保育士必見!
ままごと遊びをする時のコツや注意点を紹介

公開日: |最終更新日時:

ままごと遊びをする時のコツと注意点を紹介します。ままごと遊びを取り入れようと考えている保育士は必見です。

ままごと

ままごと遊びは年齢に合った援助・配慮をしよう!

ままごと遊びは、年齢に合った援助や配慮をしないと、子ども達同士のトラブルを招いたり、ケガをさせたりする原因になりかねません。年齢に合った援助や配慮をして、子ども達の健やかな成長をサポートしましょう。

ままごと遊びの年齢別の援助のコツ

年齢別にままごと遊びの援助のコツを紹介していきます。子ども達の援助をする際は、以下のポイントをふまえて関わっていきましょう。

1. 0歳児のままごと遊びのコツ

0歳児のままごと遊びでは、玩具を多めに用意するのがポイントです。まだ友達を認識していない年齢のため、子どもが一斉に玩具を使える状態でないと、癇癪を起してトラブルに発展する恐れがあります。自分本位にしか物事を進められない年齢なので、手や口が出てしまうケースも少なくありません。危険がないように配慮して、ケガを未然に防げる体制を整えましょう。

2. 1歳児のままごと遊びのコツ

1歳児のままごと遊びでは動ける範囲が広がるので、0歳児よりも注意が必要です。まだ他者よりも自分を優先する年齢なので、友達が持っている玩具を奪い取る子が出てきます。0歳児の時は泣いたり、周囲の物を噛んだりするだけで済んでいましたが、1歳児は引っ張り合って転倒する危険性もあります。トラブルが起きたときは保育士が間に入り、子ども達同士のやり取りをサポートすることが大事です。

3. 2歳児のままごと遊びのコツ

2歳児は自己主張が強く、ままごと遊びをする際に友達間でトラブルが起きやすくなります。子ども同士のトラブルが起きた時は、相手に自分の気持ちを伝えるように促す必要があります。また、園児がお互いに一歩も譲らない時は保育士が間に入り、相手の想いを伝えることが大切です。2歳までは友達と一緒に過ごすのは難しい年齢のため、無理に周りとの関わりを持たせる必要はありません。夢中になっている物があるときは、そのまま楽しむ様子を見守りましょう。

4. 3歳児のままごと遊びのコツ

3歳児になると、他者に興味を持ち始める子が出てきます。他者や遊びに興味が持てるように、3歳児のままごと遊びでは保育士が遊びの中に入るのがポイントです。友達と一緒に遊ぶことで他者との関わり方を覚えていくため、子どもの世界観を壊さないように援助しましょう。トラブルになった際は双方の気持ちを受け止めつつ、相手の気持ちを考えさせる声掛けをすることが大事です。

5. 4歳児のままごと遊びのコツ

4歳児のままごと遊びでは、子ども達に考えさせることが重要です。どのようなままごと遊びをするか子ども達に話し合わせ、保育士は話を膨らませるためのアドバイスをしていきます。基本的には子ども達の様子を見守り、遊びの輪に入れない子がいたら必要に応じてサポートをしましょう。トラブルが発生した時はなるべく見守り、危険性があったり、話が進まなかったりする場合のみ介入します。

6. 5歳児のままごと遊びのコツ

5歳児のままごと遊びでは、遊びのイメージが膨らむように、色々な経験をさせるのがコツです。機会があれば戸外活動で、スーパーなどを見学するのも一つの方法です。子ども達のイメージが膨らむ機会を率先的につくり、どのようなままごと遊びがしたいのか、子ども達に決めてもらいましょう。イメージを実現させるために子ども達が困っていることがあれば、必要に応じて手を差し伸べます。一人ひとりの個性も受け止めつつ、友達の考えに耳を傾けられるように声掛けをしていくのがポイントです。

ままごと遊びの注意点

ままごと遊びをする際は、子どもの発達段階を見極めて、適切な声掛けをするようにしましょう。時期によっては、遊びに興味を持っている子、他者に興味がある子の2通りに分かれます。ままごと遊びの準備をしたから皆で遊んで欲しい、とお願いするのではなく、その子が興味を示すものから勧めるのがおすすめです。観察しているうちに、心を開くタイミングが掴めるようになります。

ままごと遊びで子ども達の想像力・コミュニケーション能力を養おう!

ままごと遊びを取り入れると、子ども達が自由に発想して遊ぶため、想像力を養うことに繋がります。また、年齢を重ねて他者と関わるようになった子であれば、コミュニケーション能力を育むきっかけになります。得手不得手は園児によって異なるため、子ども一人ひとりの特性を見極めて、それぞれに合った声掛けや援助を行いましょう。遊びを強要したり、他者との関わりを無理強いしたりすると、遊ぶことへの興味が薄れてしまう可能性があります。長い目で見守り、園児達の成長に繋がる援助を行うことが大事です。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士が転職する際に必要な書類を紹介!保険の手続きも忘れずしよう
保育中の子供のケガ・保育士ができる応急処置について
保育士の繁忙期はいつ?その理由や忙しい時期の乗り越え方を解説
『保育士 1年目…みんなのあるある』まとめてみました
保育士が転職するデメリットとは?転職する前に考えをよく整理しよう
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク