保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » 保育士として働くときに、
仕事の持ち帰りはどのくらいあるの?

保育士として働くときに、
仕事の持ち帰りはどのくらいあるの?

公開日: |最終更新日時:

保育士は残業が多い、と耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。ここでは、どのくらい残業があるのかを解説しています。保育士として就職・転職を考えているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

持ち帰り仕事のイメージ

保育士の持ち帰り仕事の実態とは?

最近は、「労働時間外の仕事をさせない保育園」、「仕事の持ち帰りがない保育園」が増えています。保育士の労働環境の悪さが嘆かれる中、対策を講じる保育園が続々と登場しているのです。また、仕事の持ち帰りを減らしているのは、個人情報の取り扱いが年々厳しくなっている事も背景にあります。

転職エージェントからの一言

ひと昔前の残業が多い保育園では、子育てと仕事の両立が難しく、募集しても保育士が中々集まらない事態が発生しています。保育士不足を解消しようと、園児だけでなく、保育士が過ごしやすい環境を整える保育園が増えています。もし、今の職場の労働環境が悪いなら、思い切って「残業なし・持ち帰り仕事なし」の職場を見つけるのも手ですよ。

保育士の持ち帰り仕事
どんなものがあるの?

保育士の持ち帰り仕事は、たくさんの種類があります。ここでは、持ち帰りになる仕事の一例を紹介します。

室内の飾りつけ

保育室・お遊戯室は月毎に壁面飾りを変える保育園が多く、勤務時間中に作業が終わらない時は残業や持ち帰り仕事となります。その他にも、誕生日の壁面飾り付けや、七夕やクリスマスといった行事の飾り付けも並行してあります。

転職エージェントからの一言

行事が多い保育園は、飾りつけの作業が多く、人手不足だと持ち帰り仕事になるケースがあります。行事量に見合った人員を確保できているか、転職前に一度確認しておきたいところです。

イベントの準備

保育士は、イベント準備を早い段階から進めていく必要があります。何時に何のイベントを行うと予定を公表しているので、間に合わない場合は残業や持ち帰り仕事となります。開催日が迫ってから慌てないように、早いうちに具体的な段取りを決めるのが大切です。主に準備が必要なのは、イベントのテーマ・装飾内容・各クラスの制作物・ゲーム内容・出欠確認表・持ち物や注意事項のプリント・トラブル対応の確認です。どの段階で終わらせる必要があるのか、保育士同士で話し合い勤務中に少しずつ終わらせていきましょう。

転職エージェントからの一言

イベント準備を滞りなく進めるには、他の保育士の協力が必要です。日頃から保育士同士が意見交換できる環境が整っているか、転職前の園見学でチェックしておくと良いでしょう。また、早めに処理する癖をつけていくと、期日間際に慌てずに済みます。

園便り・クラス便りの作成

どの保育園にも、必ず園便りやクラス便りがあります。園便りは、園長や主任保育士が書くケースと、保育士に順番に回ってくるケースがあり、保育園によって実施状況は異なります。大体月1回の発行なので、当番制のケースでも数カ月に1度の作業で済むでしょう。ただし、クラス便りは担任なら毎月書く必要があり、保育園によっては月3~4回も発行するところもあります。書きなれていないと時間がかかるので、持ち帰り仕事となる可能性も捨てきれません。

転職エージェントからの一言

日頃からクラス便りを書く練習をしておくことが大事です。今まで書いたものを季節ごとに分けて保管しておけば、来年書く際の参考になります。大体は時候の挨拶から始まり、行事予定や誕生日を迎える子どもの情報、保育士のコメントやお知らせを書く流れとなります。インターネット上に、クラス便りを公開している保育園もあるので、初めのうちは参考にして書くのが良いでしょう。

日常保育の準備

乳幼児期の子どもを受け持つならともかく、活発に遊びまわる年代の子どもを受け持つ場合は日常保育の準備が必要です。子ども達に工作をさせる場合は、事前に見本を準備しておかなければなりません。お昼寝(午睡)中に、効率良く準備することが大事でしょう。

転職エージェントからの一言

子ども達が分かりやすいように、工作はステップごとに見本を用意しておくのが大事です。子ども向けの簡単なものを用意しておけば、教える時もスムーズに作業を進められます。工作や遊びについては、インターネットや本で探せるので、手が空いた時に探しておくと良いでしょう。

正社員とパート職員では
仕事の持ち帰り量が違うことも

多くの保育園では、正社員になると上記の仕事に加えて、園内研修・食育研修・児童表(指導計画)の書類作成の業務も増えます。保育園によって多少内容は異なるものの、飾りつけと書類作成が膨大にあるため、仕事を持ち帰らざるを得ない保育士が多いようです。残業・持ち帰り仕事が少ない保育園に転職を考えているなら、一度園見学をさせてもらって、「人員不足に陥っていないか」、「日中作業する時間があるか」の2点を確認することをおすすめします。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士から園長になるには?必要な条件と仕事内容
保育園で働く栄養士としてのキャリアアップ!求められるスキルや資格は?
3年は続けるべき?保育士が転職を考えるのに良い勤続年数の目安
転職時にチェックしたい!保育士の家賃補助
保育の腰痛の原因&予防方法を解説!
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク