保育士のレベルアップを目指す「園内研修」とは

公開日: |最終更新日時:

保育士や提供する保育の質を向上させるために、保育の現場では度々「研修」が行われます。「園内研修」もそんな研修の一つで、これは保育園が園内で働く保育士たちに向けて行う、園主催の研修になります。そんな、日頃同じ職場で働く保育士同士で行う園内研修には、どのようなメリットが期待されているのでしょうか。

保育園で行われる「園内研修」とは

近年では共働き世帯の増加など働き方の変化により、保育園に対するニーズは高まる一方です。そのため保育に求められるものも多様化し変化し続けているので、それに対応できるようにするためにも、保育の質の向上に努めていくことが保育園側の必須課題となっています。そこで取り入れられているのが「研修」という場です。保育士の研修には、主に他の園の保育士と一緒に行う「外部研修」と、同じ職場で働く保育士同士で行う「園内研修」があります。他の園の保育士と交流できる「外部研修」もとても有意義なものですが、ここでは園で主催する「園内研修」についてご紹介していこうと思います。

「園内研修」を行う目的

保育園が「園内研修」を行うのは、保育士の保育力を高めていくことと、保育園が提供する保育の質を高めていくことを目的としています。そのため外部研修とは違い、実際に働いている現場にある課題に、実際に働いている保育士同士で取り組むことができるのが、園内研修の大きなメリットであるといえるでしょう。また、それぞれの保育園の現状に合わせて研修を行っていくことができますし、園全体で研修内容を共有しよりスピーディーに結果を現場に反映させていくことにも、期待ができるとされています。

「園内研修」を実施する主な方法

園内研修を実施する方法として、3つの実施方法が挙げられています。その研修で取り組みたい課題や、保育園の現状などを考慮して、より適切と思われる方法で園内研修を行っていくと良いでしょう。

ディスカッションを行う

園内研修の実施方法としては、一番基本的な方法といえます。日々の保育現場で直面している悩みや課題など、気づいたことをお互いに話し合い、解決策や改善策を見出すために意見交換をしていきます。この方法のメリットは、忙しい保育現場から離れて、他の保育士の視点や意見を客観的に聞くことができることにあります。

公開保育の実施

外部から見学者を招いて日常の保育を公開することで、その内容を見学者に評価してもらう方法です。日々実践している保育を外部の保育士から客観的に指摘してもらうことで、園のスタッフだけでは気づけなかった点を知ることができるのが、この研修方法のメリットになります。

外部講師を招く

園で取り上げたい明確なテーマ、例えば「病児保育の知識向上」や「保護者の対応法」などに対し、その専門的な知識を得るため外部から講師を招いて行う研修方法です。園内の職員だけで行うよりも、緊張感がある研修となります。

「園内研修」を有意義なものにするためには

園内研修は一般的に、園長や主任保育士などが主体となって、企画・運営が行われます。そのため働く保育士に「つまらない」「面倒」、としばしば思われてしまい、あまり前向きに取り組むことができない、ということがあるようです。こうしたケースにならないよう、園内研修が有意義なものとして取り組めるようにするためには、以下のようなポイントを踏まえることがおススメとなるそうです。

ポイント① 少人数・短時間で行えるようにする

園全体で研修を行おうとすると、どうしても勤務時間外に行わなければなりませんので、開催すること自体が難しくなってしまいます。まして、保育士の人手不足に悩む保育園であれば、なおのこと研修時間の確保は難しい問題となっていることでしょう。そこでポイントとなるのが、「少人数・短時間」というワードです。クラスごとなど、研修人数を少人数にして回数を分け、スパッと短時間で終了できるように工夫をすることで、集中できますし達成感も感じやすくなると思われます。

ポイント② 保育士が知りたいことをテーマにし話しやすい場を作る

保育士が研修に前向きになれるよう、研修のテーマを保育士が知りたいと思っていることに設定するのも、大切なポイントになります。そのためには、主催する側がテーマを決める際に、保育士から事前に知りたいことをリサーチしておくことが必要になります。また、保育士同士がテーマについて、積極的にディスカッションできるよう、話しやすい雰囲気作りというのも、欠かせないポイントとなります。

ポイント③ わかりやすく興味を引く資料・内容作りをする

研修を行っていくときに、やはり配られた資料や研修の内容が興味をひかれたり、わかりやすいものでなければ、退屈に感じてしまうことでしょう。研修資料の作成をする際には、文字による情報提供だけではなく、画像を使ってよりわかりやすい内容にすることも大切なポイントになるそうです。また研修中に、テーマに沿った動画を見るのも、客観的に保育を見ることができるため、質を向上させるのに適しているそうです。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士転職エージェントで紹介してもらうと内定率が上がる?秘訣を紹介
小規模保育園のメリットとは?どんな保育士が向いている?
保育士が知っておきたい発達障害の子供の接し方
保育士へ転職する際に
健康診断は必要なのか?
児童館で保育士資格を活かそう!施設の特徴と仕事内容
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク