保育士必見!
ジェスチャーゲームの遊び方とは?

公開日: |最終更新日時:

ジェスチャーゲームは道具を使う必要がなく、小さな子どもでも楽しめます。どのような遊びを取り入れると子ども達が喜ぶのか、遊び方のバリエーションを知っておくと雨の日も即興で行えて便利です。ここでは、ジェスチャーゲームの遊び方を紹介していくので、ぜひ保育園で実践してみてくださいね。

ジェスチャーゲーム

ジェスチャーゲームを取り入れる意味

ジェスチャーゲームは、子ども達に「表現の仕方」を学んでもらうのにピッタリの遊びです。友達と協力をしながら協調性を身につけられるほか、一人ひとりの考え方の違いを知るきっかけにもなります。特に、小さな頃は自分の考えを上手く言葉にできず、イライラする子は少なくありません。言葉以外で自分を表現できる方法を身につけさせるのは、園児達のストレス解消にも繋がるでしょう。

ジェスチャーゲームに入る前に、遊び方に慣れてもらおう

ジェスチャーゲームを子ども達に理解してもらうには、簡単なお題から出すのがおすすめです。大人が当たり前だと思っていることも、小さな子供には理解しにくいものです。まずは、保育士の動きを真似してもらう遊びを取り入れ、ジェスチャーに慣れてもらうと良いでしょう。ウサギや犬など動物を真似る動きだと、理解してもらいやすいといえます。

ジェスチャーゲームのルールを確認する

子ども達が体を使って表現することに慣れてきたら、ルールを確認しましょう。題材に沿ってジェスチャーをする人は話してはいけない、他の子ども達は当てられるまで答えを言い続けるなど、園児達といくつか決まりごとを作ります。園児が一斉に答えると、回答が遅い子は楽しめなくなる可能性があるので、一列に並ばせて一人ずつ答えさせるスタイルを導入するのも良いでしょう。正解した子に次のジェスチャー役をお願いすると、スムーズに進められます。

ジェスチャーで伝言ゲームをする

一人ずつ回答してもらうスタイル以外にも、ジェスチャーで伝言ゲームをする遊び方もあります。園児に一列に並んでもらい、先頭の子に保育士がお題を伝え、ジェスチャーで次の子へ伝えてもらいます。順繰りに伝えていき、後尾にいる子に何のお題だったか答えてもらって楽しむのが一連の流れです。ただし、個人差があるので、直ぐに理解できる子もいれば、長考してフリーズする子もいます。いきなり伝言ゲーム形式で遊ぶのは難しいため、園児の理解度に合わせた遊びを取り入れましょう。

イラストや動画で見せてから遊ぶと分かりやすい

園児にジェスチャーゲームをしてもらうときは、イラストや動画でお題を見せてから取り組むと分かりやすいのでおすすめです。言葉だけでお題を伝えてもイメージがしにくいため、表現できない園児が続出する恐れがあります。まずは、イラストや動画で理解を深めてから表現方法を考えてもらうと、スムーズに進められるでしょう。

ジェスチャーゲームの遊び一覧

動物編

ジェスチャーゲームで取り入れやすいのは、動物のモノマネです。犬・猫・うさぎといったジェスチャーは分かりやすい題材なので、最初に取り入れると良いでしょう。ゴリラや豚、象など特徴的な体を持つ動物は、子ども直ぐに真似しやすいのでおすすめです。

  • 犬・猫・うさぎ・ゴリラ・豚・像・イルカ・カンガルー・サル・ペンギン

お店屋さん編

ジェスチャーゲームに慣れてきた頃に、少し難易度を上げてお店屋さん(職業)のお題を取り入れると盛り上がります。寿司屋・美容師・バスの運転手など、身の回りにいる働く大人たちのモノマネをするのも子ども達にとって勉強になります。

  • 寿司屋・美容師・バスの運転手・医者・シェフ・大工・警察官・保育士

日常動作編

子ども達が日頃からしている日常動作をジェスチャーゲームに取り入れると、モノマネしやすいのでおすすめです。たとえば、手を洗う・歯磨きをする・電話をする・ご飯を食べるなど表現しやすい題材を選ぶと、子ども達が困る心配も少ないでしょう。

  • 手洗い・歯磨き・電話・ご飯・歌う・料理・読書・着替え・掃除・洗濯

スポーツ編

メジャーなスポーツを題材にすると、ジェスチャー役の子が表現しやすく、回答役の子も答えやすいでしょう。サッカーや野球、水泳やバスケットボールなど、特徴的な動きをするスポーツは真似しやすいといえます。

  • サッカー・野球・水泳・バスケットボール・スケート・ボクシング・相撲

ジェスチャーゲームは難易度が高い遊び!
失敗しても笑顔で盛り上がろう

ジェスチャーゲームは、お題について園児が自分なりに解釈したうえで、表現しなければならないため、難易度が高い遊びだといえます。初めのうちは呆然と立ち尽くす子どもや、表現できない事にイライラする子どもも出てくる可能性があります。上手く進まなくても、根気よく続けるうちに楽しめるようになるので、失敗しても笑顔で盛り上げることが大事です。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
コロナ禍で保育士の仕事はどう変わったの?
仕事内容とトラブルについて紹介
保育士は長期休暇が取れない?その理由とは
保育士の転職先選びに便利な「転職イベント」
保育園のお遊戯会!保育士が意識したいねらいや準備の基本
手洗いは大切!保育園でおこなう手洗い指導の方法
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク