乳児院とは?施設の役割・仕事内容と必要な資格

公開日: |最終更新日時:

乳児院とは、何らかの理由で家族との生活が困難な乳児を預かる施設です。一般的な保育園と異なる体制がとられており、乳児院ならではの大変さや、やりがいがあります。今回は乳児院の役割や仕事内容、必要な資格について紹介します。

乳児のイメージ

乳児院はどんな施設?

乳児院とは、さまざまな事情から、保護者との生活が困難な乳児を保護し、養育する施設のことです。おもに0歳~2歳児の子どもが入所し生活しています。家族と暮らせない子どもたちの「おうち」のような存在といえますね。24時間体制で乳児のお世話がされており、乳児院で過ごした子どもたちは、大きくなると保護者のもとへ戻ったり、里親に引き取られたりします。児童養護施設へ入所する子どももいます。

どんな子どもが入所している?

「家族との生活が困難とは、例えばどんなこと?」と思う人もいるかもしれませんね。厚生労働省では、乳児院に入所している子どもの理由には以下のようなものが挙げられると説明しています。

  • 両親の精神疾患を含む病気
  • 保護者の入院・出産・離婚・家出・死亡
  • 両親の未婚
  • 虐待・ネグレクト
  • 両親がいるものの養育能力がない
  • 受刑

さまざまな理由で入所しているのがわかります。乳児院に入所する多くの子どもが心身に何らかの問題を抱えていることが多く、実際、入所児の約半数が病児・虚弱児・障がい児・被虐待児だといわれています。保護者が、我が子に対して「障がいが受け入れられない」「思い通りにいかない」という思いがあり、虐待やネグレクトにつながってしまうことがあるからです。

子どもの年齢層は?

乳児院が保護・養育する子どもの対象年齢は、原則1歳未満の乳児です。とはいえ、誕生日とともに退所するとは限りません。実際には2歳・3歳まで入所しているケースや、必要であれば5歳~6歳であっても保護や養育がおこなわれる場合もあります。

職員にはどのような人がいる?

乳児院は24時間365日体制で運営されているため、保育士以外の職種のスタッフもいます。児童福祉法により、以下の職員の配置が義務づけられています。

  • 保育士
  • 医師または嘱託医
  • 看護師
  • 個別対応職員
  • 家庭支援専門相談員
  • 栄養士及び調理員
  • 心理療法担当職員

子どもの発達をサポートする保育士のほか、健康面をサポートする医師や看護師、特別なケアが必要な子どもと1対1でかかわる個別対応職員、栄養士や相談員、カウンセリングなどをおこなう心理療法担当職員など、さまざまな職員がチームとなって勤務しています。

乳児院の仕事内容

乳児院で働く保育士の仕事内容には、次のようなものがあります。

子どもの援助

入所している子どもの養育をおこないます。おむつ替えや食事、入浴などのお世話や、トイレトレーニング、そして、絵本を読むなどの学びのサポートもします。一般の保育園と異なるのは、より一層「養育面」を重要としているところでしょう。入所している子どもは、心身に問題を抱えている子が多いため「教育的」ではなく、「家庭のような温かさ」を大事にしている施設もあります。

保護者のサポート

保護者サポートも重要な仕事です。子どもたちが保護者と一緒に暮らせる生活に戻れるよう、保護者と話し合い面会の機会を作ります。とはいえ、どうしたらいいのかわからない保護者もいるのが現状です。そのため保健師とも協力しながら、保護者に環境を整えるアドバイスや指導をおこないます。育児相談や退所後の子どものアフターケアも、保育士が担う仕事のひとつです。

乳児院で働くには?必要な資格

乳児院で働くには、次のような資格が必要になります。

    【国家資格】
  • 医師
  • 看護師
  • 保育士
  • 栄養士
    【任用資格】
  • 施設長…小児保健の学識経験を有する資格をもつ人、社会福祉施設の職員として3年以上勤務した人など
  • 児童指導員…社会福祉士の資格をもつ人、教諭の資格をもつ人など
  • 家庭支援専門相談員…社会福祉士もしくは精神保健福祉士の資格をもつ人など
  • 里親支援専門相談員…社会福祉士もしくは精神保健福祉士の資格をもつ人など
  • 心理療法担当職員…大学で心理学を学び、心理療法の技術を有する人

事務員や用務員の場合は、資格不要とする施設が多いですが、事務経験やパソコンスキルがあると採用につながりやすいかもしれませんね。

まとめ

乳児院の役割や仕事内容について紹介しました。乳児院に入所している子どもたちは、何かしらの問題を抱えている場合が多いため、乳児院は「福祉」の役割が強い施設といえます。24時間すべての時間を乳児院で過ごす乳児にとって、職員は必要不可欠な存在です。責任や役割は大きいですが、やりがいも感じられるでしょう。保育士資格を活かしたい人、転職を考えている人は、この機会に「乳児院で働く」働き方があることも視野に入れてみてください。気になる人は、ボランティア募集に応募してみるのもいいのではないでしょうか。また、大学などをとおして募集がかけられている場合もあるので、問い合わせてみてもいいですね。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士必見!子どもの正しい褒め方とは?具体例を解説
保育士のヘルニアは職業病?腰痛の予防法を紹介!
コロナ禍で保育士の仕事はどう変わったの?
仕事内容とトラブルについて紹介
保育士必見!学童指導員として働くには?資格や仕事内容を解説
保育士の転職先選びに便利な「転職イベント」
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク