保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » 保育士の服装はどうしたら良い?
仕事に支障が出ない服装とは

保育士の服装はどうしたら良い?
仕事に支障が出ない服装とは

公開日: |最終更新日時:

保育士は子どもの面倒を見る仕事なので、「子どもに危険がない服装」を選ばなければなりません。ここでは、保育士におすすめの服装を紹介します。服装選びに迷ったら、下記を参考にして用意しましょう。

保育士の服装のイメージ

保育士の服装は、
保育園のイメージに直結する

ダラシナイ格好をしていると保育園のイメージが悪くなるため、保育士の服装を規定している園もあります。保育士の格好は、子ども達だけでなく、送迎している保護者や近隣住民にも見られます。不潔感のある服装や華美な服装は避けましょう。スエット・ジャージは動きやすいですが、だらしなく見えるものは控えるのが無難です。

転職エージェントからの一言

保育園に到着してから着替えている人も、出勤時に不潔感のある服装・華美な服装をするのは避けるべきでしょう。特に、出勤や退勤時は、誰の目に留まるか分からないもの。保育園のイメージを損なわないためにも、清潔感のある装いをするのがおすすめです。

フード付き・紐付きは危険なので避ける

フード付き・紐付きのパーカーなどは、子どもが引っ張り、誤って怪我をさせるリスクがあるので避けましょう。子どもはフードを引っ張ったり、紐を首に巻いてみたり、と思いもよらぬ行動に出ることがあります。怪我をさせるリスクがある服装は避けると、事故を未然に防げます。

転職エージェントからの一言

子どもがパーカーのフードを引っ張ったり、紐を首に巻き付けたりする事故は国内外でも頻繁に起こっています。まだ物事の分別がつかない年頃なので、常に最悪のケースを想定して動く必要があります。仮に、保育士がフード付きの服を着ていて、後ろから子どもが引っ張った場合、誤って転倒する恐れがあり危険です。赤ちゃんを抱き抱えている際に転倒したら、赤ちゃんにも危険が及ぶので一層のこと気をつけなければなりません。

ボタン・スパンコールなど
装飾がある服装は危ない

ボタン・スパンコールなどが付いている服装は、装飾が落ちた時に子どもが誤飲するリスクがあります。たくさん装飾が付いている服装や、装飾が外れかかっている服装は避けましょう。たとえ乳幼児のクラスを担当していなくても、落ちているボタンを子どもが発見して、赤ちゃんの元に置く可能性も捨てきれません。何かあってからだと困るので、怪我をさせるリスクがない服装を心掛けましょう。

転職エージェントからの一言

小さな頃は、落ちている物を何でも口に入れたがります。誤飲した際に窒息するリスクもあるので、あらかじめ危険の芽は摘んでおくことが大事です。万が一、安全配慮義務を尽くさなかったのが原因で子どもが怪我を負った場合は、損害賠償を求められる可能性があります。常に安全に気を遣っていたと証明するためにも、怪我のリスクがある服装は避けましょう。

ファスナーのある服装は挟まる危険がある

ジャージのようにファスナーがある服は着脱が便利な反面、ちょっとした拍子に指・髪の毛が挟まるリスクがあります。誤って指を置いてしまったり、抱きかかえた時に髪の毛が挟まってしまったり、と事故が起こるケースもあるのです。運動する時にファスナーが付いているジャージを避けたいなら、ピステがおすすめでしょう。ピステは上から被るタイプのトレーニングウェアなので、ファスナーなどの金具が付いていないのが特長です。

転職エージェントからの一言

服装を選ぶときは、子どもに危険がないかどうかで判断することが大事です。判断に迷ったら、着用を避けるのが無難でしょう。「ファスナーに指や髪の毛が挟まったらどうしよう」、「肌が擦れてしまったら大変だ」、と常に先のことを考えて危機意識を持つのが望ましいといえます。

アクセサリー・ヘアピンは付けないのが基本

残念ながら、保育士はアクセサリー・ヘアピンを付けることができません。怪我をさせるリスクが高いので、規則で着用不可と決まっている保育園が多いといえます。仮に認められている保育園でも、怪我をさせるリスクがある以上は着用を避けましょう。特にヘアピンは、細長くて目に刺さる危険性があります。同様に、ヘアゴムについている装飾も、振り向きざまに目に入るリスクがあるため、シンプルなものを選んでください。

転職エージェントからの一言

アクセサリーの中でも、結婚指輪については意見が割れるところですが、身につけない方が保育はしやすいでしょう。落とした時に誤飲したり、園児にケガを負わせてしまったりすると、責任を問われかねません。保育に支障が出るものは、安全のためにも避けておきましょう。

園児に危険がない服装を心掛けよう!

保育士の服装は、色々な制限があって煩わしいと感じる人もいるかもしれません。ただ、危険性がある服装は、あらかじめ着用しないことで、事故が起こるリスクを下げられます。小さな子どもの頃は些細な出来事でも、トラウマになることもあります。子どもの健やかな成長を見守るためにも、想定外の動きをする可能性を考えて、保育士が先回りして危険を遠ざける必要があるでしょう。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士が転職する際に必要な書類を紹介!保険の手続きも忘れずしよう
保育士の補助金って?保育士不足を解消するための施策
保育士あるある!保育中から転職編まで集めました
保育士のキャリアアップ研修とは?制度についてわかりやすく解説
転職時にチェックしたい!保育士の家賃補助
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク