保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » 保育士の平均給料は低い?平均年収や給与を上げる方法を紹介

保育士の平均給料は低い?平均年収や給与を上げる方法を紹介

公開日: |最終更新日時:

「保育士に多い退職理由」によくランクインしている給与問題。「保育士ってやっぱり給料が低いよね…」と実感している人も多いのではないでしょうか。保育士不足が叫ばれるようになり問題視されてはいるものの、未だ保育士の給料や平均年収は低い傾向にあります。今回は、保育士の平均給料や年収について紹介します。

保育士の平均月収は約24万円

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、保育士の月収は全国平均で24.4万円となっています。この金額を聞いてどう感じたでしょうか?「やっぱり低いな」と感じた人も、「それほど低くないかも」と思った人もいるかもしれません。ここで1つ注意しておきたいのが、月収24万円は総支給額ということです。24万円から税金や保険料などが天引きされ、「お給料」としてもらえる月給は約20万円前後。やはり一般企業に比べ低いことがわかりますね。加えて、家に持ち帰っての仕事や残業分などは含まれていないことが多く「暗黙の了解」状態であることも事実です。仕事量に見合った給与とはいえません。

地域によっても異なる

「平均月収24.4万円」は全国平均なので、地域によって異なります。たとえば物価の高い東京や千葉などの都市部では手取り20万円もらえるかもしれませんが、そのかわり家賃などが高く、決して満足のいく給料ではないでしょう。一方、東北や北陸などの地方では、月収が20万円未満であることも珍しくありません。正規職員でも17万円ほどしかもらえず、転職を考える保育士もいます。

雇用形態によっても異なる

正規職員ではなく、パート・アルバイトの場合は時給で計算されます。保育士求人を見たことがない人は驚くかもしれませんが、保育士の時給は1000円に満たないケースが多いです。「早番パート時給800円~」なんて求人も少なくありません。昇給も見込めないため、やはり保育士の給料問題は深刻といえるでしょう。

施設によっても異なる

勤務する施設によっても異なります。公立・私立保育園(所)・認定こども園・乳児院などさまざまな施設がありますが、施設の中では公立保育園が高い傾向です。また病院管轄のため夜勤がある、などの施設は手当金が上乗せされ高くなります。

平均年収は?

厚生労働省の調査によると、令和元年の保育士の平均年収は約360万円となっています。しかし内訳を見ると、最高4,109,900円~最低2,851,300円までと、各都道府県によって大きな差があるのが実態です。自分の勤務している園の給料や待遇をよく確認しておくといいですね。

処遇改善手当は給料に加算されない?

処遇改善手当は基本給とは別枠で支給されます。しかし処遇改善をもらうには、保育園側が手続きを行わなければならないため、すべての園で支給されているわけではないのです。手続きを行った園であれば、正規職員やパート職員など雇用形態に関係なくもらえます。

処遇改善が加算されても低いのはなぜ?

処遇改善手当は、国が支給した金額を保育園側がまとめて受け取り職員に分配します。職員への分配方法は、園側にゆだねられているのが現状です。そのため、良心的な園であれば職員の賃金に充ててもらえますが、給与に反映されていない保育園も少なくありません。基本給を下げて調整したり、園の修繕費に充てたりと、利益優先に使用する保育園も中にはあります。

保育士が給料を上げる方法

保育士が給料を上げるための方法には、次のようなことが挙げられます。
  • 資格を取得する
  • 昇進する
  • 転職する
それぞれ見ていきましょう。

資格を取得する

保育士の仕事やキャリアアップに活かせる資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。保育に活かせる資格として、食生活アドバイザーや絵本専門士、リトミック指導員などさまざまな資格があります。近年は英語教育に力が入れられているので、幼保英検の取得も役に立つでしょう。自分自身のスキルアップとして簿記資格やFP資格を取得するのもいいですね。転職の際に有利に進められるかもしれません。

昇進する

保育士のキャリアアップ研修を受けて、昇進しましょう。クラス担任からリーダー、副主任へと昇進することで、昇給しやすくなります。

転職する

給料アップや昇進、待遇の改善などが見込めない場合は、転職を検討するのもありです。保育士は人材不足のため、常に求人募集がかけられています。今より好待遇の保育園に出会えるかもしれません。チャレンジ精神の強い人や1から作り上げることが好きな人は、「オープニング園」の保育士の働き方も合うかもしれませんね。

まとめ

保育士の平均給料は、一般企業に比べて低く、仕事量にも見合っていないケースが多いのが実態です。そのため給与の低さから退職する人が後を断ちません。給料を上げるには、昇進したり資格を取得をしたりと、自分でスキルを上げなければ難しいです。改善の余地がない場合は、求人サイトや転職エージェントに相談してみましょう。いい方法が見つかるかもしれませんよ。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士の転職理由で多い「鬱」について、
原因や解決方法を解説
保育士が知っておきたい「乳幼児がかかりやすい病気」
保育士の働き方を見直そう!派遣で働く大きなメリットとは?
保育士の転職に簿記資格は役に立つ?幅が広がる資格を紹介!
男性保育士が働きやすい保育園の条件とは?
注意すべきポイントを紹介
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク