保育士の「退職交渉がうまくいかない」を解決!コツを紹介

公開日: |最終更新日時:

「保育園を退職したいけど、辞めさせてもらえるかな?」「引き止められてうまくいかない気がする…」と、退職について思い悩んでいませんか? 「他の人に迷惑がかかるから」「代わりの保育士がいないから」と、交渉まで踏み切れない人もいるかもしれません。 円満退職できるかは、退職の意向を伝えるタイミングや時期、施設によっても変わってきますが可能です。できれば気持ちよく退職したいと思いますよね。 今回は退職交渉をうまく進めるコツを紹介していきます。

必ず円満退職できるわけではない

できる限り円満退職したいものですが、必ずできるものではないことも心得ておきましょう。もちろん気持ちよく退職できるに越したことはありませんが、中には退職の話を持ち出すと嫌な顔をする、「どうせ辞めるんだから」と仕事をもらえなくなる、など関係がこじれてしまう園もあります。 「これからもがんばってね」と背中を押してくれる園もあれば、「園に対する恩はないのか」とイヤミをいう園、「辞められたら困るんだよね」と引き止める園、さまざまな反応があることを覚えておいてくださいね。

退職交渉をうまく進めるコツ

退職交渉を上手く進めるためには、「タイミング」や「時期」などいくつかのコツがあります。
  • 直属の上司に伝えてから主任・園長に話す
  • 勤務時間外に相談する
  • 退職時期は年度末などの節目の時期にする
  • 退職の意思を明確にしておく
  • 退職理由は前向きな理由を伝える
  • 退職を決意したら早めに伝える
それぞれ見ていきましょう。

直属の上司に伝えてから主任・園長に話す

退職の話を切り出す際、まずは直属の上司から伝えましょう。なぜなら園長や主任に先に伝えてしまうと、上司の反感を買ってしまう可能性があるからです。 「どうして先に私に話してくれなかったの」と気まずくなるケースも珍しくありません。 保育園は女性がほとんどの職場のため「教えてもらえなかった」など、気にする上司は多いです。直属の上司から主任へ、園長へと段階を踏みましょう。

勤務時間外に相談する

退職相談は勤務時間外に行いましょう。保育中に上司に相談すると、保育中の私語と捉えられ「やる気がない」と思われる可能性があります。印象を下げてしまうと、退職の相談をしても話を受け入れてもらえなくなることも…。保育中の相談はできるだけ避け、勤務が終わってから打ち明けましょう。

退職時期は年度末などの節目の時期にする

退職の時期は年度末などの節目が円満退職しやすいです。クラス担任を受けもっている場合はとくに、年度途中での退職はあまり好ましく思われません。行事や書類の引き継ぎや園児・保護者への説明も必要になるからです。 とはいえ、体調を崩しそうなほどの心身のストレスがある、腰痛などで生活に支障をきたしているといった場合は、体が最優先。年度途中でも退職して休養しましょう。

退職の意思を明確にしておく

退職の意思を明確にしておくことも大事です。退職の話をすると、今より待遇を上げるなどの提案をされて引き止められるケースがあります。そこで「どうしよう」「うーん…」と迷う素振りを見せていると、辞めない方向へどんどん話を進められてしまいます。「それなら…」と継続する道を選ぶこともできますが、園側にとっては、引き止めるための口実である可能性も否定できません。退職を決意したあとは、意思を明確にしておきましょう。

退職理由は前向きな理由を伝える

退職理由は、前向きなものにしましょう。退職を切り出したときには、必ずといっても過言ではないほど退職理由を聞かれます。「人間関係が嫌でした」「給与が低すぎて…」と正直すぎる理由は、好ましくありません。ウソをつく必要はありませんが、「スキルアップを目指したくて」といったポジティブな言葉に言い換えて伝えましょう。人間関係の話は退職・転職の際に触れないようにするのが無難かもしれませんね。

退職を決意したら早めに伝える

退職を決めた際は、早めに伝えましょう。直前では十分な引き継ぎや挨拶ができません。気持ちよく退職するためにも、退職予定の2~3か月前、短くても1か月前には伝えるようにするといいですね。

退職を伝えた後のポイント

退職が決まった後は、書類や行事の引き継ぎ、保険や備品の返却などしっかり行いましょう。たとえば、以下のような書類や備品が挙げられます。
  • 指導案や行事の企画案・個人記録の引き継ぎ
  • 園に置いてある自分の持ち物の回収
  • 国民健康保険証や職員カードの返却
  • エプロンや帽子など園から支給された備品の返却
また辞めるからといって、素っ気ない態度をとるのは避けましょう。退職日までは、まだ職員です。「退職が決まってからやる気がなくなったよね」と印象を下げてしまってはトラブルにもなりかねません。最後まで誠実な対応を心がけることが円満退職への近道です。

まとめ

保育士業は、保育士不足などの背景もあり、なかなか退職できない・しにくいと感じる人も多いですが、退職できます。また退職は悪いことではないので、後ろめたく思う必要もありません。事前準備や引き継ぎをしっかり行い、最後は気持ちよく退職しましょう。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士必見!お花紙を使った遊びのアイディア
保育士が知っておきたい
チック症の子どもへの対応方法とは?
モビールとは?保育士が簡単に手作りできるアイディア特集
保育士のスキルが活かせる業種
保育士の転職事情についてアンケート
転職中の悩みと転職先満足度について調査(2021年4月)
 
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
3サイトをチェック

当サイトでは、たくさんある各社公式の転職サイト(エージェント)の中から「保育士 転職」とGoogleで検索した際に表示された上位30社を調査。
転職エージェントを利用するときに気になる口コミ数、求人数、知名度それぞれのNo.1企業3社をピックアップして紹介します(※)。

関東で自分にピッタリの
職場が見つけられる

保育士に聞いた、
口コミ数No,1!

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してくれる

保育士に聞いた、
求人数No,1!

保育士バンク

全国的に有名で
安心して任せられる

保育士に聞いた、
知名度No,1!

マイナビ保育士

(※)2022年9月時点で「保育士 転職」とGoogleで検索した際に表示された上位30社を当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…Googleビジネスプロフィールの口コミ数
保育士バンク…公式サイトの公開求人数。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/
マイナビ保育士…保育士転職サイト4年連続認知度No.1 ※GMOリサーチの調査結果。参照元URL:https://hoiku.mynavi.jp/