保育士だからこそ抱えやすいストレスとは?

公開日: |最終更新日時:

保育士の役目は、保護者の方から大切な子供を預かって世話をし、心身の発達の発達を促すことにあります。子供と関わることが好きな方にはやりがいのある仕事ですが、その責任ゆえにストレスがかかりやすい仕事でもあるのです。保育士が抱えやすいストレスとはどのようなものか、ご紹介していきましょう。

保育士が抱えやすいストレスとは

ストレス社会とも呼ばれる現代、大なり小なり誰でもストレスを抱えているものです。もちろん、保育士も例外ではありません。保育士という職業にはやりがいがたくさんあります。けれども、小さい子供を預かる責任には相応のストレスがあり、離職率も高いのが事実です。では、保育士がどんな点にストレスを抱えやすいのか、ピックアップしてみました。

仕事量の多さ

保育士という仕事は、業務量が多いことでもよく知られている職業です。子供たちのお世話はもちろんですが、その他にも事務作業や行事の準備、保護者対応など、やらなければならないことが山積みです。残業や仕事の持ち帰りなども決して珍しいことではなく、プライベートな時間がなかなか持てず、ストレスの要因となっているようです。

職場での人間関係

保育の現場では、同僚となる保育士同士の連携がとても重要です。そのため、どうしても人間関係が濃厚になりやすく、それがストレスとなってしまう方も多いです。女性の多い職場なので、女性特有の人間関係に起因するトラブルに悩まされる人もいます。保育士に限った話ではありませんが、職場の人間関係がうまくいかないのは、働く人にとって大きなストレス要因となります。

子供との向き合い方

新人の保育士に多いのが、子供との向き合い方に悩んでストレスを抱えてしまうケースです。ずっと憧れていた保育士の仕事に就いたものの、いざ現場に出てみると、自分が思い描いていたようにはいかないものです。そんな場合、仕事への憧れが強い人ほど、理想と現実のギャップがストレスになってしまいます。

保護者との向き合い方

保育士として働くのであれば、保護者との信頼関係を築くことも大切です。けれども、些細なきっかけで保護者からクレームをつけられるなど、トラブルに発展してしまうこともあります。こうした保護者との向き合い方も、保育士がストレスを感じる要因となっています。

忙しいのに給料が低い

仕事が激務なのに対し、保育士の給料額は低いと言われています。他の業種の友人と比較して「こんなに働いているのになんで?」と、ストレスを抱えてしまう保育士の方も少なくありません。

将来のキャリアへの不安

一般企業では、就職後はスキルアップや昇給を目指してキャリアを重ねていくのが一般的ですが、保育士の場合、全員が必ずしもキャリアアップしていけるわけではありません。キャリアアップ制度が整備されていない保育園はまだ多く、役職に就いたとしても、お給料よりも業務量の方が増えてしまうといったケースも珍しくはないのです。そのため、保育士の仕事に将来性を見いだせず、キャリアへの不安がストレスになってしまうケースもあります。

保育士のストレス解消方法について

保育士の仕事は、子供たちの安全を守りながら、その成長をサポートしていくという大きな目的を持っています。その分、責任も大きく、プレッシャーやストレスがかかりやすい職業とも言われています。

日々ストレスを抱えながら仕事に取り組むのは、自分だけでなく、子どもたちにも良くない影響を与えてしまうかもしれません。そこで、日々溜まるストレスを解消する方法をいくつかピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

家族や友人に相談する

悩みを一人で抱え込んでしまうと、どんどん辛くなる一方です。誰かに悩みを話すだけでも気分転換になり、考えや気持ちを整理するきっかけになるかもしれません。

リラックスして睡眠の質を上げる

ストレスが溜まると睡眠の質が低下し、体調に悪影響が出る場合があります。好きな音楽やアロマ、お風呂など自分がリラックスできる時間を積極的に作り、睡眠の質を上げるように意識してみると良いでしょう。

職場から離れた場所に住む

家が職場に近いと仕事とプライベートを区別することが難しく、常に人の目を気にしてしまいストレスに繋がりやすくなります。そんな場合は、できるだけ職場から離れた場所に住んでみるのも良いでしょう。

作業を効率化できるよう考えてみる

保育士のストレス要因の代表格となっているのが、こなさなければならない業務の多さです。仕事に慣れてきたら仕事時間の短縮を目指して、作業の効率化を考えてみるのもおススメの方法です。ただ、アプリなどを活用する場合、無断で使用することで周囲との連携に問題が出そうだと思ったら、必ず先輩に相談してから利用するかどうか決めましょう。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士必見!避難訓練のポイントや注意点
保育士がかかりやすい病気とは?
注意したい病気と対策方法
保育士が転職するなら賞与の確認を!求人でチェックするべきポイントを解説
病児保育士とは?資格や仕事内容やを解説!
保育士が知っておきたいクッキング保育!
目的や注意点を紹介
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク