保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » 3年は続けるべき?保育士が転職を考えるのに良い勤続年数の目安

3年は続けるべき?保育士が転職を考えるのに良い勤続年数の目安

公開日: |最終更新日時:

「石の上にも三年」といったようなことわざもあるように、私たちは日頃から「3年」という期間を、無意識に「節目」として考えています。そのためか、保育士の転職希望者数も勤続3年目に増える傾向があるようです。

「3年」は区切りの年数?保育士3年目に転職希望者が増えるワケ

働く方に対する厚生労働省の調査でも、ちょうど勤続3年目という年は転職希望者が増える傾向にあることが分かっています。もちろんこれは保育士も例外ではありません。ではどうして、3年目に転職を希望する方が増えるのでしょうか。その要因としては、次のようなことが挙げられています。

仕事に慣れてきて、これからを考える余裕が生まれる

保育士として働き始めたばかりの1年目は、初めてのことばかりで目の前の仕事に一生懸命取り組むことで、精一杯な日々を送っている方がほとんどでしょう。ところが3年がたつ頃には、忙しい保育士の仕事にも慣れてきますので、自分なりの仕事のペースも出来上がり、少し余裕というのが生まれてきます。すると、周囲のことも良く見えてきますので、「私、本当にこのままでいいのかな?」という、自分のこれからを考えるきっかけも生まれやすくなり、これが転職希望が増える要因の一つとされています。

仕事量の増加と板挟みになりやすい人間関係

保育士3年目になると、一通りの仕事は一人でこなせるようになりますので、もう新人保育士とは見られなくなります。そのため、新人保育士のフォローや指導担当など、普段の仕事にプラスして新たな仕事を任されるようになってきます。色々な仕事を経験できることは自分のスキルアップにつながりますが、ただでさえ忙しい保育士の仕事がさらに忙しくなり、それが転職を考えるきっかけとなるそうです。また、新人のフォローや指導担当になると、新人と先輩の間で板挟みになることも少なくないそうです。そうした人間関係のストレスも、転職を考えやすくなる要因といえます。

プライベートにも目を向けられるようになる

勤続2年目くらいまでは、仕事を始めたばかりということもあり、プライベートよりも仕事の方に意識がいきがちになります。ですが仕事に慣れてきた3年目ともなると、これまで二の次になっていたプライベートのことにも、目を向ける余裕が出てきます。結婚や出産といったことにも真剣に向き合うようになり、今よりもプライベートを充実させられる環境に移りたい、という気持ちが大きくなりやすくなります。

勤続3年目での転職は有利に働く?そのメリットとは

3年目、仕事量の増加や人間関係のストレスなどをポジティブにとらえて、今の職場で頑張っていくのも一つの選択です。ですがよく考えて続けるのではなく転職を選択されても、それはあなたにとって決してマイナスな事ではありません。むしろ、3年間頑張って働いたことは、あなたの転職にとってメリットとなることが多いのです。

・3年務めたということが評価の対象になる

保育士を採用する側の園としては、できるだけ採用した保育士に続けてほしいと考えています。ですので、3年間勤務したという職歴は、面接官にとってすぐに辞めてしまうかも、というリスクが少ない人という印象が持てるポイントとなってくれるのです。

・保育士として即戦力になる

保育士として3年間務めたということは、保育士として必要な経験が十分にあると判断できます。そのため、採用する側としても即戦力として迎えることができる、とても魅力的な人材として映ることでしょう。また転職する側としても、これまでとは違う新しい環境での仕事でも、3年間の経験がベースにあるため順応しやすいというメリットになってくれます。

・勤務の待遇が改善されやすい

3年目というタイミングは、保育士としての待遇を見直すにもちょうどよい時期とされています。保育士になって3年目になると、職場次第で給料などの待遇差が現れやすくなります。現在の待遇を改善したいとお考えでしたら、他の園と比較して転職に踏み切るのも良いでしょう。

「3年」にこだわる必要は全くありません

3年目での転職に関するメリットなどをご紹介してきましたが、転職をするためには3年間働かなきゃならない、ということでは決してありません。確かに、3年という経験は転職に有利に働く面もありますが、だからといって苦しい状況を3年も我慢する、というのはナンセンスです。転職は、自分が納得できる職場で働くために用いる手段です。仕事のハードさや人間関係、職場環境などは、実際に働いてみないと見えてこないことも多々ありますから、「3年は続けないといけない」という言葉にこだわらず、苦しいときは思い切って転職を考えていきましょう。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
【お泊り保育】保育士の注意点は?トラブルなく過ごす準備を解説
保育士が虐待を発見!どこに相談すればいいの?
保育士の給料・年収事情ってどうなの?
もらえる給与額を深掘り解説
保育士のスキルを伸ばす!
複数担任制のメリットとは?
保育士の種類★「公務員保育士」について
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク