保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » 子持ちの保育士が正社員で働くには?
知っておきたいポイント

子持ちの保育士が正社員で働くには?
知っておきたいポイント

公開日: |最終更新日時:

子持ちの保育士は働くのが難しそう、と正社員で働くのを断念している方も多いのではないでしょうか。実は、保育園によって働きやすさは大きく異なります。ここでは、子持ちの保育士が正社員で働く時のポイントを紹介していきます。

正社員

正社員では働きにくい保育園がある

小さな子どもがいる保育士さんは、正社員になるなら子育てに理解がある保育園を選ぶことが大切です。保育園といってもピンキリで、保育士の人数が足りていないと、業務量を調整してくれない園もあります。大抵は早番・日勤・遅番があるので、7:00~20:00前後の時間帯に働ける人を募集しています。融通を利かせてくれる保育園だと、早番・遅番の免除をしてくれるでしょう。しかし、人数がギリギリの園だと時間帯の調整は難しいので、仕事とプライベートを両立させづらくなります。

チェックポイント1.「子どもの病気に交代できる体制があるか」

小さな子どもがいる保育士さんは、子どもが病気の時に休める保育園かどうかは確認しておきたいところです。休める体制が整っている保育園だと、子どもが病気になった時も休みの申請がしやすいでしょう。ただ、体制は整っていても、職場の人間関係によっては否定的な事を言われる可能性もあります。働いてみて否定的な意見が多い職場なら、体制が整っている保育園に転職を考えたほうが良いかもしれません。

チェックポイント2.「産休・育休の取得率が高いか」

勤務したい保育園の産休・育休の取得率がどうかチェックすると、子持ちの保育士に優しい職場か確かめられます。設立から長い歴史を持つ保育園なのに、産休・育休を取得している人がいない場合は、子持ちの保育士にとって勤務条件が厳しい可能性があるでしょう。労働時間が長かったり、休みを取得できなかったりと、辞めざるを得ない風土が出来ているケースが考えられます。子育て中の保育士さんは、産休・育休の取得率が高い保育園を探すと良いでしょう。

チェックポイント3.「託児制度があるか」

託児制度がある保育園だと、働く保育園に子どもを預けられるので、迎えに行く時間を考慮せずに済みます。別の保育園に預ける場合は、預けられる時間が勤務時間と被るケースが多いため、延長保育を使ったり、家族に迎えを頼んだりする必要があります。家族の協力を得られないと保育園に預けるのが難しいので、協力が得られないときは勤務時間を固定できる保育園か、託児制度のある保育園を探すのがおすすめです。

子育てママ・パパが働きやすい保育園もある!

保育業界は人手不足といわれているので、人員不足を回避するのに、子育てをしている保育士へのサポートが手厚い保育園もあります。子育てをしながら保育士を続けたいと考えているなら、勤務時間を固定している保育園、早番・遅番の回数を少なくしている保育園は狙い目です。

チェックポイント1.「クラスを持っていない保育士がいる」

特定のクラスを担当していない、フリーの保育士がいる保育園は、人員配置に余裕があって休みが取りやすいといえます。急に子どもが熱を出して休む場合も、代わりに担当してくれる保育士がいるので、気兼ねなく休みを申請できます。代わりの人がいない保育園だと急に休みを取得するのは難しく、無理してでも出勤を求められるケースが予想されるでしょう。病児保育の利用にお金がかかるため、休みを取得できない保育園で働き続けるのは難しいかもしれません。

チェックポイント2.「年収が高い」

保育士の年収が高い保育園だと、子育てに余裕が生まれやすいのでおすすめです。仕事と育児に追われて忙しい状態が続くと、出来合いのものを買って息抜きしたくなるもの。金銭的に余裕がないと高いサービスを利用するのがはばかられるため、子持ちの保育士さんが勤務するなら年収が高いかどうかは重要なポイントだといえます。

チェックポイント3.「子育てしている保育士が多い」

子育てしている保育士が多い保育園は、子育てに理解がある環境が整っている可能性が高いでしょう。子どもの病気や業務で休む際にも理解を示してくれるので、ストレスが溜まりにくいのが魅力的です。

正社員で働くなら家族の協力も必要!

正社員で働くなら、保育園の環境が整っていることも大切ですが、何よりも家族の協力が必要です。パートナー・実家・義実家を頼れないか検討してみてください。特に、勤務時間を固定する場合は、終わらなかった仕事を持ち帰ることが多くなるため、家事の分担を頼んでおくと安心です。

子どもがいると保護者から頼られる保育士に

保護者の中には、育児の経験がある保育士に、クラス担任をしてほしいと望んでいる人もいます。困った時に子育ての相談をできるのが、保護者にとって魅力的に映るようです。子持ちだからといってマイナスな面ばかりではないので、体制の整った保育園でぜひ子育て経験を活かしてくださいね。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士資格があれば転職先は多数!スキルアップに有利な資格もご紹介します
保育士の勤務時間は長い?休憩時間はある?実態を紹介
保育士も年度途中で転職できる!退職しにくい背景と考えておきたいこと
保育園の園長の年収を知りたい!
将来的に稼げる金額とは?
【東京】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク