転職成功の動き方!理由や目的を明確にして活動しよう

公開日: |最終更新日時:

「会社つまらないな」「辞めたいな」「転職しようかな」働いているほとんどの人が、1度は考えたことがあるのではないでしょうか。やりがいが感じられなくなった時や会社に対する不満・ストレスが溜まった時には、退職・転職もよぎってしまうものです。しかし、転職活動を行って成功する場合としない場合があるのもまた事実。転職するからには成功させたいですよね。今回は、転職活動の流れや転職を成功させるポイントを紹介します。

転職活動の流れ

転職活動の動き方・流れは、次の通りです。

  • 転職活動の準備
  • 書類の作成
  • 求人に応募する
  • 面接対策を行う
  • 内定・入社

転職活動の準備では、気になる企業の情報収集や自己分析を行いましょう。「めんどくさいな」と感じるかもしれませんが、企業の情報収集をしておくことで、ブラック企業への入社が未然に防げます。また入社後に「こんな会社だと思っていなかった」と思わずに済む可能性が上がります。履歴書や職務経歴書を作成したあとは、求人に応募します。面接対策もしっかり行ってから面接に臨みましょう。採用されると、入社準備が始まります。

転職活動は在職中?辞めてから?

転職を考える人の多くが「在職中に転職活動を行うか」「退職してから行うか」で悩んでいます。結論から言うと、一人ひとりによって異なるため正解はありません。たとえば、在職中に転職活動を行えば、収入が途切れないメリットがありますが、時間が限られるため面接の日時が決めにくいなどのデメリットがあります。一方、退職してからの転職活動は、時間にゆとりがあるのが最大のメリット。面接日時の調整もしやすいです。しかし収入がなくなるため、活動期間が長くなればなるほど気持ちに焦りが生まれることも…。どちらも一長一短なので、自分に合う方を選択するといいですね。

転職を成功させるポイント

転職を成功させるには、いくつかのポイントがあります。

  • 転職する理由を明確にする
  • 応募先を1社に絞らない
  • 条件にこだわりすぎない
  • 履歴書や職務経歴書を使いまわさない
  • 転職エージェントを利用する

それぞれ見ていきましょう。

転職する理由を明確にする

転職する理由や目的を明確にしておきましょう。採用担当者が1番気になるところは、退職理由であるケースも多いです。そのため「なぜ退職したの?」の質問は、必ずといっても過言ではないほど聞かれます。「つまらなかったから」や「やりがいがなかったから」では理由になりません。転職の際の理由例を挙げてみます。

  • スキルアップしたかったから
  • 培った営業スキルを活かせる職に就きたかったから
  • 応募先の企業の理念に深く共感したから

理由はネガティブなものではなく「前向きな転職」をアピールできるものがいいですね。

応募先を1社に絞らない

応募先は、複数検討しておきましょう。なぜなら、1社に絞っても100%採用されるとは限らないからです。何社か応募し、複数の会社から採用通知が届いた場合に、1社に絞りましょう。真摯にお断りすれば、トラブルにはなりません。

条件にこだわりすぎない

年収や待遇などの条件にこだわりすぎていませんか?すべて自分の条件に当てはまる求人を見つけるのは至難の業です。どうしても外せない部分と、妥協できる部分をわけてみてください。求人の幅が広がり、思いのほか自分に合いそうな会社が見つかるかもしれませんよ。

履歴書や職務経歴書を使いまわさない

履歴書や職務経歴書を使いまわすのは避けましょう。なぜなら志望先の企業によって、アピールポイントが異なるからです。たとえば、営業力を軸にアピールするのか、マネジメント経験を軸にアピールするのかでは、アピールの仕方が変わってきますよね。「どの企業にも当たり障りのない内容」での記載も可能ですが、採用担当者や人事に携わる人は、これまで大勢の履歴書や職務経歴書を見てきています。テンプレート化している書類はすぐに見破られてしまうでしょう。

転職エージェントを利用する

「どうやって動いたらいいのかわからない」「自分に合った会社が見つからない」「転職活動にかけられる時間がない」という人は、転職エージェントを利用するのもありです。転職エージェントでは転職相談以外に、自分に合った企業探しや面接対策、書類添削なども行われています。転職のプロであるキャリアアドバイザーが、心強い味方になってくれるでしょう。

まとめ

転職成功のカギは、理由を明確にすること・企業情報を収集すること・面接対策を行うことです。「なぜ退職・転職したいのか」を思い返してみましょう。もし今の職場で改善できるような理由なのであれば、退職しなくて済むケースもあります。反対に、改善の見込みがない・体調に支障をきたしているような状態なら、すぐに退職した方がよいです。年齢や転職回数によっても採用の確率は変わってくるので、不安がある場合は転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。自分に合うやり方で、転職成功を目指しましょう。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
【神奈川】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!
保育士としての第一歩★新人研修で学ぶこと
保育士が転職するまでの流れを解説
保育士に転職したい!仕事を探す方法とは?
保育士の転職理由に多い
人間関係のトラブルとは?解決法を紹介
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク