病棟保育士や医療保育士とは?仕事内容や必要なスキルを解説

公開日: |最終更新日時:

保育士は、一般的な保育園だけでなく病院での勤務も可能です。病院に入院する子ども達のケアを行う保育士を「病棟保育士」や「医療保育士」と呼びます。今回は、病院で働く保育士の仕事内容や必要なスキルについて解説します。

病棟保育士(医療保育士)とは?

医療保育士とも呼ばれる病棟保育士は、病院に通院・入院する子ども達のケアを行う役割を担っています。なんらかの事情で病院に通院・入院している子ども達は、病棟内で食事や排泄、着換え、睡眠などの基本的な生活を送っています。

もちろん、医師や看護師も関わりを持ちますが、長い時間子どもの日常生活の介助や心細い気持ちに寄り添うことはできません。そこで、子ども達の心のケアに入るのが病棟保育士なのです。

病棟保育士(医療保育士)の資格

病棟保育士は、基本的に保育士資格があれば従事できます。あくまでも保育士のため、医療行為は行いません。しかし「もっと専門的な知識を持って子どもと関わりたい」と考える保育士は「医療保育専門士」という資格を取得するのもおすすめです。

医療保育専門士は、専門的な保育を通して、入院中の子どもや家族の生活の質を向上させることを目的として制定された資格です。保育士資格だけでなく、医療保育専門士の資格を取得していれば、病棟保育士としての採用に有利になるといえるでしょう。

病棟保育・病児保育・院内保育の違い

一見同じように見えますが、病棟保育・病児保育・院内保育はそれぞれ以下のように内容が異なります。

病棟保育

病棟保育とは、今回紹介している病棟保育士が勤務する仕事のことです。病院の小児科病棟にかかる子ども達のお世話をおこないます。そのため通常の保育園のように園庭で遊んだり、お遊戯を企画することはありません。

病児保育

病児保育とは、通常の保育園などで行われている保育のひとつです。通常、保育園では発熱があれば保護者のお迎えを要請します、しかし、病児保育では、看護師の付き添いのもと発熱時にも保育を行います。

院内保育

院内保育とは、その名の通り病院内で行われる保育のことです。病棟保育と似ているようにも感じますが、院内保育はあくまでも医師や看護師など病院関係者専門の保育園です。そのため、通常の保育園と同じように設定保育を行います。

病棟保育士(医療保育士)の仕事内容

病棟保育士が担当するのは、0~18歳までの小児病棟を出入りする子ども達です。年齢層が幅広いだけでなく、限られたスペースで活動するため通常の保育園で行う保育とはまったく異なります。病棟保育士が受け持つ仕事は以下のとおりです。

医師や看護師との連携

病棟保育士は、主になんらかの病気を抱えた子どもを対象に保育を行います。そのため、医師や看護師との連携が欠かせません。ベッドから起き上がれない子や、感染症の観点から面会謝絶の子どもなど、その対応はさまざまです。

病児保育士の勝手な行動により、子どもを命の危険にさらすことがあってはなりません。こまめに連携を図りながら、チームで対応する能力が求められます。

子どもに合わせた遊びの提供

小児病棟には、0~18歳の子どもが入院しており、病棟保育士はその子ども達それぞれに合った遊びを提供します。一緒にお絵描きや折り紙を楽しむこともあれば、小中学生の学習支援を行うことも少なくありません。どのような年代の子どもにも対応する力が必要といえるでしょう。

食事や着脱の介助

家庭によっては、保護者が24時間付き添えないこともあります。しかし、乳児や幼児であれば食事や着脱に介助が必要となります。病棟保育士は、子どもの発達段階に合わせて適切な援助を行う役割も担っているのです。

病棟保育士(医療保育士)に求められるスキル

病棟での保育は、通常の保育園のように十分な遊びのスペースを確保できません。また、子ども達みんなが同じ遊びを行うことが難しい環境にいます。

そのため、病児保育士には「保育の引き出し」が求められます。座ったままできる遊びや体を動かさずにできる遊び、手を使わなくてもできる遊びなど、レパートリーを沢山持っている保育士が適任といえるでしょう。

また、ときには子どもの体調不良や急変に立ち会うこともあるでしょう。どんなときも冷静でいられる精神力も必要不可欠です。

まとめ

今回は、病児保育士(医療保育士)について解説しました。病院の子ども達の不安に寄り添い、適切な遊びを提供する病児保育士は、大変やりがいのある仕事です。日々の外遊びや運動会、生活発表会などの行事がないため、働きやすいと感じる人も少なくないのではないでしょうか?

興味のある人は、保育士専門の転職エージェントで病児保育士の求人を探してみてくださいね。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

保育士さんの疑問・質問にお答えします!保育士何でも相談室
気をつけて!ブラック保育園の特徴と見分け方
保育士にできるおしゃれとは?
保育士と児童指導員の違いは?仕事内容を解説
保育士が知っておきたい発達障害の子供の接し方
より良い条件の転職先を選択するポイント
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク