保育士へ転職するときの面接対策とは?

公開日: |最終更新日時:

保育士へ転職したいけれど、面接でどう受け答えしてよいか分からないと悩んでいませんか。ここでは、保育士の転職における面接の傾向と、対策について解説していきます。

どんなことを面接で聞かれるの?

保育園の面接では、「答えやすい内容・答えにくい内容・その場で判断が求められる内容・感情の起伏を見るための内容・考え方を問う内容」を質問されるケースが多いでしょう。志望動機のような答えやすい問いは、面接者をリラックスさせるために質問されます。逆に答えにくい質問をしてくるケースでは、きちんと問いに応えられるか判断力・適応力を見ています。その場で判断が求められる問いについては、コミュニケーション能力を測っている場合が多いでしょう。また、子ども達や保護者に冷静になって対処できるかをみるために、あえて怒らせる内容・喜ばせる内容を問うこともあります。

転職エージェントからの一言

面接では、答えのない質問をされるケースがあるので気をつけましょう。たとえば、「あなたの子どもの頃クラス担任をしていた保育士は、今でもあなたを覚えているか?」といった風に、覚えている・覚えていない、どちらを回答しても良い質問があります。大事なのはイエスかノーかではなく、なぜそう思うのか理由を説明できるか力が求められています。

定番の質問「当園の保育方針を知っていますか?」

保育士の面接でよく聞かれるのは、保育園の方針を知っているかどうかです。ホームページで方針を語っている園は特に、方針についてどう思っているか聞かれるでしょう。面接を受ける保育園の事情を知っていて当然だ、と考えられてもおかしくはないので、必ず予習をしておきましょう。

定番の質問「保育士としての心構えを教えてください」

保育士としての心構えを問う保育園はかなり多いといえます。どのような信念を持って仕事にあたるのか、テンプレートな受け答えをするのではなく、自分の言葉で意見をのべましょう。保育士としての心構えを聞いて、保育園の方針と合っているか、すり合わせをするところは少なくありません。すぐに答えられる状態にしておくと、面接で聞かれても慌てずに済むでしょう。

定番の質問「なぜ公立・私立ではだめなのか」

公立保育園の面接を受けた場合は、なぜ私立ではダメなのかを質問されることがあります。反対に、私立保育園の面接を受けて、なぜ公立保育園ではダメなのか聞かれるケースがあるでしょう。どちらも答えにくい質問ではありますが、コミュニケーション能力をみているので、何かしら答えられる準備をしておきたいところです。現在、私立で働いている人が公立に応募する場合は、さまざまな職場を経験して保育士としてスキルアップしていきたいと答えても良いでしょう。

定番の質問「何か質問や希望条件はありますか」

子どもがいる人は、勤務時間が決まっていないと不安になるものですよね。周囲のサポートを得るのが難しい場合は、朝晩・遅番を避けたいなど希望があるかもしれません。ただし、保育園の求人情報に勤務時間が固定されているか記載がない場合は、早番や遅番を避けたいという意見は通りにくい可能性があります。子どもがいる保育士のことを考えて、早番のみ、日勤のみなど勤務時間を固定している保育園もあります。求人情報をよく読んで希望する条件が揃っている保育園に応募しましょう。

パートの保育士では面接で重視されるポイントが異なる

パート保育士に応募する場合、即戦力になる人か、未経験者を雇っているのかは保育園の方針によって異なります。新人を育てる余裕がある園では、未経験者を積極的に採用し、後々正社員登用しているところもあるようです。しかし、人手不足に悩む園では、パート保育士までに教える余裕がなく、勤務経験がある人を雇っている傾向があります。パートに応募するときは、未経験者を積極的に雇入れている保育園かどうかをチェックしましょう。

パートの保育士は面接内容が違う

パートの保育士は、正社員の面接よりも簡単な試験内容であるケースが多いでしょう。多くの保育園では、履歴書を見て簡単に面談し、一般教養を問うペーパー試験を受けて終了します。なかには、ペーパー試験がなく、簡単な面談を10分実施するだけの園もあります。正社員に比べるとハードルが低いので、パートの保育士の経験を経て、正社員登用を目指すという手もあるでしょう。

しっかりと面接対策をして応募しよう

面接対策をしておかないと、想定外の質問された時にパニックになる恐れがあります。意外な質問をされても答えられるように、素早く回答するための練習をしておきましょう。結論から話す癖をつけると、考える時間が取れるので、落ち着いて答えられますよ。万が一、テンポよく答えられなくても安心してください。面接官も考えるのに時間がかかると分かっているので、ある程度は待ってくれます。落ち着いて自分の意見を言えるようにしましょう。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
転職でスキルアップするには?
保育士が収入を増やすために取り組みたいこと
【保育士の働き方のQ&A】
複数担任による問題点とは?
【北海道】保育士の転職フェア情報やメリットをご紹介!
保育士の休みは少ない?年間休日や有給休暇の実態
【株式・社福】保育園の違いとは?
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク