしまうのです。「大学卒の方が初任給が高いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、保育士業界では学歴による差はほとんどないのが現状といえます。

短大で保育士を目指す

保育士資格を取得する人の半数以上は、短大または専門学校を卒業しています。短大は「短期大学」といわれているので、大学に近い要素もあります。たとえば、保育士以外の一般教養の講義が必修科目になっていることも珍しくありません。大学で4年間かけるところを2年間でギュッと凝縮したのが短大といえます。

メリット

短大のメリットは実習が多いため、就職後に「即戦力」になれる可能性が高いと言えます。保育の現場では学歴よりも実務経験を重要視され、即戦力になる人材が求められています。短大や専門学校では実習という形で何度も保育園で経験を積むため、1年目から主要な仕事を任されるケースもあるようです。

デメリット

短大の最大のデメリットとしては、時間的な余裕の無さが挙げられます。2年間で保育の知識や実技を習得するので、カリキュラムは毎日ぎっしり詰まっています。四年制大学に比べて、キャンパスライフを楽む時間は少ないはずです。実習も毎年2~3回ほどあり、保育園や幼稚園、障がい施設や介護施設など、コースによってさまざまな現場でおこなわれます。これは、バイトや遊びにも時間をかけたいと考えている人にはデメリットと言えるでしょう。

専門学校で保育士を目指す

保育専門学校は、その名のとおり保育士に特化しているのが特徴です。2年間を「保育士になるための勉強期間」として集中して使え、保育に関連する資格の取得も目指せます。

メリット

専門学校も短大と同様に実習がおこなわれているので、卒業後は即戦力になり得ます。実習をおこないながら短期間で就職を目指す専門学校は、保育士という職業と相性が良さそうです。最近では、保育士と幼稚園教諭免許を同時に取得できる学校も増えてきており、保育士を目指す人にとっては魅力的な進学先と言えます。

デメリット

専門学校のデメリットは、保育士以外の仕事に就きにくいことです。専門学校は大学や短大と異なり、保育士関連に絞った授業となります。そのため保育や福祉分野以外の企業に就職を希望する場合、大学卒業の人に比べて就職しにくい傾向があります。就職できても初任給がやや低めになるケースがあるのもデメリットといえるでしょう。

まとめ

保育士資格を取得するには、大学・短大・専門学校の3つの進学の道があります。どの学校にも、メリット・デメリットは存在しますが、保育士になることを優先するなら、大学まで行く必要性は低いかもしれません。自分のライフスタイルや目指したい道に合わせて選びましょう。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育園で受けやすい子供のストレスとは
保育士の服装はどうしたら良い?
仕事に支障が出ない服装とは
子育て支援センターとは?特徴と保育士の役割
保育士として働くときに、
仕事の持ち帰りはどのくらいあるの?
保育士必見!子どもの寝かしつけのコツと寝ない子の対応
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク