保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » 保育士に休憩時間はない?休憩が取れない保育業界事情とは

保育士に休憩時間はない?休憩が取れない保育業界事情とは

公開日: |最終更新日時:

一般企業では当たり前のようにある休憩時間ですが、保育の現場では休憩時間はあってないようなものだということを、ご存知でしょうか。小さい子供を預かって保育する、という仕事上それは仕方ない、と諦めている保育士の方も多いそうですが、それでは体力的にも厳しくなり働く意欲も低下してしまうことでしょう。何より、労働者が休憩時間を取ることは労働基準法という法律で定められています。つまり、休憩時間が確保されていないということは、その園が労働基準法に違反しているということになるのです。

保育業界での休憩時間事情とは

保育士の仕事は子供に関わることだけではなく、連絡帳への記入や書類の製作、行事の準備など多岐にわたります。そのため、休憩時間に充てられている時間にもそうした仕事を行わなければ、1日の仕事量をこなすことは難しいのだそうです。例えば、お昼寝の時間を保育士の休憩時間にあてている施設は多いそうですが、実はお昼寝中の子供たちの見守りをしなければなりませんし、子供たちが寝ている間に連絡帳を書いたりと別の仕事をしたりするので、実際には休憩できていないといえるのです。また、慢性的な人手不足というのも、休憩時間が取れない理由となっています。保育士の人員が十分であれば、お互いに交代しながら休憩を取ることも可能ですが、ギリギリの人数ではやはりどうしても休憩時間が取りづらいそうです。

労働基準法で定められている休憩時間

労働者である保育士においても、労働基準法で定められている休憩時間に関する定義が適用されます。労働基準法34条では「労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも60分(1時間)の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない」とされています。ここでいう労働時間とは、シフトに組まれている時間ではなく、実際に働いた時間のことを指します。例えば、8時間勤務のシフトでも残業を行った場合、労働時間は8時間以上ということになります。これを34条に照らし合わせて休憩時間をみると、この場合は1時間以上の休憩が与えられる、ということになるのです。

<労働時間別の休憩時間>

6時間勤務:休憩なし

6時間勤務+残業:休憩45分以上

8時間勤務:休憩45分以上

8時間勤務+残業:休憩60分以上

休憩時間を確保するにはどうすべき?

休憩時間がない、または休憩時間があってもその時間で行わなければならない仕事があり休めない、といった場合、どうしたら休憩時間が確保できるようになるのでしょうか。その解決策としては、次のようなことが挙げられています。

「休憩時間のルールの見直しを要望する」

保育園に対して休憩時間を見直してほしい旨を要望し、現状を改善してもらうようにします。しかし、ただ休憩時間が伸びてもやはりその時間内で働かなければならないとしたら、それは意味がありません。保育士が園内の心配をせずに休憩が取れる体制(ルール)作りをしてもらえるよう、「労働基準法に則ったルール作り」を要望していきましょう。

「休憩時間が確保できるよう人員の増員を要望する」

保育士が休憩時間に仕事をしなければならないのは、一人が担う仕事の量が多すぎるからです。十分な人員が確保できていれば、仕事にも余裕が生まれ休憩時間も確保しやすくなるといえます。

「労働局などに相談し改善を要望してもらう」

自分たちの働きかけではどうにもならない場合は、労働局などに現在の休憩時間の現状を訴え、保育園に改善指導してもらえるよう要望を出していきます。

「しっかり休憩時間が確保できる園に転職する」

上記で挙げた3つの方法も、実際に改善につながるかというと残念ながら難しいというのが現状です。そのため、現在の労働環境を変えようと思ったら、思い切って転職を考えるのが一番現実的であるといえるでしょう。その際には「休憩対応保育士がいる」「配置基準を十分に上回る保育士がいる」「仕事が効率化されている」「行事が少ない」「残業・持ち帰り仕事が少ない」といった特徴をチェックして、休憩時間が確保しやすい保育園を見極めていくと良いでしょう。

離職率の軽減にも休憩時間の確保は大切

保育士の休憩時間の確保は、法律でも定められた与えられるべき権利ですが、実際には労働基準法に違反しているのでは?という労働環境の園が多くあるのが現状だそうです。休みの取れない環境で、体力的に厳しくなり保育士を辞める人も少なくはなく、保育士の離職率を上げる要因となっています。そのため、保育の仕事を続けていきたい保育士の方にとっても、保育士に長く勤めてもらいたい保育園側にとっても、休憩時間の確保は解決すべき大切な問題といえます。保育士個人としては、休憩時間確保のため転職も有効な手段ですが、理想の職場環境にしていくにはどうしたら良いのか、保育園全体で改善に向けた取り組みを行っていくのもおススメです。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士の繁忙期はいつ?その理由や忙しい時期の乗り越え方を解説
保育士の転職、誰に相談したらよい?
保育士転職の応募数の平均は?求人が多くなる時期も紹介
児童発達支援管理責任者とは?
仕事内容と資格取得の要件
保育園の給食 直営・委託でどう違うの?
栄養士の仕事内容で異なる点をピックアップ
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク