保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ » 転職を考えています…保育士なんでも相談室 » コロナ禍で保育士の仕事はどう変わったの?
仕事内容とトラブルについて紹介

コロナ禍で保育士の仕事はどう変わったの?
仕事内容とトラブルについて紹介

公開日: |最終更新日時:

コロナ禍で保育士の仕事はどう変わったのか、仕事内容の変更点について解説していきます。保育士として働くのが不安になっている人は、下記を参考して転職するかどうかを検討してみてくださいね。

コロナ禍で増えた保育士の仕事とは?

コロナ禍で増えた仕事はたくさんあります。保育士の負担になっている仕事を、具体的に紹介していきます。

1.遊具・教室の消毒作業

保育士がコロナ禍で増えた仕事で負担だと感じているものとして、消毒作業があげられます。子どもたち・保護者・保育士が触る場所を、入念に消毒しなければならないので、作業量が増えたと感じる保育士は多いようです。特に、小さな子どもたちは何でも口に入れたがるので、遊具や教室は消毒作業が欠かせません。消毒作業を行うのに朝早くから出勤したり、夜遅くまで作業したりする保育園もあります。

2.行事内容の変更

保育士がコロナ禍で負担に思う仕事の一つとして、行事内容の大幅な変更があげられます。今までの行事内容では対応できないので、一から見直しをする保育園が多いのです。従来なら大勢の保護者・子どもたちが集まってできた行事も、人数制限や間隔をあけて行う必要があります。なかには、クラス毎に時間をずらして行事を開催した保育園も。さらには、保護者の参加を取りやめて、子どもたちだけで行事を開催し、動画配信をする保育園も出てきています。保育園の規模・人数によって、行事を見直さなければいけないので、業務量が増えているようです。

3.子どもたちの体調変化をチェック・管理

保育士のコロナ禍で増えた仕事としては、子どもの体調変化のチェック・管理があります。コロナ感染を広げないためにも、熱が出ている子どもがいないか、体調に変わりがないかをいつも以上に入念にチェックする保育園が増えています。

4.保護者への連絡

コロナ感染者が出たときの休園の連絡や、行事中止に伴う説明など、コロナ禍で保護者対応が増えたと感じる保育士は多いようです。子どもの晴れ舞台を見られない、と中には不満をぶつけてくる保護者も少なからずいます。納得してもらえない、と歯がゆい思いをしながらも、説明対応に追われています。

5.会議

行事変更の打ち合わせ、保護者対応に関する連絡など、コロナ禍で会議時間が増えている保育園はたくさんあります。消毒・事務作業が増えたのに加え、対応策を考えるための会議時間増えたと不満の声もあがっています。

コロナ禍で保育士に降りかかった災難とは?

コロナ禍で、保育園と保育士がトラブルになるケースが増えているようです。休園や保育士の人数を減らす措置を講じる際に、有給休暇の消化を促す園が出ています。また、保育士のパートに関しては、出勤日を減らされて休業補償がもらえないケースも発生しています。

コロナ禍で給与のトラブルが発生したら、
制度を活用して補償してもらおう

新型コロナウイルスの感染が疑われるケースで、
保育園側から休むように指示された場合

周囲が感染したり熱が出たりして、結果は陰性でも新型コロナウイルスの感染疑わしい場合、保育園側から休むよう指示があったときは休業手当が支給されます。保育園側の自主的な判断で保育士を休ませるときは、使用者の責に帰すべき事由となり、休業手当の対象となります。平均賃金の6割以上の手当が支給されるので、支給されない場合は「新型コロナウイルス感染症の影響による特別労働相談窓口」に相談してみましょう。休むように指示があったときも、給与が保障されるので安心です。

新型コロナウイルスに感染し、
保育園を休む場合

コロナウイルスに感染して保育園を休む場合は、使用者の責に帰すべき事由に該当しません。ただし、業務に起因して感染したと認められるケースでは、労災保険の給付の対象となります。万が一、労災保険の対象とならなくても、各健康保険組合から傷病手当金が受け取れます。傷病手当金は、仕事を休んだ日から3日待機した後、4日目以降も仕事に就けない日が出た場合に支給されます。傷病手当金は、1日につき「平均賃金を30日で除し、3分の2を乗じた金額」となります。

パート保育士で働いていて
直前にシフト変更があった場合

コロナ禍でいきなりシフト調整されるケースは少なくないようです。特に、固定給の正社員ではなく、時給制のパート保育士の場合は、直前になってシフトを削られることもあります。しかし、シフトが既に決まっていて、直前になってからシフトカットさせる時は、使用者の責に帰すべき事由に該当し休業手当の対象となります。保育園側が頑なに支払わないと言っていても、支給の対象となるため、上記で紹介した特別労働相談窓口に相談してくださいね。

コロナ禍でも対策がバッチリで
業務量が変わらない保育園もある!

ここまで、コロナ禍で保育士の業務量が増えたと話をしてきましたが、なかには全く変わらない保育園もあります。しっかりと対策が整っている保育園では、今まで通り休みが取れて、急なシフト調整も発生していません。今の職場で不当な扱いを受けているなら、業務量・給与が変わらない保育園への転職を検討してみてくださいね

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士転職には新規開園予定の園がおすすめ?特徴と注意点
保育士あるある!保育中から転職編まで集めました
保育士の服装はどうしたら良い?
仕事に支障が出ない服装とは
保育士による虐待事例って本当にあるの?保育士が気を付けたいこと
保育士の転職理由で多い「鬱」について、
原因や解決方法を解説
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク