保育士の求人 出やすい時期はいつ頃?

公開日: |最終更新日時:

「求人情報って出やすい時期があるのかな」、「求人を探しているけれど見当たらない」、と困ってはいませんか。ここでは、保育士の求人がいつ頃出やすいのか解説していきます。

保育士の求人が
多くなるのは2月頃

新年度がスタートする4月から働ける保育士を募集するために、2月頃になると求人がたくさん出ます。3月頃までは求人が一杯出ていますが、4月になると人員配置が既に決まる保育園が多いため、一旦求人数はガクッと減るでしょう。

数多くある求人情報の中から転職先を見つけたい人は、2月頃に応募するのがおすすめです。

転職エージェントからの一言

新年度が始まってバタついている4~6月は、保育士さんはとにかく忙しい時期。新卒で働きたい人、既に保育士としての経験を積んでいる人は、4月から勤務するのがおすすめです。

対して、全く異なる職種に就いている人、経験が浅いまま保育士を離職した人は、少し業務が落ち着く6月や10月頃に応募するのも一つの手ですよ。

次に保育士の求人数が
多くなるのは10月頃

実は、保育士の求人数が多くなる時期は、年に2回ほどやってきます。1回目の時期は上述した2月頃で、2回目の時期は10月頃です。どうして求人数がグッと増えるかというと、辞めやすい時期が関係しています。

会社(保育園)に勤めている人が、辞めたくなる時期は2月と8月に集中しています。というのも、正月休みや夏季休暇といった長い休みを過ごした後は、モチベーションが維持しづらく、辞めたくなる人が急増するとされているためです。

保育士も例外ではなく、4月に入社した人の中で8月・9月頃に辞める人が出てきます。補充要員として、10月頃に求人募集が出るケースが多いでしょう。

転職エージェントからの一言

4月入社よりもバタバタした雰囲気はなく、仕事を覚えるには丁度良い時期です。ただし、保育園によっては補充要員として募集するので、即戦力を求めているケースも。とりあえず気になる保育園は次々と受けてみるのが吉でしょう。

他の時期でも
狙い目の求人が出ていることも

上記で紹介した2月・10月以外にも、保育士の求人は出ています。ただし、左記の2つの時期と比べると、求人数は減少するでしょう。しかし、こまめに求人情報をチェックしていると、2月や10月の時期には求人倍率が高かった保育園が再び募集していることも。

引越しに伴って辞めてしまう人や、寿退社する人が出て補充要員を募集するケースもあるので、気になる保育園の求人情報は頻繁にチェックしておくと良いでしょう。

転職エージェントからの一言

保育園によって、行事(イベント)の数は大きく異なります。公式HPに一年間のスケジュールを載せている保育園もあるので、応募する保育園が忙しい時期か、余裕がある時期かは見極めたいところです。余裕のある時期に応募した方が、丁寧に教えてもらえる傾向があります。

ライバルが少ない時期に
応募したいなら4~5月

新年度がスタートした4月や5月は、既に担当者が決まっています。左記の時期に求人を出している保育園は、担当者ではなく、人員が足りないところを補う要員として募集しているケースが多いでしょう。

担当者が決まってなお人手を必要としている保育園だと、採用に向けての本気度が高いので、すんなりと決まる可能性があります。また、4月や5月はどの企業・保育園も忙しくなる時期なので、在職中だと転職活動が難しくなります。すぐに転職先を見つけたいなら、ライバルが一気に減る4~5月が狙い目でしょう。

転職エージェントからの一言

ライバルが多い時期は、採用枠一名の求人に対して20~30人応募者が集まるケースも珍しくありません。ライバルが少ない時期だと数人しか受けていない、あるいは自分一人だけしか受けていないという状況も十分に考えられます。早く採用されたいなら、ライバルが少ない時期に転職活動するのが良いですよ。

転職活動から就職までは最短でも1~2カ月かかる

転職活動を始めてから就職するまでは、どんなに短くても1~2カ月はかかります。保育園側が選考する時間と前職を退職する時期との兼ね合いで、1~2カ月はずれ込むでしょう。仮に4~5月に転職活動した場合は6~7月に内定し、7~8月に初出社となります。

転職エージェントからの一言

4~5月に転職活動を開始し、前職場で6月にボーナスをもらってから、7~8月に転職先に移ると損をしないでしょう。今まで働いた分に対する報酬なので、しっかりと受け取ってから転職するのがおすすめですよ。

時期によって転職の難易度が変わる!

応募する時期によってライバルがたくさんいるので、採用までの道のりが遠くなります。人によっては、転職活動で5~15社程度の企業に応募しています。採用されない状況が続いたとしても、何社も応募するうちに採用が決まるでしょう。

ちなみに書類選考と一次面接の通過率は各3割程度、最終面接の通貨率は5割程度となります。ライバルが多いほど、通過するのが難しくなるので、一度にいくつも応募するようにしてくださいね。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士の平均給料は低い?平均年収や給与を上げる方法を紹介
保育士の人気インスタグラマー8選【2021年版】
保育士にとって良い職場の選び方を紹介!
ストレスのない転職先を見つけよう!
保育士の転職 面接時の服装は何を着ていく?
保育士から園長になるには?必要な条件と仕事内容
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク