保育士という仕事が向いている人の特徴とは

公開日: |最終更新日時:

基本的に保育士を目指している人の多くは、子供が好きで子供と関わる仕事がしたい!という想いを持っていらっしゃいます。ですが「保育」とは、文字通り「子供を保護して育てる」ことが仕事の本質です。「子供が好き!」という情熱は大切ですが、それだけでは「保育士」としての仕事に向いている人、とは言えないようです。

保育士に向いている人ってどんな人?

保育士の仕事は、「子供を保護して育てる」ことが本質となっています。もちろん、子供と関わる仕事ですから、「子供が好き!」という情熱は大切だと思います。しかしそれだけでは、子供たちを安全に保護し育むことはできません。「保育」のプロフェッショナルとして、子供に関する多くの知識を有することは必須となりますし、また子供たちのお世話や園の業務などをこなしていける体力も必要です。そして、一緒に働く仲間たちとはもちろん、保護者や地域の方たちなど、大人の人たちとの関りも多いので、コミュニケーション能力の高さも、保育士には必要なスキルとして挙げられています。

それでは、具体的にどんな人が保育士に向いているといえるのでしょうか?保育士になるための適性として挙げられている特徴を、いくつかピックアップしてみました。

特徴①・子供の成長に真剣に向き合える

保育の現場とは、預かった子供たちの成長をサポートしていく場所です。その中で保育士は「保育」のプロフェッショナルとして、子供たちの成長を優しく見守り、そして時には厳しく導いていくことが求められます。基本として「子供が好き」であるということは保育士の第一条件といえますが、単に甘やかしてかわいがるだけでは「保育」のプロフェッショナルとは言えません。子供の健やかな成長を促していくのに何ができるのかをプロとして常に考え、行動に移していけることができる人、というのが適正として挙げられると思います。

特徴②・体力に自信がある

全力で動き回る子供たちを相手にする保育士の仕事は、はっきり言って肉体労働です。抱っこやおんぶ、そして遊びに夢中な子供たちの安全を確保しながら一緒に走り回るのは、かなりハードで体力がないと続きません。また、女性の多い職場なので、力仕事もこなさなければならないことも、体力を必要とされる要因となっています。ですので、基礎体力がしっかりとあり、日頃から体調管理がしっかりできる人というのも、保育士として適性があるといえます。

特徴③・コミュニケーション能力がある

保育士は人と関わっていく仕事ですので、高いコミュニケーション能力が求められます。子供たちとコミュニケーションがとれることはもちろんですが、特に保護者の方たちとの信頼関係を築けるかどうかも、保育士として働いていくために重要なポイントとなります。また、一緒に働く同僚とのコミュニケーションも大切になりますので、明るくポジティブで社交的な方が求められています。

特徴④・観察力に優れている

子供たちは大人と違って、まだ自分のことを言葉にして伝える、ということが上手ではありません。ですので、子供たちの表情や様子から「いつもと違う」と気付き、子供たちの気持ちを汲み取ってあげられる観察力に優れている人というのも、保育士には大切な資質であるといえるでしょう。

特徴⑤・ポジティブで感情表現が豊かである

子供たちは毎日何か新しい発見をし、それを先生に報告してくれます。「これ見て!」「これできた!」そんな子供たちの報告に対して、ポジティブで感情表現豊かに返してあげられる人、というのも保育士に向いているといえます。明るく大きなリアクションで対応してくれる先生は子供たちも大好きですし、前向きに取り組む姿勢は子供たちのお手本にもなります。

保育士は子供の成長のサポーター

園に通う子供たちにとって、一日の多くの時間を一緒に過ごす保育士の存在は、保護者の方に次いでかけがえのないものといっても過言ではないでしょう。保育士とは「子供の保育」の専門家として、保護者の方と共に子供たちの成長を見守るサポーター、という重要な役割を持っています。いかに子供たちの健やかな成長を安全に促すことができるかが、保育士の仕事であり役割といえますので、単に子供が好きで可愛がるだけでは務まらないといわれているのです。また、子供だけでなく保護者の方や同僚たちなど、大人との関りも多くなる仕事であることも、子供好きだけでは務まらない理由となっています。このように、保育士は思うよりも大変な仕事ではありますが、毎日一緒に過ごしている子供たちがすくすくと成長していく姿は、真剣に向き合えば向き合っただけ大きな喜びとなって返ってきてくれます。それこそ保育士という仕事の、一番大きな魅力であり醍醐味といえるのかもしれませんね。

関連ページ

保育士の転職エージェント(紹介会社)パーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士として働いていて、
子どもの顔と名前が覚えられない時の対策
適度な距離感を!保育士が人見知りの子どもに受け入れてもらうポイント
保育士を辞めて後悔している?
保育士の転職事情とは
保育士の服装はどうしたら良い?
仕事に支障が出ない服装とは
保育士って
ピアノはどれくらい弾けるのが理想なの?
 
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
3サイトをチェック

当サイトでは、たくさんある各社公式の転職サイト(エージェント)の中から「保育士 転職」とGoogleで検索した際に表示された上位30社を調査。
転職エージェントを利用するときに気になる口コミ数、求人数、知名度それぞれのNo.1企業3社をピックアップして紹介します(※)。

関東で自分にピッタリの
職場が見つけられる

保育士に聞いた、
口コミ数No,1!

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してくれる

保育士に聞いた、
求人数No,1!

保育士バンク

全国的に有名で
安心して任せられる

保育士に聞いた、
知名度No,1!

マイナビ保育士

(※)2022年9月時点で「保育士 転職」とGoogleで検索した際に表示された上位30社を当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…Googleビジネスプロフィールの口コミ数
保育士バンク…公式サイトの公開求人数。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/
マイナビ保育士…保育士転職サイト4年連続認知度No.1 ※GMOリサーチの調査結果。参照元URL:https://hoiku.mynavi.jp/