車通勤が可能な保育園で働くメリット

公開日: |更新日:

毎日の通勤。少しでも自分のライフスタイルに合う方法で通勤したいと考える人は少なくありません。保育士さんの中には「車通勤可」の求人を探している人もいるでしょう。ここでは、車通勤可の保育園に転職したい保育士さんに向けて、車通勤のメリットやデメリット、車通勤可の求人を探すときの注意点などをまとめました。

一般的な通勤方法

都市部の一般的な会社では、営業職など移動や荷物運搬が多い一部の職種以外では車通勤が認められていないことも多いです。 ではどのような通勤方法が一般的なのでしょうか。通勤方法として考えられるのは次のようなものがあります。
  • 電車やバスなどの公共交通機関
  • 徒歩
  • 自転車
ただし自転車は、会社によっては認められないこともあるため注意が必要です。一般的には、近くなら徒歩、距離があるなら電車やバスなどの公共交通機関を使用します。 バイクや自動車は、通勤中の事故の懸念と労災との兼ね合いから、公共交通機関が発達しているエリアの会社では禁止されていることが多いです。保育士も例外ではありません。公共交通機関が少ないエリアでは、車通勤を認めないと働き手を確保できないため、車通勤が認められる傾向があります。車通勤をしたい場合は、都市部より出会える確率が上がる地方の保育士求人を探すのがおすすめです。

自動車通勤のメリット

自分のタイミングで通勤できる

電車やバスを利用すると、会社の始業時間に間に合う便に乗る必要があります。遅延を見越して、少し早めの便に乗ることもあるでしょう。決まった時刻に間に合わない場合は、次の便を待つことになります。自分のタイミングではなく、交通機関の時刻に合わせて出発しなければいけません。また、目的地に到着してから始業までに時間が空いてしまうこともあります。カフェで時間を潰している人も少なくありません。自動車通勤なら、自分のタイミングで出発でき、早めに到着しても時間まで車内で過ごせます。

荷物の持ち運びが楽

通勤バッグは重たくなりがちです。肩にかけて公共交通機関に乗ると肩こりや腰痛の原因になることもあります。車なら、バッグを持って移動する必要がありません。重たい荷物のストレスから解放されるでしょう。また、重たい荷物を運ぶことも可能です。仕事に必要な機材やパソコンなどを運ぶときも、負担を軽減できます。

天候のストレスが少ない

雨の日の電車やバスは、濡れた傘が服に触れるなど、ストレスが少なくありません。また、家から乗り場までの移動中も濡れてしまい、朝から気分がダウンする人もいるでしょう。雨や風の影響で、遅延する可能性もあります。自動車でも、雨の日は滑りやすいなど注意は必要です。しかし、雨に濡れることは少なく、悪天候でも比較的ストレスなく通勤できる方法と言えます。

自動車通勤のデメリット

交通事故に遭う危険がある

自働車通勤の一番のデメリットは、交通事故の危険です。他の車との衝突や巻き込みだけではなく、自損事故の可能性もあります。歩行者や自転車を巻き込む事故にもなれば大変です。事故に遭ってしまうと、遅刻することになるでしょう。運転に気を付けることはもちろん、体調によっては公共交通機関を利用するなど、臨機応変な対応を心掛ける必要があります。

道路状況に左右されやすい

自働車通勤は、渋滞などの道路状況に左右されやすいのが特徴です。渋滞に巻き込まれても、身動きが取れません。月曜日や雨天は混雑しやすいなど、傾向が分かっているものは早めに出るなどの対処ができますが、突発的な道路状況の変化が起こると、その時点での対処は困難です。遅刻を想定して早めに出発する必要があると、時間の節約にはならないかもしれません。

運転につかれる

公共交通機関は、乗ってしまえば、何も考えなくても自動的に目的地に到着します。しかし自動車は、自分で運転しなければ目的地に着きません。車の運転では、様々な神経を使います。毎日の運転で神経が疲れる人もいるでしょう。また長時間の運転になると、同じ姿勢を続けることで腰が痛くなるなど、肉体的な疲労も溜まる可能性があります。

雪の日は大きなリスクになる

雪の日は、スリップするリスクが格段に高まります。チェーンを装着する手間も必要です。また、霧が出ていると視界が悪くなります。雨天でストレスが溜まりにくいのはメリットではありますが、雪や霧などの天候には注意が必要です。

電車・バス通勤のメリット

到着時刻が予測できる

電車通勤は、予定時刻通りに到着することがほとんどです。急病人などで多少遅れることがあっても、到着時刻の予測がしやすい通勤手段だと言えます。バスは電車ほど時刻に忠実ではありませんが、それでもある程度の予測は可能です。大きな遅延が発生した場合は、遅延証明書も発行されます。公共交通機関の遅れが原因で遅刻をしても、怒られることはないでしょう。

移動時間で好きなことができる

電車・バスで移動している時間は、乗り物に乗っているだけなので、自分の時間です。スマートフォンで調べものやニュース・メールチェック、動画視聴などができます。電車なら読書も可能です。資格の勉強をしている人もいます。目を閉じて脳を休めるのも良い時間の使い方です。移動時間を有意義に使えます。

運動になる

自働車通勤では、家を出てから会社に到着するまで、ほとんど運動をしません。しかし、電車・バス通勤の場合、家から駅やバス停まで歩いたり、駅の階段を上り下りしたりと、運動の量が増えます。立って乗っているだけでも、筋力アップに有効です。あえてエスカレーターを使用せず、階段を使用すると運動不足の軽減につながります。

電車・バス通勤のデメリット

ストレスが溜まる

電車・バス通勤の一番のデメリットは、ストレスです。特に通勤ラッシュのストレスは、神経を疲れさせてしまいます。朝と夕方は数時間ラッシュが続くこともあります。学生の登校時間と重なる時間帯では、都市部の電車やバスは人が押し込められて、身動きができないほど混雑する時間帯もあるでしょう。ラッシュ時の公共交通機関は、パーソナルスペースが確保できないため、大きなストレスになります。週5日の電車・バス通勤にうんざりしている人は少なくありません。長時間の電車通勤は、身体的にも負担がかかります。

遅延が数時間回復しないことがある

最近は、非常用停止ボタンの過度な使用による長時間の電車遅延のニュースをよく見かけます。線路上に石が乗っているなど、何か予期せぬトラブルが起こると、点検などで長時間の遅延が発生するのが電車通勤のデメリットです。振替輸送などが用意されることもありますが、どうやって会社に行くべきかルートを考えなくてはいけません。バスの場合は、道路工事や交通事故などの道路状況によって運転の見合わせが発生する可能性があります。天候によっては、電車もバスも運休するでしょう。大幅な遅延や運休などは、上司と相談しながら対処する必要があります。

バイク・自転車、徒歩通勤のメリット

交通費がかからない

自転車と徒歩通勤は、交通費や燃料代がかかりません。自転車は駐輪場代がかかりますが、電車賃やガソリン代と比較すると安いでしょう。交通費が支給される職場なら交通費はあまり問題になりませんが、交通費が支給されないケースや上限額があるケースもあります。交通費が自己負担の場合、自転車・徒歩通勤の費用負担の少なさは、大きなメリットです。

渋滞に巻き込まれない

徒歩、自転車、バイクは、車の交通渋滞に巻き込まれることが基本的にありません。特に徒歩や自転車は、細い道や迂回ルートに進むことが簡単です。バイクは車の横を通れるので、車より小回りが利きます。もちろん、道路交通法の範囲を守らなければいけませんが、車と比較して、進まないストレスを感じることは少ないでしょう。

運動になる

自転車と徒歩通勤は、毎日の運動としてのメリットがあります。特にふくらはぎをよく使うため、むくみ防止や血行改善につながりやすいです。夏は暑いかもしれませんが、冬は職場につく頃には全身が暖まっているでしょう。仕事前に血行が良くなり、仕事もテキパキこなせます。外の空気を吸いながらの軽い運動なので、リフレッシュとしても効果的です。

バイク・自転車、徒歩通勤のデメリット

天候によっては通勤しづらい

雨の日や雪の日、風が強い日は、通勤しづらいと感じる人が少なくありません。徒歩の場合は傘をさす人が多いですが、足元が濡れてしまいます。強風で雨が降っていると傘が役にたちません。また、自転車やバイクは、レインコートを着る必要があります。雨に濡れると体が冷えて、風邪をひいてしまうかもしれません。自転車とバイクは、雨の日は滑りやすく危険もあります。また、晴れている日と比較して、通勤に時間がかかるため、少し早く出るなど工夫が必要です。

気温のダメージを受けやすい

天候と同様に、気温も身体に影響しやすいので、夏と冬は通勤しづらいかもしれません。特に真夏の徒歩通勤は熱中症の危険もあります。紫外線のダメージも強く受けてしまいがちです。UVケアをしっかりとして、服装などで調節する必要があります。

交通事故のリスクがある

公共交通機関と比較すると交通事故に遭うリスクが高いです。徒歩の場合は、巻き込まれるケースになりますが、自転車とバイクは、スリップによる転倒のリスクが高い乗り物です。毎日の通勤に使うと、リスクは上がります。自動車や徒歩の人との接触にも注意しなければいけません。視界が悪い場所や交通量が多い場所など、交通事故が起きやすい要注意エリアもあります。住宅街や狭い道では周りをよく確認することと、方向を変えるときは車の動きにも注意しましょう。

自動車通勤の通勤手当について

通勤手当とは?

通勤手当とは、会社が従業員に支払う手当のひとつです。通勤にかかる費用を負担してくれます。一般的には、多くの保育園で通勤手当が支給されますが、すべての保育園で支給されるわけではないため、求人情報を見るときは、通勤手当が支給されるかどうかチェックすることが大切です。通勤手当は法律で義務付けられているものではないため、支給されていなくても問題はありません。ただし、通勤手当の支給がない保育園は、他の福利厚生にも不安があります。また、通勤手当が支給される保育園でも、電車・バスに限定されていたり、支給金額に上限があったり、通勤距離によって支給の有無が変わったりするケースもあるので、支給条件もチェックすると良いでしょう。

自動車の通勤手当の金額

一般的には、自動車通勤手当の金額は以下のように算出されます。
  • 往復通勤距離×所定勤務日数×ガソリン単価÷燃費基準
燃費によって金額に差が出る可能性があります。

自動車・自転車の通勤手当の非課税額

マイカー・自転車での通勤手当は以下の範囲で非課税です。1ヶ月あたりの片道の通勤距離によって決まっています。
片道の通勤距離 1ヶ月あたりの限度額
2km未満 全額非課税
2km~10km未満 4,200円
10km~15km未満 7,100円
15km~25km未満 12,900円
25km~35km未満 18,700円
35km~45km未満 24,400円
45km~55km未満 28,000円
55km~ 31,600円
非課税の限度額を超える部分は、給与として扱われ、所得税・復興特別所得税の課税対象になります。

車通勤可の保育士求人を探すポイント

「車通勤可」の条件検索

求人票を探すときに、「車通勤可」といったキーワードで絞り込んで検索してください。「マイカー通勤OK」という記載のこともあります。通勤中の事故に責任を取れないという理由からマイカー通勤が禁止されている保育園も少なくありません。一つずつ求人票をチェックしていると時間がかかるため、条件を絞って探すと見つけやすいです。

転職サービスの利用

転職サービスを利用すると、アドバイザーが情報を提供してくれます。車通勤ができる保育園や通勤手当の規定、駐車場の有無も教えてもらえるので、自分で探す必要がありません。自分に合う保育園の求人が分からないという場合は、利用しやすいサービスです。

駐車場の有無をチェック

駐車場を自分で確保しなければいけないとなると、大きな費用がかかります。保育園に職員用の無料駐車場があるかどうか確認してください。また、駐車場の場所が保育園の傍にある方がいいでしょう。

ガソリン代の支給の有無をチェック

マイカー通勤が許可されていても、ガソリン代の支給がない園もあります。手当としてガソリン代の支給があるかどうか、また支給額について確認しておくことが大切です。

マイカー通勤可の求人は転職アドバイザーに相談!

車通勤は、交通事故のリスクから、許可されていない保育園も少なくありません。自分で「マイカー通勤可」の求人を探しても、いいところが見つからない可能性もあります。マイカー通勤を希望する場合は、他にも駐車場の有無やガソリン代の支給など、確認すべきことが複数あり、確認せずに働き始めてしまうと、思わぬ出費になるかもしれません。そのようなトラブルを回避するためには、マイカー通勤可の求人は、転職アドバイザーに相談することがおすすめです。マイカー通勤可の求人情報に絞って、必要な情報を教えてもらえます。上手く活用して、希望の保育園に転職しましょう。
Facebookで共有する
LINEで共有する

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育園での遊び★「色探しゲーム」のねらいと遊び方
【保育士向け】運動会の競技アイデア10選!
ねらいも紹介
保育士試験における「造形」とは?
試験内容や対策を紹介
保育士の勤務時間は長い?休憩時間はある?実態を紹介
保育中に地震が起きたら!心構えと対応方法
 
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
3サイトをチェック

当サイトでは、たくさんある各社公式の転職サイト(エージェント)の中から「保育士 転職」とGoogleで検索した際に表示された上位30社を調査。
転職エージェントを利用するときに気になる口コミ数、求人数、知名度それぞれのNo.1企業3社をピックアップして紹介します(※)。

口コミ数No,1!しんぷる保育 求人数No,1!保育士バンク 知名度No,1!マイナビ保育士
Google口コミ数:246件/4.9点 公開求人数:45,552件 認知度調査4年連続No.1

引用元HP:https://simple-hoiku.com/

引用元HP:https://www.hoikushibank.com/

引用元HP:https://hoiku.mynavi.jp/

関東で自分にピッタリの
職場が見つけられる

保育士に聞いた、
口コミ数No,1!

しんぷる保育
Google口コミ数:246件/4.9点

とにかくたくさんの職場を
紹介してくれる

保育士に聞いた、
求人数No,1!

保育士バンク
公開求人数:45,552件

全国的に有名で
安心して任せられる

保育士に聞いた、
知名度No,1!

マイナビ保育士

認知度調査4年連続No.1

(※)2023年6月時点で「保育士 転職」とGoogleで検索した際に表示された上位30社を当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…Googleビジネスプロフィールの口コミ数
保育士バンク…公式サイトの公開求人数。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/
マイナビ保育士…保育士転職サイト4年連続認知度No.1 ※GMOリサーチの調査結果。参照元URL:https://hoiku.mynavi.jp/