辞めたいけれど辞められない?就業規則と保育士の退職

公開日: |最終更新日時:

転職を希望する保育士が抱える悩みの中でも、最も困難ではないかと思われるのが「保育園を退職する」ことです。退職をしたい旨を申し出たとしても、なかなか雇用主である保育園側に合意してもらえず、苦しい状況から抜け出せずにいる方も少なくないそうです。しかし、仕事を退職することは、法律が労働者に認めた権利です。それでは、「辞められない」を「辞められる」に変えるために知っておきたい事を、ご紹介していきましょう。

転職成功に向けて~保育園を退職するための方法

保育士が現在勤めている保育園を退職しようとすると、多くの場合で園側から強い引きとめに合って、なかなか辞めさせてもらえないそうです。それには、保育業界全体に広がっている慢性的な人手不足が、保育士を辞めさせたくない大きな理由になっています。保育士の欠員が出てしまうと、再び保育士を確保するのはかなり大変になりますので、園側としては辞めてほしくないという強い想いがあるようです。

保育園が引きとめのためによく使う理由

退職を申し出た保育士に対して、園側からよく言われている引きとめ理由をピックアップしてみました。

  • 子供や他の保育士の迷惑になる

園で一緒に働いている同僚や、担当している子供たちのことを引き合いに出して、退職希望者の責任感や情に訴える引きとめ理由です。

  • あなたが必要だから残ってほしい

保育士として必要な人材だから残ってほしい、という退職希望者の保育士としての資質を買っての引きとめ理由です。

  • 待遇を良くするから残ってほしい

お給料や勤務シフトなど、待遇面を改善するから残ってほしいという引きとめ理由です。

どれも退職の決意を少しでも揺るがそうというものですが、どれも「だから辞められない」という強い理由ではありません。先生がいなくなって子供が悲しむことになっても、それは一時的なものですし、保育士の資質を買ってもらえても、職場自体が働き続けたいと思える場所でなければ、あまり意味がありません。待遇に関しては他の保育士たちのこともありますので、退職を理由に改善というのは現実的に実行できない提案です。

退職は労働者の権利として保育士にも認められている

退職を申し出た際に園側から合意が得られなかったら退職できない、そのまま働き続けるしかない、と思って諦めてしまってはいませんか?でも「退職」は、全ての労働者に法律で認められている権利なのです。

・雇用期間に定めがない正職員の場合

雇用期間が定められていない正職員の場合は、いつでも自由に退職できることが定められています。また、退職を拒否されたとしても、2週間以上前に退職を申し入れたうえで辞めれば、法律上にはまったく問題ありません。

・雇用期間が定められている場合

雇用形態が契約社員・派遣社員・アルバイト、パートの場合は、雇用期間に定めが設けられていることがほとんどです。その場合は契約期間満了時や更新時に退職するのが一般的ですが、「健康上の理由」「各種ハラスメント」「賃金の未払い」といったやむを得ない事由がある時は、直ちに契約を解除することが可能となっています。

・アルバイトやパートで1年以上勤務している場合

アルバイトやパートとして1年以上勤務している場合は、雇用期間の定めがあっても自由に退職することが可能となっています。極端な例ではありますが、辞めたいと申し出た翌日に退職しても、法律上の問題はないそうです。

退職の申し入れは就業規則に沿って行おう

保育園側への退職の申し入れを行う期間は、その施設で作成されている就業規則に記載されていることがほとんどです。法律上では最低でも2週間前までに退職を申し入れていれば問題ありませんが、欠員の補充を行わなければならない園側にとって、それでは準備期間が短すぎますよね。そのため園側では、職場の就業規則に退職の申告は「退職希望日の3か月前まで」、と定めているところが多いそうです。退職する時は、こうした園の就業規則に従って申し入れるのが、一般的な流れとなっています。退職を考えたら、一度こうした就業規則をチェックしておくと良いでしょう。

退職交渉で園に行くのが辛くてしょうがない人におススメの「退職代行」

退職、または転職を希望される方の中には、パワハラなどの人間関係で精神的に追い詰められてしまっている人も多く、できればすぐにでも辞めて二度と関わりあいたくない、という人もいらっしゃいます。そんな場合に利用したいのが「退職代行」です。こちらを利用すると園側との直接的なやり取りが最小限にでき、かつ確実に辞めることができるそうです。費用は3万円前後かかりますが、事前に引き継ぎのための資料を用意しておけば、翌日から登園しないことも選べます。ただし、職場と実家が近い方、「気まずい」「申し訳ない」ことが要因で辞めにくさを感じている人は、かえってこじれてしまう可能性があるので、利用はしないほうが良いともいわれています。

関連ページ

保育士の転職エージェントパーフェクトガイド ほいパフェ

転職を考えています…保育士なんでも相談室
保育士転職には新規開園予定の園がおすすめ?特徴と注意点
保育士のスキルが活かせる業種
保育士の同僚 呼び方はどうすればいい?
【福岡】保育士の転職フェア情報をエージェント別にご紹介!
保育士やらかしエピソードと解決策まとめ
 
みんなから選ばれてる♪
保育士転職の
2サイトをチェック

当サイトでは、同業の保育士さんがおすすめしている転職サイトなら期待できるのでは…?と考え、たくさんある転職サイト(エージェント)の中から、2019年以降に第三者機関が保育士に調査した結果「保育士さん自身がおすすめしているサイト」と評価された2サイト「しんぷる保育」と「保育士バンク」を詳しく紹介します。

(※)2020年10月時点で各公式サイトトップページの記載を元に、当サイトが独自調査したもの。
しんぷる保育…ゼネラルリサーチ、2019年12月18日~23日、保育士転職サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査。参照元URL:https://simple-hoiku.com/
「保育士バンク」日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月期サイトのイメージ調査。参照元URL:https://www.hoikushibank.com/

わたしにピッタリの
職場を見つけてほしい!

保育士に聞いた、
関東の保育士転職に強い No,1

しんぷる保育

とにかくたくさんの職場を
紹介してほしい。

保育士に聞いた、
認知度No,1

保育士バンク