男性保育士の転職~スキルアップのポイントとは

公開日: |最終更新日時:

保育の現場で働きたい!男性保育士として頑張るために

保育園の先生といえば、「保母さん」という言葉があるくらい昔から女性が携わる仕事、というイメージがありますよね。そのためか、保育の現場では今も圧倒的に女性保育士の方が多く、男性保育士の数は少ないのが現状です。もちろん、男性保育士の数が増えない要因は、こうしたイメージだけの問題ではありません。現実的なことで言うと、他業種で働く同年代の男性に比べ、年収が少ないということが一番に挙げられるでしょう。その他にも、女性社会である職場の人間関係や、男性であることへの偏見、といったものもあるそうです。しかし現在、保育士の人材不足が叫ばれる中、男性保育士の需要も増えつつあるそうです。そのため、職場環境の改善や収入面での見直しも進んできて、男性が保育士という仕事を選択し、また続けていきやすくなってきているとも言えるかと思います。

男性保育士が必要とされるワケ

働く人の大半を女性が占める保育業界ですが、近年になって幼い子供を狙っての犯罪が増え、保安上の問題に悩む保育施設も増加しています。やはり子供の安全を考えた時、保育園内に女性だけというよりは男性がいる、というだけでも安心感は増しますし、犯罪に対する抑止効果も期待できるでしょう。また、こうした安全面の問題だけではなく、もともと保育の仕事は体力勝負の所もあり、力仕事も思った以上に多い職場だという点も、男性保育士が必要とされる理由として挙げられています。その他にも、女性保育士とは違う遊び方や園外保育における男児のトイレ付き添いなど、子供たちとの関わり合いでも男性ならではの存在感も、保育の現場では注目されてきていると思われます。

転職を考える男性保育士の悩み

男性保育士をめぐる保育業界の環境は改善されつつあるとはいえ、まだまだ少数派であるがゆえに男性ならではの悩みも多くあるそうです。周りが女性だけといった職場では、男性だからと力仕事を理不尽にすべて任されたり、人間関係を構築するのも難しく、悩みを抱える人は少なくありません。また、女児を預ける保護者などから変な目で見られてしまったり、男性が普通に保育の仕事をすることが難しく感じられることも、悩みのタネの一つとして挙げられています。しかし、そんな男性保育士が抱えてしまう悩みの中でも、やはり「収入」の問題が一番大きいようです。保育士の年収はあまり高くないとされていますが、中でも男性保育士の場合、同年代の他業種に勤める男性と比べ、低いのが現状です。ですので、結婚をして家庭を持つとなれば、女性以上に年収の問題が大きなものになってのしかかり、仕事を辞めるかどうかの選択まで迫られる場合もあるそうです。男性保育士として仕事を続けていくためには、こうした環境面や待遇面での改善を求め、転職を考えてみるのも一つの方法だと思います。

男性保育士の転職で抑えておきたいポイント

収入アップを目指すなら狙い目はココ

これまでの職場より収入アップを目指すならば、以下のポイントを踏まえて転職活動をしていくことがおススメです。

・公立保育園への就職

公立保育園の保育士は雇用上公務員になりますので、年収も私立保育園に比べて高額になりますし、福利厚生の面から見ても安定した職場といえます。ただ、公務員ですので職場の移動があるという点はありますが、ぜひ視野に入れておきたい転職先の一つであることは確かです。公務員保育士になるためには自治体による試験を受ける必要があり、その年齢制限は20歳以上30代半ばが目安となっています。試験を受ける際には、受験先となる自治体に確認のうえ、応募してください。

・管理職を目指してみる

仕事の内容や責任は重くなっていきますが、保育園における管理職につくことを目指すのも、収入アップにつながります。例えば、主任保育士となった場合、勤続年数次第では月収で40万円前後くらいの収入が見込めますし、さらに施設長(園長など)になると、年収700万円を見込むことも可能となるそうです。

・転職エージェントを利用する

保育士の年収は働く都道府県によっても差があります。こうした情報を豊富に持っている、保育士の転職に特化している転職エージェントを利用するのも、おススメの方法です。エージェントへの登録は無料ですし、多くの求人情報の中から希望に沿った転職先を紹介してくれますので、収入アップにも繋がりやすいといえます。

職場環境を良くする狙い目はココ

現在の保育業界では、まだまだ男性保育士の数は少ないのが現状です。周りが女性ばかりの職場環境では、人間関係などの悩みを抱える方も多いそうです。そうした悩みを解消し、少しでも働きやすい職場環境で仕事をするには、少しでも男性が多く働いている職場を見つけることがポイントとなるでしょう。職場に同性がいるというだけでも安心感が得られますし、周囲とのコミュニケーションも取りやすさが出て、仕事も円滑に進みやすくなるそうです。男性同士だから話せる相談事ができるようになるというのも、少数派の男性保育士にとっては魅力的な環境といえるでしょう。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
自閉症の子供に適した保育士の接し方とは
保育園を辞めたい…保育園栄養士の転職先候補
【年中クラス】保育士が4歳児を持つときのポイント!特徴や遊びの例
転職を繰り返すのは最後にしたい!と悩む保育士さん必見。
転職回数が多い人へのアドバイス
保育士転職エージェント(人材紹介会社)の
認知度について調査(2021年4月)
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク