保育士は腕時計をしてもいい?選び方や注意点を解説

公開日: |最終更新日時:

保育士は、毎日子ども達の保育をおこなうため、動きやすい服装やエプロン姿が一般的ですよね。合わせて、ピアスやネックレスなどの装飾品は、安全管理の観点から身に付けないよう決められている保育園がほとんどです。

では、腕時計は身に付けてもよいのでしょうか?今回は、保育士の腕時計について解説します。

保育士に腕時計は必要?

保育士は、業務中に時間を確認することがよくあります。現役保育士は、以下のようなタイミングで「腕時計が必要だ」と感じるのではないでしょうか?

  • 子どもの受け入れ時間を記入するとき
  • 朝の活動に入るとき
  • 子どもの活動を見守っているとき
  • 行事や園外活動のとき
  • 給食の準備にとりかかるとき
  • 午睡の入眠時間を記入するとき
  • 午睡中の呼吸チェックのとき
  • 自身の休憩時間を確認するとき
  • おやつやお帰りの会のとき
  • 子どもの受け渡し時間を記入するとき

以上のように、1日を通してさまざまなタイミングで時間を確認する必要があります。ほとんどの場合、お部屋や園庭に時計が設置されていますが、位置によっては見にくいこともあります。そのため「腕時計は保育に欠かせない」と感じる保育士も多いようです。

保育士は腕時計をしてもいい?禁止の理由は?

日常生活のなかでは、スマホで時間を確認する人が多いのではないでしょうか?しかし、保育園での業務中はスマホを持ち歩くことや取り出すことを禁止している保育園もあります。

スマホを見ている瞬間、子どもから目を離すことになってしまいますので、保育士としての責任を果たせいことになります。また、スマホを落として破損することも考えられますので、スマホで時間を確認することはおすすめできません。

しかし、保育園によっては「保育士の腕時計は禁止」という保育園も少なくありません。腕時計を禁止する保育園は、以下の理由で懸念しています。

  • 抱っこやスキンシップの時間に子どもを傷つける恐れがある
  • 腕を振り下ろした際に子どもにぶつかる可能性がある
  • 子どもが興味を持ち触りたがるので衛生的に問題がある

保育園のなかには、乳児クラスを受け持っている保育士の腕時計使用のみを禁止している場合もあります。

すぐに時間を確認できるよう、エプロンのポケットに腕時計を入れておくよう推進している保育園もあります。保育園によってその決まりは異なりますので、入職する保育園の方針を確認しておきましょう。

保育士が腕時計を選ぶときの注意点

もし、腕時計の使用に関して特に取り決めのない保育園だったとしても、子ども達の安全に配慮した時計を選ぶに越したことはありません。

できれば、普段使っているファッション性の高い時計ではなく、仕事用に実用性のあるものを準備して使い分けると良いでしょう。ここからは、保育士の腕時計の選び方や注意点を解説します。

シンプルなデザインのものを選ぶ

保育園で使用する時計は、華美ではないシンプルなデザインのものを選びましょう。キラキラ輝く時計やカラフルなものは子どもの興味をそそります。

触りたがったり、乳児なら口に入れたりすることも考えられます。衛生的にも不安が残りますので、目立たないようなシンプルな腕時計がおすすめです。

柔らかい素材で突起のないものを選ぶ

保育士が腕時計を使用する際は「万が一、子どもに当たってしまったら」というトラブルを考慮する必要があります。保育士が腕を振り下ろしたときにたまたま子どもが通りかかり、顔にぶつかってしまったという事例は少なくありません。

また、時計に飾りや突起がついている場合は、誤って時計に触れた瞬間に傷をつけてしまうことも。そのため、万が一子どもに当たったとしてもケガにつながらないよう、柔らかい素材のものを選ぶようにしましょう。

軽くて大きすぎないものを選ぶ

重くて大きな腕時計は、子どもにぶつけたときの衝撃も大きくなってしまいます。目立つものだと、保護者の目も気になりますよね。また、長時間使用すると腕時計の重さから腕に負担がかかることも考えられます。

とはいえ、小さすぎる時計では時刻を読み取りにくい可能性もあります。時計自体は小さくとも、数字の表示が大きいものを選ぶと使いやすいでしょう。

安価で防水性の高いものを選ぶ

保育士のなかには、趣味で高価な腕時計や気に入ったブランドのものを身につけたいと考える人も少なくないでしょう。しかし、保育士は大きな荷物を運んだり、水仕事をしたりと腕時計を傷める可能性があります。

お気に入りの腕時計が故障するとショックですよね。安価で防水性の高いものを選べば、どんなシーンでも安心して使えます。

まとめ

今回は、保育士の腕時計について解説しました。保育園によって、腕時計の取り扱いは異なりますので購入前に確認しておきましょう。

「子どもを傷つけるかもしれない…」と腕時計着用に不安を感じる人は、ナースウォッチなどのエプロンに固定して使用できるものがおすすめです。実用性を考えて、最適な腕時計を選んでくださいね。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育園栄養士の実技試験って?採用試験の内容を徹底解説!
保育士になるには大学と短大どちらがいい?違いを解説
保育士が知っておきたい
子どもの朝の受け入れ時のコツと注意点とは?
保育園での遊び★「色探しゲーム」のねらいと遊び方
保育士だからこそ抱えやすいストレスとは?
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク