保育中の子供のケガ・保育士ができる応急処置について

公開日: |最終更新日時:

保育園の中で起こるトラブルで意外と多いのが、保育中の子供のケガです。小さい子どもは視野も狭く、また注意も散漫になりやすいやめ、不注意から転んでしまったり、玩具などでケガをしてしまったりすることが多いのです。そんな時、ケガをしてしまった子供に対して、保育園で行うべき適切な応急処置とは、どのようなものなのでしょうか。

突発的に起こる子供のケガ・適切な応急処置とは

乳幼児期の子どもの保育を行う場合、どうしても避けて通ることができないのが、突発的に起こる事故による子どものケガです。もちろん保育士は、保育中の子どもたちがケガなどしないよう注意深く見守っていく義務があり、これを実践されていると思います。しかし、どんなに注意を払っていても、元気に遊ぶ子どもたちの突発的な事故によるケガを完全に防ぐことは不可能です。そのため保育士には、そうした子供がケガをしてしまうリスクを少しでも減らせるよう、環境を整えるなど安全に過ごすための配慮はもちろん、ケガをしてしまった場合の応急処置の方法を覚えることも求められるのです。そこで、保育士が覚えておきたい応急処置の方法を、起こりやすいケガごとにまとめてみました。

擦り傷や切り傷などの応急処置

保育園で起こる子供のケガで最も多いのが、擦り傷や切り傷です。日常的にも最も起こりやすいケガで程度的には軽傷と言えますが、処置をせずに放置したことで傷口から雑菌が入り、傷が化膿してしまうこともあります。小さい傷だからと言って甘くみず、下記のように応急処置を行いましょう。

  • ケガの状態を確認し、傷口に着いた土などの汚れを水でしっかりと洗い流す。
  • 出血がある場合は、ガーゼで直接傷口を10分程度圧迫して止血します。ガーゼがない場合は清潔なタオルやティッシュなどでも大丈夫です。
  • 出血が止まりにくい場合は、傷口のある個所を心臓より高い位置にして、安静にさせます。
  • 止血ができたら、絆創膏などの被膜材等で傷口を保護します。

出血を伴うケガの応急処置をする時は、血液からの感染症リスクを避けるため、応急処置は医療用の手袋をして行い、血液が付着してしまった場所も消毒するようにするのがおススメです。また、傷口が大きく深かった場合、出血が多く心臓より傷口を高くしても、止血できないこともあります。そうした場合は、速やかに医療機関へ搬送して医師の治療を受けてください。

咬傷の応急処置

子どもの嚙みつきによるケガ「咬傷」を負ってしまった場合、多くは内出血の症状に留まりますが、きつく噛んでいる場合は患部から出血をしてしまったり、酷い腫れを起こすこともあります。咬傷の応急処置としては次のようなことが挙げられます。

  • 傷口を確認し、水でしっかりと洗う。
  • 出血をしている場合は、ガーゼ等で傷口を10分程度圧迫して止血をする。
  • 出血が止まったり、傷口が青くなっている場合は、氷水で患部を冷やして安静にする。

咬傷の場合、患部を揉んだりすると炎症がかえって酷くなることがあるので、絶対に避けるようにしましょう。噛んだ時に歯が刺さってしまったり、出血がひどい場合は、速やかに医療機関を受診することが大切です。

捻挫・骨折などの応急処置

ジャンプして着地を失敗する、走っていて足をくじいてしまう、遊具から落ちてしまうなどで起こりやすい捻挫や骨折も、保育中に起きやすいケガの一つに挙げられています。捻挫や骨折の場合は、次のような応急処置が求められます。

  • 腫れが強かったり、患部が赤くなっている場合は、氷水や保冷剤で患部を冷やします。
  • 子どもが動かしにくそうで痛みも強く、骨折の疑いがある場合は、幅木を当てて三角巾で固定し、医療機関を受診します。

捻挫や骨折の場合、痛みが強いため子どもがパニックになりやすくなります。応急処置を行い医療機関を受診することも大切ですが、その間子どもの気持ちに寄り添い、安心させ落ち着かせるのも保育士の対応として重要になります。

すぐに医療機関の受診が必要となるケガ

子供のケガは、保育中だけでなく日常生活を送る上でも、避けることのできないものの一つです。その中でも、事故が起こった時に特に注意してすぐに医療機関の受診が必要となるのが、「頭部打撲」「動物による咬傷」「目の刺傷」「歯折」です。頭部や目へのケガは後に大きな症状につながる危険性があり、咬傷は狂犬病などの感染症の恐れがありますので、直ちに医療機関で適切な治療を受けることが重要です。また、折れた歯の再植のタイムリミットは2時間とされていますので、折れた歯は洗わず「歯牙保存液」に入れて保存し速やかな受診が求められるそうです。そして医療機関を受診する場合はもちろん、子どもがケガをしてしまった時は、すぐに保護者に連絡をして保険証を持ってきてもらうよう依頼するとともに、ケガをしてしまった経緯など詳しく説明し、謝罪をすることも大切となります。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士転職サイトの「祝い金」とは?
保育士が解説!
挨拶ができない子どもに見られる理由と対策
子どもの五感を育む「はだし保育」のメリット・デメリット
保育士が知っておきたい
子どもの朝の受け入れ時のコツと注意点とは?
保育士が不足している原因とは?
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク