中卒でも保育士になれる!
資格を取得する方法を紹介

公開日: |最終更新日時:

「中卒は保育士になれない」と思っていませんか?中卒でも、受験資格などの条件を満たせば保育士を目指すことができます。今回は、中卒から保育士資格を取得する方法を紹介します。

資格の勉強をしているイメージ

保育士は中卒でもなれる

保育士は中卒でもなれます。学歴だけを理由にあきらめる必要はありません。保育士の仕事は多岐にわたり、大変なこともありますが、子どもたちの成長を近くで見守ることができる、やりがいのある仕事です。保育士資格を取得するには一定の条件がありますが、中卒からでも受験資格を満たすことができます。

中卒から保育士資格を取得する方法は2パターン

中卒から保育士資格を取得するには、「指定保育士養成施設に入学・卒業する」方法と、「5年以上の実務経験を積む」方法があります。詳しくみていきましょう。

指定保育士養成施設に入学・卒業する

指定保育士養成施設とは、保育士になるための学校です。大学・短大・専門学校があり、保育士になるために必要な科目の授業を受けたり実習をしたりします。「幼児教育学科」というコース名になっている施設が多いですね。どの養成校に入学しても、卒業とともに保育士資格が取得できます。また、ほとんどの学校で、「幼稚園教諭免許」も同時に取得できるよう科目が設定されています。なかには「保育士のみ取得できるコース」や「ホームヘルパー2級と保育士資格が取得できるコース」など、特殊なコースを展開している学校もあるので、気になる養成校をチェックしてみましょう。ただし、保育士養成校は入学条件を「高校卒業」としているため、中卒の場合は、まず「高卒認定試験」に合格し、高卒の資格を取得しましょう。

5年以上の実務経験を積む

児童福祉施設や、その他の児童・養護にかかわる施設で「5年以上、7200時間以上の実務経験」があれば、保育士の受験資格が認められます。該当する施設には、以下のようなものが挙げられます。

  • 幼保連携型認定こども園
  • 児童養護施設
  • 乳児院
  • 保育所(定員20名以上)
  • 児童発達支援センター

また企業内保育園や院内保育、放課後等デイサービスなどの施設は、受験資格認定を申請し、都道府県によって認められると受験資格を得られます。実務経験としてカウントできるかどうかの基準・判断は全国一律ではありません。都道府県が認可している施設でなければ、実務経験に含むことができなくなるので、実務経験のある人は、施設長や都道府県の役所に確認しましょう。受験資格が認められると、保育士試験を受けられます。合格すると保育士として勤務できるルートです。「5年以上7200時間」は長いですよね。高卒認定試験に合格すると、高卒扱いになるため時間が短縮され「2年以上2880時間」になります。

高卒認定試験とは?

高卒認定試験とは、「高等学校卒業程度認定試験」のことをいいます。さまざまな事情により、高校を卒業していない人でも試験に合格すると高校卒業と同等の学力があると認められる制度です。

受験の対象者 16歳になる年度から
開催時期 年2回(8月・11月)
試験科目 国語・公民・数学・理科・地理歴史・外国語

資格取得には、8~10科目の合格が必要とされています。合格した科目は次回の試験で免除されるため、自分のペースで取得できるでしょう。ただし、18歳未満で高卒認定試験に合格しても、養成校に通えるのは18歳以降になるので注意してくださいね。

高卒認定試験に合格し養成校に入るのがおすすめ

養成校に通う方法、実務経験を積む方法、どちらを選ぶにしても「高卒認定試験」を受けることをおすすめします。なぜなら、今のままでは保育士資格の取得まで、かなりの年月がかかってしまうからです。合格後は、できるなら養成校に入学しましょう。進学が最短です。例を挙げてみましょう。

  • 短大に2年間通う→卒業と同時に保育士資格を取得できる
  • 実務経験として週に20時間の保育補助パートをする→7年半(7200時間)後、保育士試験を受ける→合格すると保育士資格が取得できる
  • 高卒認定試験合格後に週5日・4時間勤務する→約2年9か月(2880時間)後、保育士試験を受ける→合格で保育士資格取得

養成校への進学は、高卒認定試験の合格が必須になりますが、卒業と同時に保育士の資格を取れるので、最短2年で保育士になれます。一方、実務経験を積むとなると、経験年数を満たしてから試験を受けなければ資格をもらえないので、保育士になるまでの道のりが1段階増えます。また、保育士試験は難易度が高めです。1度では合格せず、落ちた経験のある保育士さんも少なくありません。費用はかかりますが、やはり養成校が近道です。

まとめ

少子化が問題視されている昨今ですが、まだまだ保育士の人手不足は深刻です。子どもが好きな人なら、保育士の仕事にやりがいを感じられるでしょう。中卒だからという理由で諦めていた人も、この機会に保育士資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士は結婚指輪もつけられない?アクセサリー事情について
保育士は長期休暇が取れない?その理由とは
子どもの五感を育む「はだし保育」のメリット・デメリット
保育園に夏休みはあるの?保育士の夏休み事情
運動会の保育士の服装は?適した服装と注意したい服装
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク