保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » 男性保育士が働きやすい保育園の条件とは?
注意すべきポイントを紹介

男性保育士が働きやすい保育園の条件とは?
注意すべきポイントを紹介

公開日: |最終更新日時:

「男性保育士を目指したい」、「男女差別が酷くて今の保育園を辞めたい」、と困っている男性の保育士は必見です。ここでは、男性保育士が働きやすい保育園の条件をまとめています。注意すべきポイントも併せて紹介しているので、転職活動の際に参考にしてください。

おすすめ保育園1.
大規模保育園

男性保育士が働きやすい環境が整っている保育園を探すなら、「大規模な保育園」をチェックしてみましょう。規模の大きな保育園は、園の方針がしっかりと定まっているほか、更衣室も男女で分けられているケースが多く安心です。

小規模な保育園だと、男性保育士を受け入れた実績がないところもあります。園の方針が決まっていないと、男性保育士が何を担当するか、クレームが来た時にどう対応するかがハッキリせず、働きにくいと感じる要因になるようです。

おすすめ保育園2.
男性保育士の受け入れ実績のある保育園

男性保育士を一度も雇い入れたことがない保育園だと、保護者からのクレームが入りやすいといえます。働いているイメージが付かず、子どもに悪影響を及ぼすのではないかと、心配する保護者が出てきます。

保育園側が保育士を守る姿勢を見せているなら心配要りませんが、自分でクレームに対処する方針の園だと対応しきれない恐れもあるでしょう。

おすすめ保育園3.
グループ運営している保育園

系列の保育園をたくさん運営している保育園だと、今まで運営してきたノウハウがあるので、男性保育士の採用に積極的だといえます。応募する保育園で男性保育士を雇い入れた経験がなくとも、グループの他の保育園で雇い入れた実績があれば、前向きに検討してくれるでしょう。

他の保育園の経験から、保護者への対応や先生同士のコミュニケーション対策も考えてくれます。全くノウハウがない保育園に入るよりも、働きやすい環境が整っているといえます。

注意したいポイント!
「乳児専門の保育園は、方針によって男性保育士の受け入れ状況が異なる」

乳児専門の保育園は、園の方針によって男性保育士の受け入れ状況が異なります。保護者からのクレームが酷くて、女の子のオムツ交換や排泄介助を任せられない、と考える園も中にはあります。既に男性保育士が働いた実績のある保育園なら、保護者も状況を理解したうえで入園させるので反発が少ないでしょう。

おすすめ保育園4.
5歳児まで受け入れている保育園

男性保育士は体力があるので、比較的大きな子どもの面倒をお願いされるケースが多いようです。乳児だけでなく、5歳児まで保育している保育園を探すのがおすすめです。運動会などのイベントが多い保育園だと、園児への指導や開催準備が大変なので、男性保育士を積極的に採用している園が多いでしょう。

おすすめ保育園5.
夜間保育を行っている保育園

夜間保育を行っている保育園では、セキュリティ面に不安があるため、男性保育士を雇いたいと考えているケースが多いといえます。

すぐに採用が決まる保育園を探しているなら、深夜の預かり保育を行っている園から探すのも一つの手です。保育士ができれば避けたいと考えている夜間の預かり保育を担当すれば、保育士からも一目置かれる存在になるでしょう。

男性保育士が現場で重宝される理由とは

男性保育士を積極的に採用している保育園では、男性保育士は、園児からも保護者からも頼りにされています。女性保育士だけでは時間がかかる作業も、男性保育士がいると短い時間で終わるため、残業時間を短縮できると喜ばれる傾向があります。

また、セキュリティ面で安心できるため、夜間の預かり保育をしている保育園だと、先生方からも保護者からも頼りにされるでしょう。

転職エージェントからのアドバイス

女性保育士からの偏見が酷い、保護者からのクレームに悩まされている、と困っている男性保育士さんは働きやすい環境に移ることをお勧めします。ぜんぶが酷い保育園ばかりではなく、男性保育士を好意的に受け入れている園はあります。

今の保育園が酷い環境だから次もきっとそうだ、と保育の現場から離れてしまう前に、男性保育士を積極的に採用している保育園を探してみましょう。転職エージェントに相談してみると、過去の実績から男性保育士の受け入れに好意的な保育園を紹介してもらえるケースがあります。

男性保育士を雇いたいと考えている保育園は多い

未だ男性保育士に対する偏見がある保育園もありますが、ひと昔前よりは大分受け入れられ方が変わってきています。男性の育児や育休への関心が高まっていることもあり、男性保育士を積極的に採用している保育園は増えています。

なかには、男性保育士に来て欲しいと考えている保育園も少なくないため、一つ受けてダメだったからと落ち込む必要はありません。男性差別がある保育園や、保護者からのクレームが酷い保育園は見切りを付け、働きやすい環境で再スタートすることをおすすめします。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士はスキンケアが必須!紫外線からお肌を守ろう!
保育士としての第一歩★新人研修で学ぶこと
モンスターペアレントに悩む保育士必見!驚きの事例と正しい対処法をご紹介します
好感を持ってもらえる男性保育士の服装とは
【東京】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク