保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » 保育士の働き方を見直そう!派遣で働く大きなメリットとは?

保育士の働き方を見直そう!派遣で働く大きなメリットとは?

公開日: |最終更新日時:

保育士は、ライフステージに合わせてさまざまな働き方を選択できます。「結婚後は家庭を大切にしたい」「子どもがいるから固定の時間で働きたい」「体調や趣味の時間を大切にしたい」といった希望に合わせて、働き方を見直している人も多いのではないでしょうか?

そんな自分に合った働き方を実現できるのが「派遣」保育士なのです。そこで今回は、保育士が派遣というスタイルで働くメリットを解説します。

派遣として働く保育士の特徴

保育士にはさまざまな働き方があります。ガッツリ働く正社員を希望したり、短時間のパート勤務を選択したりと、働き方は人それぞれです。

しかし、最近は「あえて派遣社員」を選ぶ保育士が増加傾向にあります。そこでここからは、派遣保育士の特徴について詳しく解説します。

派遣保育士のしくみ

派遣保育士とは、パートやアルバイトと同じく非常勤の雇用形態です。通常であれば、働きたい保育園に直接履歴書を提出し、雇用契約を結びますよね。しかし、派遣保育士は「派遣会社」に登録して雇用契約を結び、派遣会社から紹介された保育園で働くしくみになっています。

お仕事自体は保育園の指示に従って動きますが、お給料は派遣会社から支払われます。また、福利厚生や勤務条件などの相談も派遣会社とやり取りするのが特徴です。

派遣と正社員の違い

保育士の正社員は、派遣保育士とは異なり保育園に直接雇用されています。正社員で働く保育士は担任業務や早番遅番への対応など保育園の要となる仕事を担います。

そのため、ボーナスがしっかり支払われるのが特徴です。しかし、派遣保育士はボーナスが支給されない場合が多く、決まった時間で時給制、担任外の仕事が多い傾向にあります。

派遣とパートの違い

パートで働く保育士も、正社員と同じように保育園に直接雇用されています。パート保育士は、保育園から提示された時給で、募集されていた時間帯で勤務します。

しかし、パートの場合はほとんど時給が上がりません。一方、派遣保育士は時給が高く、派遣会社との相談で勤務時間を自由に変更することが可能です。

派遣保育士の仕事内容

派遣保育士の仕事内容は、派遣される保育園の方針によって異なります。しかし、雇用期間 がある保育士のため、担任などの責任のあるポジションへの配置は少ないようです。主にフリー保育士として、手が足りないクラスのサポートに入ります。

派遣保育士は残業や持ち帰りの仕事がなく、プライベートを大切にできるといった面がありますが、なかには「保育士としてのやりがい」を感じられないという人もいます。

派遣保育士のメリット

保育園との直接雇用ではない派遣保育士には、以下のようなさまざまなメリットがあります。働き方を見直す際に、参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • 派遣会社を通すため自分に合った保育園を紹介してもらえる
  • 保育園に直接言いにくいことも派遣会社が間に入ってくれる
  • 合わない保育園だとしても転職しやすい
  • 残業や持ち帰り仕事の負担がない
  • 担任業務などの責任のある仕事をしなくてもよい
  • パート保育士よりも比較的時給が高い
  • 固定勤務が可能のため、家事や育児と両立できる

以上のように、派遣で働く保育士にはさまざまなメリットがあります。その一方、ボーナスが見込めなかったり、保育士としてのスキルアップややりがいを感じにくいといったデメリットがあります。

しかし、自分のライフスタイルに合わせた働き方をしたいという人には最適な仕組みといえるでしょう。

保育士が派遣会社を選ぶときのポイント

派遣として働く保育士には、さまざまなメリットがあります。しかし、派遣会社選びで失敗すると「希望を全く聞いてもらえなかった」「聞いていた条件と違っている」というトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

そのため、派遣会社を選ぶ際には保育業界に強い派遣会社を選ぶことが大切です。さまざまな分野で派遣を請け負っている会社だと、保育士独特の悩みや問題に対する知識が薄い可能性があります。細かい希望を聞いてもらうためには、保育の知識が豊富な派遣会社を選びましょう。

また、派遣会社に登録してある求人数も多ければ多いほど良いといえます。有効な求人が多いほど、選択肢が広がるため、自分に合った保育園を探しやすいといった特徴があります。

まとめ

保育士のなかには「子どもを出産したから保育士をやめる」「激務で趣味の時間を確保できないから保育士をやめる」と考える人も少なくありません。

しかし、働き方は自分のライフスタイルの変化に合わせて見直すことができます。勤務先の保育園に言えない希望も、派遣会社を通してなら簡単に伝えることができます。保育士としての働き方に悩んだら、派遣保育士を検討してみてはいかがでしょうか?

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士の仕事を楽にする
「子どもが寝てくれない時の対象法」とは?
成功しやすい保育士の転職活動期間とは
辞めたいけれど辞められない?就業規則と保育士の退職
保育士に転職したい!仕事を探す方法とは?
保育士の同僚 呼び方はどうすればいい?
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク