保育士も知っておこう!離乳食の基本の進め方

公開日: |最終更新日時:

乳児クラスの担任になると、離乳食の援助をすることになります。「あまり噛まずに飲み込む子」もいるかと思いますが、離乳食の時期の食べ方が影響している可能性があります。そこで今回は、離乳食の基本の進め方を紹介します。

離乳食を援助する保育士のイメージ

離乳食の進め方

離乳食には、初期、中期、後期、完了期の4つの段階があります。順番にみていきましょう。

初期:目安5~6か月

保育園で離乳食を開始するのは、5~6か月ごろが多いです。以下のような子どもの状態を目安にしましょう。

  • 首がすわっている
  • 保育士に支えられると座れる
  • 食べ物に興味を示す

まずは食事に慣れるところから始めます。1日1回、つぶしがゆからスタート。状況をみて1日2回食へと移ります。母乳やミルクから栄養をとるのがメインなので、少しずつでOKです。食材は裏ごしして、ペースト状にします。

  • 1日1~2回食
  • 食材は裏ごししペースト状にする
  • つぶしがゆから徐々に10倍がゆへと移行する
  • メニュー例:つぶしがゆ+野菜ペースト1~2種類+野菜の煮汁スープ

食べさせる際には、口を開いた赤ちゃんの下唇にスプーンを置き、赤ちゃんが自分で口を閉じるまで待ちましょう。スプーンを引き抜く際は、上に引くのではなく、まっすぐ水平に引くのがポイントです。上あごに食材を擦りつけて抜くと、「丸のみ」してしまう可能性があるので注意しましょう。

中期:目安7~8か月

離乳食中期では、少しずつ味をつけていきますが、素材の味を経験するため、やさしい味に仕上げます。保育園では、細かく刻んだ、うどんやパスタなどの麺類がでるときもあります。

  • 1日2回食
  • 食材は舌でつぶせる固さ
  • 7倍がゆから徐々に5倍がゆへと移行する
  • メニュー例:おかゆまたはパンがゆ+主菜(たんぱく質)+副菜(野菜の煮物)+スープ(具入り)

7~8か月ごろになると、椅子に座って食べられる子どもも増えてきますが、このとき、椅子の高さをよくみてあげましょう。コツは、子どもの足の裏が床につく高さです。足がつくと重心が安定し、食べやすくなります。高さが合わない際には、牛乳パックや菓子箱を利用し、手づくりの足置きを作ってあげましょう。実際に活用している園もあります。

後期:目安9~11か月

離乳食後期になると1日3回食になり、手づかみ食べが始まります。野菜は1㎝の角切りにし、噛んで食べる練習ができるように煮ます。

  • 1日3回食
  • 食材は歯ぐきでつぶせる固さ
  • 5倍がゆから徐々に軟飯へと移行する
  • 手づかみ食として、メニューにゆで野菜のスティックまたは食パンスティックがつく園もある

この時期は、自分で食べようと手を伸ばす姿もみられるようになります。手づかみ食べが始まりますが、上手に食べられるわけではありません。つかんで食べる経験が重要になるので、食べこぼしても、ゆったりした気持ちで温かく援助・見守っていきましょう。

完了期:目安12~18か月

完了期になると、ある程度固さのある食材も食べられるようになります。しかし「大人と同じご飯を食べていい時期」ではないため、濃すぎる味付けは避けましょう。

  • 1日3回食+おやつ
  • 少し力を入れてつぶせる固さ
  • 軟飯から普通飯へ移行する
  • 自分でスプーンで食べる練習もしていく

スプーンとフォーク、どちらがいいか悩む保育士さんもいるかもしれませんが、スプーンを使用するほうがいいです。なぜなら、手首の返しの練習にもなるからです。スプーンは、うまく手首を返さないと食べこぼれてしまいます。うまくできるようになると、箸への移行もスムーズになっていきます。子どもは使いながら学んでいくので、援助しすぎず、「自分で食べようとする意欲」を大切に見守ってあげましょう。

アレルギーについて

少し前に比べて、アレルギーの子どもが増えてきました。アレルギー検査をしないまま入園させる保護者もいます。そのため、完了食に移行する際には、以下の食材についてアレルギー反応はないか、保護者に確認しましょう。

  • エビ・イカ
  • さば
  • たまご・マヨネーズ
  • 小麦
  • ピーナッツ
  • チーズ
  • カレールー
  • メロン

子どものアレルギーの度合いにもよっても配慮が必要になります。たとえば、たまごアレルギー。ハンバーグなどの「つなぎ」に使用したものでも反応する子もいれば、「卵焼き」など、たまご料理のみ反応する子もいます。乳アレルギーも同様です。牛乳そのもののみ反応する子もいれば、チーズなどの乳製品全般がNGな子もいます。園のおやつでは、市販のお菓子がでることもあります。製造ラインにアレルギー成分が含まれている場合も多いので、必ず製造ラインや使用されいている食材名を確認しましょう。また「はちみつ」は、ボツリヌス中毒になる恐れがあるため、1歳になるまでは絶対に与えないように気をつけましょう。

まとめ

離乳食の進め方の基本を紹介しましたが、当然、子どもによって個人差があります。「〇か月には必ずできなければならない」ものではありません。奥歯の生え方や食べ方をみながら進めていきましょう。よほど「遅いな」と思ったときには、保護者とも相談しながら、その子に合った方法で援助していきましょう。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
保育士の転職にベストなタイミングとは
保育士って
ピアノはどれくらい弾けるのが理想なの?
主体的な学び方★アクティブラーニングってどんな学習法?
保育士が転職するなら賞与の確認を!求人でチェックするべきポイントを解説
保育士資格を独学で取得できる?受験資格や難易度を解説!
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク