夜間保育所の保育士の仕事内容を紹介!

公開日: |最終更新日時:

ここでは、夜間保育士の仕事内容について紹介しています。夜間に働こうと考えている保育士さんは、下記の業務内容を踏まえたうえで転職を検討してみてください。

夜間保育士

夜間保育とは?

夜間保育は、夜間働いている保護者のための保育サービスのことです。病気やケガで一時的に子どもの預け先を探している人にも、夜間保育所は利用されています。一般的には18時以降の保育を、夜間保育と呼んでいます。

保育所によって開園時間は異なる

夜間保育を行っている保育所の多くは、19~20時頃まで子どもを受け入れています。ちょうどその頃に仕事が終わる人が多いので、閉園の時刻も一般企業にあわせている保育所がほとんどです。

19~20時まで開園している保育所の場合、日中保育を行った後に、延長保育として子どもを受け入れています。開園前から働いている早番の人は帰社するため、遅番の人が夜間保育を担当することになります。

都市部では24時間体制の保育所がある

都市部では、夜間に働いている人が多くいるため、20時以降も開園している保育所があります。深夜保育・ベビーホテルなどと呼ばれており、夜間に働いている人達が利用しています。なかには、24時間体制で開園している保育所もあり、一定の需要があるようです。ただ、全国的にみても数は少なく、深夜開園している保育所は都市部に集中している状態です。

認可保育園は最大11時間までと決められている

深夜の時間帯に開園している保育所の多くは認可外保育園ですが、中には認可保育園で深夜保育を行っているところもあります。ただし、認可保育園の場合は、標準保育時間が決まっていて、子どもを受け入れられるのは最大11時間までとなります。

夜間保育所の仕事内容

夜間保育所では、子どもが睡眠をとるまでの保育がメインとなります。ここからは、夜間保育士の仕事内容を紹介していきます。深夜に開園している保育所で働こうと考えている保育士さんは、ぜひ参考にしてみてください。

1. 登園してくる園児の対応

延長保育で18時以降も子どもを預かる場合は、そのまま園児を引き続きみることになります。一方で、24時間体制の保育所では、18時以降になると続々と園児が登園してくるので、迎え入れる準備をする必要があります。

夜間保育では登園して2~3時間後には就寝時間に入るため、保護者が来るまではゆったりとして過ごすことが大切です。園児が興奮しないように、穏やかなトーンで接するように心掛けましょう。

2. 食事の介助

朝方まで園児を預かる場合は、食事の介助も行います。就寝時間が迫っているので、手早く食事を準備し介助をしていきます。

3. 沐浴・入浴の介助

保育所によって異なりますが、沐浴や入浴の介助を行うところもあります。20~21時には就寝時間を迎えるので、順番を考えてスムーズに入浴させる必要があるでしょう。入浴施設がない場合は、食事の介助を行って園児と少し遊んだ後、就寝準備に入ります。

4. 寝かしつけ

20~21時頃になると子ども達を寝かしつけて、保護者が迎えに来るまで見回りを行います。就寝時間もおむつ交換やトイレ介助を行い、子ども達に異変がないか、こまめにチェックします。

5. 連絡帳の記入

園児が就寝した後は、見回りを続けながら連絡帳の記入を済ませておきます。また、書類作成や行事の準備が残っている場合は、就寝時間に進めていきます。24時間体制の保育所の場合は、大体0時頃から続々と保護者が迎えに来るので、21~23時頃までの間に連絡帳の作業を終わらせておく必要があるでしょう。

6. お迎え対応

24時間体制の保育所では、0時前後から保護者が子ども達を迎えに来ます。日中保育とは異なり、保護者が迎えに来るタイミングがバラバラなので、他の園児を起こさないように該当の園児だけを連れ出します。

夜間保育は深夜割増料金が適用される

夜間保育士の給与は、日勤の保育士に比べると給与が高い傾向にあります。22時から翌朝の5時まで割増賃金が発生するので、夜勤に抵抗がない保育士さんは夜間保育所に転職するのも一つの手です。

認可外・認可保育園で利用層は大きく異なる

認可外と認可保育園では、利用層が大きく異なる可能性があります。また、保育所がある地域によっても利用層が変わるので、よく確認したうえで転職先を決めることが大事です。

認可保育園に比べると、認可外保育園は手続きが簡単なため、夜の街で働いている方や外国籍の方が集まりやすい傾向があります。特に、飲み屋街の近くにある保育所は、飲み屋街で働く保護者が預けている可能性が高いといえます。ただ、オフィス街やクリニックが多い地域だと、夜間に働くサラリーマン・看護師・医師が、子どもを預けているケースが多いようです。

夜間に働くことに抵抗がない人は夜間保育士を目指してみよう!

夜間保育士は日勤とは異なり、アクティブに遊ぶことはほとんどありません。比較的穏やかに過ごせるので、ゆったりと保育を行いたい方におすすめです。また、給与も日勤より高いため、給与のアップを目指している保育士さんにも向いているでしょう。夜間保育士に興味のある方は、ぜひ挑戦してみてください。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士の読み聞かせに活躍する人気の絵本をご紹介
保育士が知っておきたい
子どもの朝の受け入れ時のコツと注意点とは?
パラバルーンとは?遊び方を解説
主任保育士の役割や仕事内容をチェック
【保育士向け】初めての担任でも大丈夫!
クラスをうまくまわすコツ
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク