加配保育士とは?役割や仕事内容を紹介

公開日: |最終更新日時:

「加配保育士」という言葉をご存じでしょうか。子どもの成長を支えるうえで、保育士と同様に欠かせない存在の加配保育士ですが、一般の保育士とは少し異なる役割も担っています。今回は、加配保育士の役割や仕事内容を紹介します。

加配保育士のイメージ

加配保育士とは

加配保育士とは、障がいを持った子どもが支障なく保育園生活を送れるように、個別の配慮をおこなう保育士です。規定の保育士人数にプラスして配置されます。障がいの度合いや種類は、子ども一人ひとりによって異なります。次の行動の見通しが立ちにくい子どももいれば、他児とのコミュニケーションがうまくとれない子どももいるでしょう。障がいの度合いにもよりますが、すべての活動を他の子と同じようにおこなうことは難しいです。そのため加配保育士は、一般の保育士以上に、子どもに寄り添った保育が求められます。ゆえに、一般的な保育士と仕事内容が異なることもあり、専門的な知識が必要です。

加配保育士の役割

加配保育士の役割には、次のようなものが挙げられます。

  • 子どもとの信頼関係を築く
  • 他児とのコミュニケーションをサポートする
  • 行政機関との連絡窓口になる

子どもとの信頼関係を築く

加配保育士は、人とのかかわりが苦手な子どもに対して安心感を与え、信頼関係を築くことが役割のひとつです。障がいをもつ子どものなかには、人との信頼関係がうまく築けない子どももいます。他児に近づけない、あるいは反対にボディタッチが多い、といった子どもは、周囲との距離感がわからず苦労する場面も出てきます。子どものペースに合わせて一緒に遊んだり、子どもの行動を見守ったりするのが仕事になります。

他児とのコミュニケーションをサポートする

他児とのコミュニケーションがうまく図れないこともあるでしょう。「相手の気持ちに気づく」「理解する」ことは、実はなかなか難しいものです。自分の気持ちを表現するのが困難な子どももいます。こういった場面で、加配保育士が仲立ちとなり、関係づくりをサポートします。「一緒に遊びたいみたいだよ」「困ってるね」など、気持ちを代弁することは、双方の子どもにとって非常に重要です。

行政機関との連絡窓口になる

加配保育士は、保健センターや自治体などの機関と保育園との連絡窓口になる役割も求められます。保育士は子ども一人ひとりの「個人記録(発達の記録)」を書きますが、障がいをもつ子どもや気になる子どもに対しては、+αで記録を作成している園もあるのではないでしょうか。こうした子どもの様子を記録したものは、保健センターや行政、障がい児保育の職員との話し合いの際に、重要な資料となります。

加配保育士の仕事内容

加配保育士の仕事内容は以下のとおりです。

  • 子どもの障がいや発達を把握し寄り添う
  • 他児に危害を加えないよう見守る
  • 集団活動が難しい場合は個別の活動を見守る
  • 個別のカリキュラムを作る

障がいをもつ子どものなかには、一度集中すると活動終了時に終われない子もいます。時間内に終われない場合には、子どものペースに寄り添い、個別に活動を見守るのも大事な仕事になります。また、こだわりが強く、自分の思い通りにいかなかったときにパニックとなり、友だちに噛みつく、ひっかく、たたく、などの危害を加えてしまう子もいるでしょう。部屋から飛び出してしまう子もいるかもしれません。こういった状況をできる限り防いだり、パニックを落ち着かせたりするのも加配保育士の仕事になります。

加配保育士に必要な資格はある?

「加配保育士」という資格はありません。加配保育士の配置の対象者は、障がいの診断を受けている子どもが基本であり、保育園側や保護者からの申請を受けて配置されます。しかし実際は、各自治体に委ねられている部分も多く、明確な基準を設けていない自治体も少なくありません。そのため、保育士が「加配保育士」として配置されるケースもあります。ただ、障がいを持つ子どもの対応は、難しいのも事実です。たとえば、自閉症の子どものサポートをする場合、自分のこだわりがあり「手助け」されることでパニックを起こす子もいます。「積極的にかかわる」のではなく、「待つ」といったその子に合った対応が必要になります。加配保育士としての働き方を希望する際は、障がいの正しい知識や理解、保育士としての実務経験などがあった方がいいでしょう。

まとめ

加配保育士は、障がいのある子どもも安全に保育園で生活できるよう、配置される保育士です。明確な基準は設けられておらず、保育士資格を有している保育士さんであれば、配置される可能性があります。加配保育士として働く際には、不安や困難を抱える子どもと保護者の気持ちに寄り添ったサポートをしましょう。障がいをもつ子どもと加配保育士とのかかわりで、クラスの雰囲気も変わってきます。障がいの有無に関係なく、子どもたち同士が仲良く過ごせるクラス運営をしていきたいものです。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士が知っておくと便利な
手帳の活用方法を紹介
保育士の「退職交渉がうまくいかない」を解決!コツを紹介
保育園での身体測定!スムーズにおこなう方法や注意点は?
保育士と幼稚園教諭の違いは?特徴を知って自分に合った転職先を選ぼう!
保育士って
ピアノはどれくらい弾けるのが理想なの?
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク