保育士としてもう一度働きたい!復職するためのポイントとは

公開日: |最終更新日時:

それぞれの理由で一度保育の現場を離れたけれど、またもう一度保育士として働きたい!と復職を希望する人は意外と多いそうです。でも、実際に復職しようとした時、仕事のブランクがあるし、以前と同じように働くことができるのか、実際に保育士として雇ってもらえるのかなど、様々な不安が押し寄せてきて、そこで復帰を諦めてしまうケースも少なからず見られるのだとか。ではどうしたら、そうした不安を乗り越え希望に近い復職をすることができるのか、その為に知っておきたいポイントなどを調べてみました。

知っておきたい!保育士の復職事情

以前保育士として働いていた、または保育士免許は持っているものの実務経験がない、そういった方のことを「潜在保育士」と言います。こうした「潜在保育士」の方の中には、また保育士として働きたいと復職を希望されている方が多くいらっしゃるそうです。また近年では、待機児童解消のため保育士の需要も高まっていて、保育業界としては潜在保育士が現場復帰してくれることを歓迎していることもあり、どちらかというと売り手市場になっているのが現状です。ならば保育士として復職するのは意外に簡単なのでは…と思われるかもしれませんが、それでも不安が募ってしまう理由がいくつかあるようです。

復職することを躊躇する理由

女性が多い保育士の場合、結婚や出産などを理由に退職されている方が多くいらっしゃいます。つまり、以前保育士として働いていた時とは、生活スタイルが大きく変わっているケースが多いということです。そうなると、保育士として復職するためにクリアしたい課題というのも新たに出てきて、それが復帰を躊躇させる要因となっているそうです。

    復帰を躊躇する主な理由
  • 子育てや家庭との両立ができるのかどうか
  • 労働条件や賃金、職場での待遇など
  • 健康や体力面での心配
  • 責任感のある仕事を担っていけるのかどうか
  • 職場の環境や人間関係に対応できるかの心配

復職において有利なポイント

今の保育業界では、潜在保育士の復職を歓迎する傾向になっています。もちろん、新卒の保育士を育てていくことも、業界にとってはとても大切なことですが、人手不足が叫ばれる現状ではやはり即戦力となる潜在保育士は、とても魅力的な存在と言えるのです。そこで、復職における有利なポイントを、いくつか挙げてみました。

    復職での有利なポイント
  • 即戦力としての需要が高い
  • 保護者へ安心感を与えることができる
  • 賃金など以前よりも好条件で働ける可能性が高い
  • 正社員やパートなど、ライフスタイルに合わせた働き方を選択できる

保育士復帰に向け受けられる再就職支援とは

待機児童問題の解消のため、潜在保育士の再就職には国をはじめ、地方自治体や企業などが支援を行っています。例えば、厚生労働省ではハローワークを通じた「保育士マッチング強化プロジェクト」を実施していたり、各地方自治体でも潜在保育士の復職サポートや経済的支援を行っているので、上手に利用していくのがおすすめです。ただし、自治体のサポートの場合は、各自治体によって内容が異なりますので、まずは自分が就職を希望する地域の自治体に、支援内容を確認するようにしましょう。また民間の企業でも復職セミナーなど、潜在保育士の復職に向けた支援が行われていますので、情報を調べてチェックして利用していくのも良いでしょう。

復職活動をしていく時に注意したいポイント

保育士として復帰して働くのであれば、できるだけ希望に沿った形で復職を果たしたいものですよね。そのためには、復職活動をしていくにあたって注意していきたいポイントがいくつかあります。改めて保育士として元気よく働いていける職場に出会えるよう、そうした注意点をしっかりと踏まえて再就職活動をしていきましょう。

面接では今までの経験をしっかりアピールする

保育士を募集する保育園側にとって、潜在保育士の経験はとても有利な材料と言えます。これまでの保育士としてどんな経験を積んできたのか、できるだけ詳細にしっかりアピールしていくようにしましょう。また子育て経験も、保育士としては強みとなってくれます。退職理由なども利かれますが、ネガティブな話は控えめにし、保育士として頑張りたいというポジティブな気持ちが主となるよう、注意していきましょう。

簡単に妥協して復職を決めない

潜在保育士の再就職は、売り手市場と言われています。ですので、復帰を焦ってしまい「まぁいいか」と簡単に妥協して就職を決めてしまうのはNGです。あまり簡単に決めてしまっては、後にまたすぐ辞めるような状況になりかねないからです。面倒くさがらずに、その保育園の状況や働いている保育士の様子、待遇面で相違がないかの確認など、しっかりと注意深く調べたうえで、本当に納得した形で復職するのが成功ポイントになります。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士が参考にしたいYoutuberまとめ【2021年人気Youtuber】
病棟保育士や医療保育士とは?仕事内容や必要なスキルを解説
適度な距離感を!保育士が人見知りの子どもに受け入れてもらうポイント
3年は続けるべき?保育士が転職を考えるのに良い勤続年数の目安
資格なしでも保育の仕事ができる「保育補助」とは
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク