【株式・社福】保育園の違いとは?

公開日: |最終更新日時:

最近、首都圏で増えている「株式会社が運営する保育園」は、社会福祉法人が運営する保育園とは何が異なるのでしょうか。ここでは、株式会社と社会福祉法人の保育園のどちらで働こうか悩んでいる人のために、運営主体の違いによるメリット・デメリットを紹介していきますね。

株式会社が運営している保育園ってなに?

株式会社が運営する保育園は、営利目的でつくられています。収益に対して法人税が発生するほか、道府県民税・市町村民税・固定資産税・事業税もかかります。保育園を運営する際の補助金に関しても対象外が多く、施設整備費の補助金が出ないうえに、自治体による補助金加算もほぼ対象外であるという違いがあります。

ただし、運営費に関しては補助金が出るため、株式会社が運営しているからといって、給与額に大きな差がある訳ではないので安心してくださいね。

株式会社の保育園で働くメリットとは?

株式会社の保育園は、保育士の平均給与額よりも低い園もあれば、平均給与額を大きく超える園もあり、もらえる給与がピンキリです。高い給与がもらえる保育園に転職できれば、安定した給与が得られるのが大きなメリットだといえます。

また、福利厚生が充実しているケースも多く、研修制度や資格取得の支援制度を活用してキャリアアップを望めます。社会福祉法人が運営する保育園に比べると、開園してから歴史が浅いのでベテランスタッフ、いわゆる職場のお局様が少ない状態のところが多いでしょう。

株式会社の保育園で働くデメリットとは?

株式会社の保育園で働くときのデメリットとしては、開園から歴史が浅いからこそ、先の見通しが立たない点が挙げられます。長期にわたって働き続けたいと考えている人にとっては、経営リスクがあるのは痛手になるでしょう。

また、利益を追及するあまり、給与が低い保育園も存在します。入社してから給与の低さにガッカリしないためにも、事前に給与額・賞与・手当をしっかりとチェックしてから転職先を決めるのがおすすめです。

転職エージェントからのアドバイス

株式会社が運営する保育園に転職を考えているなら、給与と福利厚生は前もって確認しておきましょう。資格取得の支援に力を入れている保育園や、手当や賞与が十分に支給されている保育園だと、キャリアアップしやすいのでおすすめです。保育士が投稿する保育園の口コミ評判サイトなどを活用すると、給与や福利厚生に関する情報を前もって調べられますよ。

社会福祉法人が運営している保育園ってなに?

社会福祉法人が運営する保育園は、社会福祉事業を目的としてつくられています。営利目的の保育園ではないので、税金面で優遇されています。法人税は収益事象で発生したものに対してのみで、都道府県民税・市町村税・固定資産税(社会福祉事業用)・事業税が原則として課税されません。

また、各種補助金も対象で、施設整備費・運営費の補助金が出るほか、自治体による補助金加算もあります。さらには、開園時には医療福祉機構による低利融資も受けられます。

社会福祉法人の保育園で働くメリットとは?

社会福祉法人が運営している保育園は、開園から長い歴史を持つところが多く、経営状態が安定しています。不景気で退職勧奨されるリスクが低く、長く働きたい保育士に向いているでしょう。

また、既に確立された保育の方針があるため、ゴールがハッキリとしているので働きやすいというメリットがあります。新しい取り組みに挑戦するよりも、着実にスキルアップしていきたい時に重宝します。

社会福祉法人の保育園で働くデメリットとは?

社会福祉法人が運営する保育園で働くデメリットとしては、ベテランスタッフが多いという点が挙げられます。長く働いている保育士が多く、力関係が出来上がっている保育園も中にはあります。新人のうちは、慣れるまでに時間がかかる可能性があるでしょう。

また、営利目的ではないので、設備・遊具にかけられる予算が決まっているため、新しい取り組みにチャレンジしにくいという側面もあります。どんどん新しいことに挑戦したいと考えている保育士にとっては、物足りなく感じるかもしれません。

転職エージェントからのアドバイス

社会福祉法人は安定して働けるので、長く働きたい人に向いています。ベテランスタッフも多いため、既に方針が確立されている保育園で保育の基礎を身につけたいという時に便利ですよ。

株式会社・社会福祉法人の保育園で悩んでいるなら
給与面・保育園の方針・福利厚生で選んでみて

株式会社も社会福祉法人も、どちらも給与・福利厚生は保育園によって大きく異なります。どちらが運営する保育園で働くか迷ったときは、運営主体の違いではなく、給与面・保育園の方針・福利厚生に着目してみましょう。給与・福利厚生がしっかりとあって、方針がマッチするところを選ぶと、転職後もストレスがなく働き続けられますよ。転職前に気になる保育園の条件を比較しておくと、働き初めてからのギャップを少なくできるのでおすすめです。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士が保護者に嫌われる原因!信頼関係を築くための5つの方法
保育士のスキルを伸ばす!
複数担任制のメリットとは?
男性保育士の転職~スキルアップのポイントとは
保育士の結婚~現実として考えるべきポイント
保育士転職成功のカギは志望動機!書く際のポイントや例文をご紹介
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク