保育士の配置基準はギリギリ?!計算方法についても解説

公開日: |最終更新日時:

「0歳児3人に対して保育士は1人」と、なんとなく知っている人も多いのではないでしょうか。このように、クラス担任の人数は子どもの年齢や人数によって決められています。人数配置の基準となっているものが「配置基準」です。 今回は、保育士の配置基準について、基準や計算方法を解説します。

保育士の配置基準とは?

保育士の配置基準とは「保育士1人あたり何人の子どもを保育できるか」を示した基準です。国(厚生労働省)によって定められているため、保育園を運営するにあたり、守らなければなりません。全国どこの保育園へ就職・転職しても共通です。また配置基準では、「保育士は常時2人配置」とも定められているため、子どもが1人でも保育士は2人必要。1人で保育を行うことはできません。

国が定める配置基準

厚生労働省では、次のような配置基準を定めています。
0歳児 保育士1人に対して子ども3人
1歳児 保育士1人に対して子ども6人
2歳児 保育士1人に対して子ども6人
3歳児 保育士1人に対して子ども20人
4歳児以上児 保育士1人に対して子ども30人
乳児期は生活面において援助が必要なシーンが多いため、保育士1人あたりの子どもの人数は少なくなります。0歳児が多い園は、おのずと保育士の人数も多いといえますね。

施設によっても異なる

国での配置基準は決まっていますが、基準を満たした状態であれば、細かな配置は各園で独自に設定することができます。例を挙げてみましょう。
  • 1歳児6人に対して保育士1人→1歳児5人に対して保育士1人
  • 3歳児20人に対して保育士1人→3歳児15人に対して保育士1人
  • 担任+フリーとして動ける保育士を配置
質の高い保育を行うには、保育士が子どもとじっくり向き合える環境が必要不可欠です。そのため、保育士1人あたりの子どもの人数を減らす保育園や、担任に加えて全体を見てすぐ動ける「フリー」の保育士を配置する園などもあります。

配置基準の計算方法

保育士の配置基準は、どのようにして計算されているのでしょうか。計算方法や流れを紹介します。
  • 各クラスの定員人数を決める
  • 定員人数を設定基準で割る

各クラスの定員人数を決める

子どもの定員人数を仮定しましょう。今回は大きめの認定こども園を設定します。
  • 0歳児…12人
  • 1歳児…18人
  • 2歳児…30人
  • 3歳児…40人
  • 4歳児…30人
  • 5歳児…30人
定員160名の認可保育園ができました。

定員人数を設定基準で割る

設定した定員数を配置基準で割ります。計算によって出された人数が、園に必要な保育士数です。 ここでは国の配置基準をもとに、上記の保育園に必要な保育士数を計算してみます。(割り切れない場合は、小数点以下を繰り上げて計算します)
子どもの年齢 子どもの定員数÷保育士1人あたりの子どもの人数 必要な保育士数
0歳児 12÷3=4 保育士4人
1歳児 18÷6=3 保育士3人
2歳児 30÷6=5 保育士5人
3歳児 40÷20=2 保育士2人
4歳児 30÷30=1 保育士1人
5歳児 30÷30=1 保育士1人
0歳児クラスに必要な保育士は4人、1歳児クラスに必要な保育士は3人…といった具合でわかります。 園全体では「最低16人の保育士が必要」ということになりますね。しかし、ここで注意してほしいのが、算出した保育士数は、「日中の保育に必要な人数」という点です。ほとんどの保育園では、早朝や夕方に延長保育が行われていますよね。保育士のシフトは8時間で設定されていることが多いので、交代する職員が必要です。延長保育の観点も考慮した保育士人数を確保しなければなりません。 配置基準は、「国」「自治体」「施設」によっても変わるので、計算をする際は自治体のホームページなども確認しましょう。

保育士の配置基準はギリギリ

保育士をしている中で「もう1人担任がいてくれたらいいのに…」と感じた経験のある人も多いのではないでしょうか。配置基準は、あくまでも「最低ライン」なのですが、実際はギリギリの人数で運営している園も多いのが実態です。 たとえば「1歳児6人に対して保育士1人」と「2歳児6人に対して保育士1人」とでは、保育士の負担が大きく違いますよね。また進入・進級時の春と、子どもと信頼関係ができた秋・冬など、時期によっても負担は変わります。年長児でも、うっかり「おもらし」してしまうことも珍しくありません。そんな中、担任1人で対応しつつ他の園児を見守ることは容易ではありませんよね。 「基準の人数+αで保育士がいてくれる環境」が理想であり、保育の質を高めるために重要なのではないでしょうか。

まとめ

保育士の人材不足問題から施策なども行われるようになってきていますが、ギリギリの保育士数で運営している園がまだ多いのが現状です。加えて「質の高い保育」が求められるようになり、ますます保育士の負担は増えつつあります。保育の質を高めるには、保育士自身のスキルアップ以外に、配置基準や待遇などの環境を整える対策も必要不可欠といえるのではないでしょうか。子どもも大人もゆとりを持つことで、穏やかな気持ちで関われます。よりよい保育を目指していきたいものですね。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
【続ける?辞めたい?】
保育士を続けるかどうか
注目の転職先★海外で保育士の仕事をする
保育士のキャリアアップ研修とは?制度についてわかりやすく解説
【北海道】保育士の転職フェア情報やメリットをご紹介!
3年は続けるべき?保育士が転職を考えるのに良い勤続年数の目安
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク