【年長クラス】保育士が5歳児を持つときのポイント!特徴や遊びの例

公開日: |最終更新日時:

年長クラスは、保育園生活最後のクラスです。そんな年長クラスの担任に抜擢され、重圧を感じる保育士も少なくないのではないでしょうか?そこで今回は、年長クラスを持つときのポイントや、子ども達の特徴、設定したい遊びの例をご紹介します。

年長クラスとは?

年長クラスには、5~6歳の子ども達が在籍しています。園内で一番大きいお兄ちゃん・お姉ちゃんになったことから、急に大人っぽく見えるのではないでしょうか?行事で発表する劇や合奏の難易度が上がり、練習や準備に追われたり、小学校入学の準備に入ったりと、年間を通して大変忙しいクラスです。

年長の子ども達は「自分のことは自分で」「お友達とのトラブルは自分たちで解決する」といった姿が見られます。担任の保育士には、子ども達の意見を尊重し、納得させながら進めていくスキルが求められます。

年長クラスの担任になったときの注意点

年長クラスの担任に選ばれ、背筋が伸びる思いだという人も少なくないでしょう。5歳児は、チャレンジ精神旺盛で「なんでもやってみたい」と考える時期です。今まで培ってきた成功体験から「自分ならできる」と、自信がついたからこその姿といえるでしょう。

とはいえ、なかには「失敗したくないからしない」「お友達にうまく意見を伝えられない」といった性格の違いが明確になる時期でもあります。そのため、保育士は全員が平等にチャレンジできる機会を与えるよう配慮する必要があります。そのほか、担任としての注意点は以下のとおりです。

保護者対応は丁寧におこなう

年長クラスは保育園最後の1年になるため、保護者からの期待や不安の声も多く寄せられます。そのため、子ども達のことだけでなく保護者対応でのコミュニケーション能力が求められます。「もうすぐ小学生になるのに不安」「最後だから劇では主役をしてほしい」など、さまざまな意見が届きますので、臨機応変に対応しましょう。

行事の練習や準備で忙しくなる

保育園最後の運動会や、生活発表会といった行事には大きな期待がかかります。保育園によっては鼓笛隊や和太鼓といった集団演技が目玉というところもあるでしょう。そのため、準備や練習で忙しい日々が続きます。決まっている予定から逆算して、あらかじめ余裕を持ったスケジュールを立てておく必要があります。

小学校に向けた取り組みをおこなう

年長クラスでは、翌年の小学校入学に向けての取り組みも始まります。ワークブックでひらがなを勉強したり、お昼寝をなくしたり、少しずつ生活リズムを小学生に合わせていきます。そのため、保育士はお昼寝時間にこなしていた仕事ができなくなったり、小学校に向けた書類作成などで手一杯になります。また、午後にも設定保育を入れるようになるため、1日を通して気を抜ける瞬間がなくなり、体力の有無が問われるでしょう。

年長クラスにピッタリの遊び

年長クラスは、少し複雑なルールの遊びでも簡単に覚えられるようになります。体のコントロールもうまくできるようになるため、どんどん新しい遊びにチャレンジさせましょう。ここからは、年長クラスにピッタリの運動遊びを、室内・園庭別にご紹介します。

年長クラスにおすすめの室内遊び

  • 全員で巨大迷路作り
  • お店屋さんごっこ
  • コマやけん玉などの伝承遊び
  • マット運動や跳び箱

年長クラスの室内遊びでは、お友達と協力して数日~数週間かけて作り上げていくものがおすすめです。作りたいものを相談したり、お友達と担当を決めたりして協力することで得られるものがたくさんあります。保育士は、子ども達に指示するのではなく「必要なものが必要な場所にあるよう」環境構成を行います。

また、マット運動や跳び箱にチャレンジしても良いでしょう。しかし、運動能力には個人差があるので、恐怖心を植えつけないよう無理強いしないような配慮が必要です。

年長クラスにおすすめの園庭遊び

  • ドッジボール
  • サッカーボール
  • 昇り棒や鉄棒
  • 各種おにごっこ

年長クラスの園庭遊びは、体をしっかり動かす遊びがピッタリです。ルールを覚えてドッジボールやサッカーをすれば、盛り上がること間違いなしですよ。しかし、勝ち負けにこだわりすぎて、悔し泣きする子どももたくさんいます。自分で気持ちを切り替えられるよう、保育士は見守る姿勢を貫きましょう。

まとめ

今回は、年長クラスの特徴や担任を持つときのポイントについて解説しました。年長クラスの担任には、子ども達を卒園させるという重大な任務があります。大変な1年になりますが、卒園式での感動は言葉では言い表せないものになるでしょう。子ども達が「保育園楽しかった」「小学校楽しみ」と思えるよう、しっかり関わってあげてくださいね。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
子どものおねしょ・保育士としての対応法
辞めたいけれど辞められない?就業規則と保育士の退職
保育士から園長になるには?必要な条件と仕事内容
好き嫌いは子供の成長?楽しく食べてもらうために保育士ができる事
保育士が知っておきたい
おやつのメリット&人気メニューを紹介
 
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
3サイトをチェック

当サイトでは、たくさんある各社公式の転職サイト(エージェント)の中から「保育士 転職」とGoogleで検索した際に表示された上位30社を調査。
転職エージェントを利用するときに気になる口コミ数、求人数、知名度それぞれのNo.1企業3社をピックアップして紹介します(※)。

関東で自分にピッタリの
職場が見つけられる

保育士に聞いた、
口コミ数No,1!

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してくれる

保育士に聞いた、
求人数No,1!

保育士バンク

全国的に有名で
安心して任せられる

保育士に聞いた、
知名度No,1!

マイナビ保育士

(※)2022年9月時点で「保育士 転職」とGoogleで検索した際に表示された上位30社を当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…Googleビジネスプロフィールの口コミ数
保育士バンク…公式サイトの公開求人数。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/
マイナビ保育士…保育士転職サイト4年連続認知度No.1 ※GMOリサーチの調査結果。参照元URL:https://hoiku.mynavi.jp/