保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » 保育士には体力が必要?子どもの相手で苦労しないための3つのポイント

保育士には体力が必要?子どもの相手で苦労しないための3つのポイント

公開日: |最終更新日時:

保育士は人気の職業ですが、たくさんの力を身につけておかなければなりません。子どもへの指導力や観察力はもちろん、保護者とのコミュニケーション能力など、必要な力は多岐に渡ります。

しかし、そのなかで離職にも繋がりかねないのが体力です。今回は、保育士に体力が必要不可欠な理由と、体力不足で苦労しないためのポイントを3つご紹介します。

保育士に体力が必要と感じる場面

保育士になるには体力が必要だと聞いたことはありませんか?実は、その通りなんです。「子どもと遊んでいるだけ」と言われることのある保育士ですが、子どもと一緒に走ったり踊ったりするだけでなく、掃除や給食、排泄や着脱の介助など、さまざまな業務があります。

まさに、息つく間もなく走り回っている状態です。では、具体的にどんなときに体力が必要と感じるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

早出勤務や遅出勤務への対応

保育園にもよりますが、保育士には時差出勤があります。そのため、朝6時から出勤することもあれば、夜9時まで延長保育を担当することも…。勤務の間、動きっぱなしなことが多く、疲れ果てて帰宅する人も多いようです。

乳児クラスでの長時間における抱っこ

乳児クラス担当であれば、走り回ることもなく「赤ちゃんのお世話」だけで良いと考える人も少なくないでしょう。しかし、乳児クラスは愛着関係の形成のため、なるべく抱っこでのお世話を推奨する保育園も多く存在します。

また、一人泣き出せばもう一人と伝染し、クラス中が涙することも珍しくありません。そのため、乳児クラスの担任は、長時間に渡る抱っこにより、体に負荷がかかるといえます。

幼児クラスでの自由遊び

幼児クラスの子ども達は、とにかく元気いっぱいです。園庭にでれば、かけっこやボール遊びといった活発な遊びが主流で、安全に留意しながら保育士も参加します。新しい遊びを指導するときも、率先して見本を見せなければなりません。このように、幼児クラスの保育士も体力が問われます。

保育士が体力の限界を感じるとき

保育士のなかには、体力がもたないことを理由に離職を考える人も少なくありません。具体的には、保育士は以下のようなときに体力の限界を感じるようです。

  • 年齢を重ねたとき
  • 仕事に追われ睡眠時間が削られるとき
  • 体調を崩しやすくなったとき

新米のころは子ども達と毎日走り回っていたのに、年齢を重ねると「体力不足でついていけない」と感じる人も多いようです。また、寝不足や疲労が重なれば体調を崩しやすくなります。

そのほかにも、子どもの抱っこで腰や膝に負荷がかかり、体力の限界を感じて転職を考える人もいます。

子どもの相手で苦労しないためのポイント

保育士は、確かに体力が必要な仕事です。しかし、体力がないと保育士になれないわけではありません。ここでは、体力がなくても保育士として苦労しないポイントを解説します。

よく食べてよく寝る

保育士にとって、体調管理は重要な仕事のひとつです。体力がないと風邪をひきやすくなりますので、強い体作りは常に意識しておかなければなりません。どんなに忙しくても、よく食べてよく眠るといった、基本を大切にしましょう。

全ての要求に付き合わない

保育園の子ども達は、毎日元気いっぱいです。保育士として、子どもの遊びに参加するのは当然のことですが、全ての要求に付き合う必要はありません。ときには遊びの中心から外れて、安全管理に目を配ることもありますよね。

幼児になれば保育士の介入なく、子ども同士で相談して遊びを発展する力もつけていきます。うまく体力を温存しながら関わっても良いのではないでしょうか?

自分に合った保育園を選ぶ

体力に自信がないからと、保育士自体を諦めてしまうのは大変もったいないことです。例えば、園庭のない小規模保育園や、病院の託児ルームのような場所での勤務ならどうでしょうか?限られた空間のなかでの保育となるため、走ったり踊ったりといった体力の必要な運動が避けられます。

このように得意不得意を考えて、自分に合った保育園を選ぶ方法もあります。

まとめ

今回は、保育士に必要な体力について解説しました。仕事終わりにクタクタで帰宅して、体力の限界を感じたことのある保育士は少なくないはずです。しかし、体力が原因で他の職業に転職する必要はありません。体力がなくても保育士として勤務できる場所はたくさんあります。保育士としての資格や知識を無駄にしないよう、自分に合った職場を探してみてはいかがでしょうか?

とはいえ、求人情報を見るだけでは、その職場の保育士がどのような仕事内容をこなしていて、どれくらい体力が必要か見極めるのは難しいですよね。保育士の転職なら「保育士転職エージェント」の利用がおすすめです。保育に特化した専門知識から、的確なアドバイスを受けることができますよ。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士が転職する際に必要な書類を紹介!保険の手続きも忘れずしよう
【東京】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!
保育士のスキルが活かせる業種
「〇〇先生?」「〇〇ちゃん?」保育士や子どもの呼び方と言葉遣い
保育士の転職にベストなタイミングとは
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク